カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

2017 カミカゼ ニュースまとめ


ズワイガニ通販 毛ガニ通販

日本はもはや“人口時限爆弾”、危機的な8つの兆候―米メディア

日本はもはや“人口時限爆弾”、危機的な8つの兆候―米メディア

2017年10月15日、騰訊網は、日本が「人口の時限爆弾」と化していることを示す八つの兆候を挙げた米メディアの報道を伝えた。

記事は、米メディア・ビジネス・インサイダーの報道を引用。「日本は今、経済学者が指摘する人口の時限爆弾に対処している」としたうえで、日本が「時限爆弾」化している兆候を8点紹介した。

一つ目は、100歳の人口が約6万8000人に上り、対全人口比が世界のどの国よりも高くなっていること。二つ目は、大人用紙おむつの販売数が、乳幼児用紙おむつの販売数を超えていることだ。

三つ目は、2016年の日本での出生数が過去117年で最低レベルに達したこと。1899年に現行の方法で統計を取り始めて以来初めて100万人を切るとともに、死亡者数も約130万人と低い水準になっているとした。四つ目は、若い世代が自宅の高齢者を病院や介護施設に送り込んで事実上面倒を見るのを放棄していること。

五つ目は、刑務所が高齢者介護施設と化していること。日本では約5分の1の犯罪が高齢者によるもので、その多くは万引きである。高齢者の犯罪率が上昇するのに伴い、刑務所が事実上の高齢者施設になっている。看守たちの仕事が、高齢の受刑者の入浴などを補助することになっている、と記事は紹介した。

六つ目は、低い出生率で、これが続けば3776年8月12日には日本の人口がゼロになる計算だという。七つ目は「もし40歳までに互いに結婚していなければ、私たち結婚しよう」という友達同士の会話が、日本では往々にして現実になること。八つ目は「長時間労働による過労死が増えていること」を挙げている。いずれも人口問題に悩む日本の現状を表現したものだ。

細野真宏氏に聞く 40代貯金1000万円は“平均以下”は本当か

細野真宏氏に聞く 40代貯金1000万円は“平均以下”は本当か

『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート2018』(小学館刊、定価500円+税)の愛読者ハガキを日々読み、読者の意見に真摯に向き合っている著者の細野真宏さん。ある日、切羽詰まったお悩みに彼の手が止まった。シンプル記入が信条の家計簿。なのに何に追い詰められているのか。千葉県在住、夫とふたり暮らしで共働きの年収は950万円だという読者のKさん(39才)と直接会ってみることにした。…というわけで対談スタート!

――共働きで財布がバラバラな場合は、どう管理すれば不安にならないの?

Kさん「我が家は共働きで、私の給料、夫の給料と分かれていますし、夫婦共有のお金もあって、3つの管理が必要な状態です。家計ノートでは、夫婦共有のお金をメインに使っているのですが、正直、他の読者の方たちのようにあまり効果を実感できていないんです。いつまでも全体像が見えなくて不安なのですがどうしたらいいのでしょうか?」

細野「なるほど、ハガキを読んだ時に目がとまったのは、どうして効果がないんだろう、と思ったのですが、そういう状態だったのですね。実際に家計ノートを見てみると、細かくデータが書き込まれたりキチンとつけられているんですよね。Kさんは家計簿を3つ使わないといけない、というイメージでしょうか?」

Kさん「はい、どこかの雑誌で読んだことがあったので、共働きは3つの管理がそれぞれ必要だと思っています」

細野「やっぱりそうですか。そんなことしていたら情報が多すぎて何の効果もないですよ(笑い)。共働きの場合は、理想的には夫の給料も合わせて、一家、一つでまとめるのがいいですね。Kさんの場合だと夫の預金通帳明細を家計ノートに貼りつけていますね。それならあとは夫にレシートさえもらってきてもらえば簡単に管理できますよね」

Kさん「実は、夫は毎日レシートを置いていってくれているんです。そうか、一家をまとめる上で必要な情報はすでにそろっていたわけですね」

細野「いい旦那さんじゃないですか。要は、レシートがあれば出費は共働きだろうと家族でまとめて簡単に管理できるんです。個別の情報だけで全体の情報が見えないと不安にもなりますよね。だけど、これからはシンプルに1冊にまとめてしまえば全体像が簡単に見えてくるから安心してくださいね」

Kさん「そういうカラクリだったのですね。これまでは頑張りすぎていたから、むしろ複雑になりすぎていて、何のために家計簿をつけているんだろう、と思っていましたが、やっと納得ができました」

――40代の貯金額は1000万円超えって本当ですか?

Kさん「私たち夫婦は40代くらいなのですが、家計ノートには毎週“節約力コラム”がありますよね。40代の人って平均で貯金が1000万円以上って凄くないですか」

細野「はい、2018年の最新版では全国の40代の貯金の平均額は1065万円ですね」

Kさん「私も節約しているほうだと思っているのですが、それでも全然、平均より少なそうなんです。それで、この先どうなっちゃうんだろう、と不安になったりも」

細野「なるほど、Kさんは本当にまだ家計ノートを使いこなせていませんね? 問題では『40代の世帯における「貯金の平均額」は?』となっていて、答えが1065万円と載っていますよね。ただ、その隣に、それこそ10秒で読めちゃう解説がありますよね。確かに貯金だけ見ると平均で1000万円あるんですが、同時に住宅ローンとかを組んでいる人が多くて、負債の平均も1047万円もあるんです。つまり、40代の世帯というのは、プラス・マイナス、ゼロで、貯金がゼロでもかまわないんですよ。それが数字のトリックなんです」

Kさん「あ、本当にそう書いてありますね。これまで3つの管理で大変過ぎて、コラムを読む余裕すらなかったんですね…」

細野「でも、やっと今日でその“3つの家計簿神話”から解放されて余裕ができるからよかったですね。これからKさんが40代にあたって目標にすべきは、できるだけ40代のうちに借金をゼロに、なんです。だから、よく世の中では何才台は貯金がこれだけ必要とか、老後にはこれだけの金額が必要とか煽あおられるけど、家計ノートのコラムに世代ごとに必要な最新の情報がまとまっているので、それを参考にしながら無理せず1日3分を使ってレシートを1行で書き込んでいけばいいんです。コラムを読むのも本当に10秒で終わっちゃうので(笑い)」

Kさん「これまでの私の努力って何だったのかしら、という気分です(笑い)。こういう話って誰にも聞けないし、学校で教えてもらいたかった」

出腹も加齢臭もカバーできる!? “カッコいいおじさん”と“ただのおじさん”の境界線とは

出腹も加齢臭もカバーできる!? “カッコいいおじさん”と“ただのおじさん”の境界線とは

かっこよく、美しく年を重ねたいと思うのは、男女共通だが、 “カッコいいおじさん”と“ただのおじさん”の違いはどこなのだろう? トーキョー女子映画部(TSトーキョー・東京)がこの違いを探るアンケートを実施し、10代(15歳以上)を含む355人から回答を得た。

 それによると、「あなたの感覚で、何歳からが“おじさん”ですか?」という質問に対し、トップは「40歳以上」で3割弱(29.9%)。以下、「50歳以上」20.8%、「45歳以上」17.7%、「年齢は関係ない」15.5%と続いた。「40代からが“おじさん”」だとする回答の合計が47.6%と約半数を占めたが、回答者自身の年齢によって「お兄さん」と「おじさん」のボーダーラインは変わっていくという意見や、年齢を重ねた分の経験値や包容力、大人の色気を身に付けている男性は“おじさん”ではないという主旨の意見も複数寄せられた。

 「カッコいいおじさんとただのおじさんの違いは、一番どこに現れると思いますか?」という質問に対しては、1位が「身だしなみや清潔感」で 43.9%。2位が「会話内容、話し方」で 22.3%。3位に「体型」11.8%が入ってくるが、この結果を見ると身だしなみや清潔感の方が圧倒的に重視されている様子がうかがえる。「加齢臭」を気にする人も少なくないだろうが、「ニオイ」は1.1%だった。理由には、「清潔感のあるおじさんは『ダンディでカッコ良いな』」と思うけど、清潔感のないおじさんは『おっさんだ〜と思う』」(20代前半)、「体型や加齢臭は仕方ないと思うが、身だしなみは自分でどうにかできる。それを諦めるとおじさん。おばさんも同じ」(40代前半)などの声が寄せられた。

 “他者の目線を意識すること”と“自分を磨く努力”。それらを忘れた時が、おじさんへの入口といえるのかも!? アンケートは、ヒュー・ジャックマンが17年にわたり演じ続けた“X-MEN”シリーズの人気キャラクター、ウルヴァリンの最終章となる映画『LOGAN/ローガン』のブルーレイ&DVDリリースを記念したものだが、 ヒュー・ジャックマンのように年齢を重ねても輝き続けることは、努力次第で誰にでも目指せそうだ。

「もっと経済制裁が強化されたら嬉しい」北朝鮮庶民から意外な声

「もっと経済制裁が強化されたら嬉しい」北朝鮮庶民から意外な声

北朝鮮に対する国際社会の制裁圧力は、じわじわとその効果を表している。北朝鮮国内からはガソリンや食料価格の上昇が伝えられており、庶民の生活が心配される段階に入りつつある。

現在の北朝鮮は食糧事情は、かつてに比べ大幅に改善されている。ただ、国民経済のなし崩し的な資本主義化が進行し、貧富の格差が広がっている今、貧困層は食べ物などの価格がわずかに上昇しただけでも大きな影響を受ける。

地方では餓死者発生の噂も出ており、1990年代の大飢饉「苦難の行軍」の再発を懸念する声も出始めた。

しかしその一方、北朝鮮国内の一部から、これとはまったく異なる反応が出ているもようだ。

中国は今年8月、安保理制裁決議2371号に基づき、北朝鮮産の石炭などの輸入を完全に禁止するとの通告を出した。これが北朝鮮庶民を大喜びさせている。その理由を米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

平安北道(ピョンアンブクト)新義州(シニジュ)の情報筋によると、制裁で契約が解除され中国に輸出できなくなった石炭が炭鉱地帯に山積みになっている。無煙炭は、政府、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)、国家保衛省(秘密警察)系の外貨稼ぎ機関などが独占していたが、輸出ができなくなったため、採掘権を一般の貿易会社にも与えるようになった。

石炭の価格は今年の初めごろまで1トンあたり90ドル(約1万円)だったが、今では17ドル(約1900円)にまで暴落。それでも中国の業者からは声がかからないため、外貨稼ぎ機関はほとんど中国から撤収したという。

こんな状況に「制裁さまさま」だと大喜びしているのが、北朝鮮の一般庶民だ。例年なら越冬準備に入る今頃は石炭価格が上がるが、今年は行き場を失った石炭が国内で大量に流通しているため、価格が暴落している。

ヌクヌクと冬を越せそうだと喜ぶ庶民は「制裁がもっと強化されたらいいのに」と喜んでいるという。北朝鮮当局がいかに人民の暮らしを犠牲にして飢餓輸出を行っていたかのあらわれだろう。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の庶民も、石炭価格の暴落で温かく冬を越せそうだと喜んでいると現地の情報筋が伝えた。こちらでは1トン250元(約2450円)から150元(約2550円)に暴落した。また、それに合わせて薪の価格も下落した。

昨年12月に中国当局が北朝鮮からの海産物の輸入を一時的に停止させた時には、北朝鮮の国内市場に大量のサケ、マス、カレイなど普段なら手が届かない高級魚が安値で入荷し、庶民の胃袋を大いに満足させた。同様の現象は、中国当局が北朝鮮産海産物の輸入を完全禁止した今年8月にも起きたと情報筋は伝えた。

このような状況に対して、庶民は「朝鮮労働党より、国際社会の制裁が人民の暮らしを助けてくれている」と喜ぶという皮肉な状況に陥っている。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「芸能史上類を見ない赤っ恥」戸田恵梨香と成田凌、熱愛報道のウラで潰されたスクープ
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • まるでシュワちゃん!完璧な肉体を維持する62歳男性 中国
  • サイバーエージェントの手により「R25」がWebメディア「新R25」として復活
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。