カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

ローソンは3強から脱落するのか 玉塚氏退任と「分岐点」の関係

ローソンは3強から脱落するのか 玉塚氏退任と「分岐点」の関係

ローソンの玉塚元一会長(54)が2017年5月末の株主総会で退任する。サントリーホールディングスに転じた新浪剛史氏(58)の後継として経営を任されたが、親会社である三菱商事の支配が強まり、自ら退任を申し出たという。居場所がなくなっていたというわけだ。玉塚氏が去った後のローソンの戦略に注目が集まる。

「2頭体制は良くない」。玉塚会長は4月12日の記者会見で、退任理由を語った。もう1頭は三菱商事出身の竹増貞信社長(47)。2週間ほど前には「玉塚会長、竹増社長」という株主総会以降の人事案を発表していただけに、突然の退任といえ、週刊誌では様々な憶測記事も出ている。

「非資源部門」の拡大が三菱商事の至上命題

だが最近の業界動向を考えると、退任にそれほど驚きはないというのが業界関係者の多くの声だ。最も大きな変化は、2016年9月の「ユニー・ファミリーマートホールディングス」の発足。業界3位のファミリーマートがユニー傘下で4位のサークルKサンクスを取り込み、1万8000店舗で業界2位に躍り出た。1万9000店舗を持つ首位のセブン-イレブンに迫っている。それまで1万2000店舗で2位だったローソンは、従来通り3強の地位にとどまるのか、それとも脱落してセブン、ファミマの2強時代が到来するのか、分岐点に立たされているというのが大きな業界の構図だ。

ローソンにとっても、筆頭株主の三菱商事にとっても、脱落は許されない。三菱商事の垣内威彦社長(61)は生活産業グループ出身で、長年、ローソンの社外取締役を務めていた。市況によって収益が左右されにくい「非資源部門」の拡大が三菱商事の至上命題であり、ローソンの成長はその中核。ローソン株の公開買い付けを実施し、2017年2月、保有割合を3割強から5割強へと高めたのも、決意の表れといえる。

玉塚氏は「プロ経営者」の代表格。慶大法学部を卒業後、旭硝子、日本IBMを経てファーストリテイリングに入社。柳井正社長(68)に見込まれ、40歳の若さで同社社長を任された経歴を持つ。経営目標を達成できず、3年足らずで事実上者解任されるなど、良くも悪くも「目立つ」存在だ。三菱商事グループの組織力には到底なじまない。玉塚氏自身が「(ローソンが)三菱商事の子会社になったことが、ひとつのきっかけ」と明言したように、自ら退任を申し出たのもうなずける。

1店舗あたり平均日版、セブンとの開きは...

現場を精力的に歩き回る玉塚氏は、加盟店からの信頼も厚かったとされる。だが、業界首位のセブンとの差は、なかなか埋まらなかったのも事実だ。ローソンの1店舗あたりの平均日販は54万円と、セブンとは10万円以上の開きがある。商品力、店舗戦略、出店戦略など、どれをとっても、たたき上げの小売りのプロ集団であるセブンが一枚上手だ。

巻き返しには、三菱商事グループとしての組織力を最大限生かすことが不可欠。例えば、ローソンは山崎製パン、キユーピーなど、専用工場を持つ各社に自ら設備投資を実施し、製造部門に積極的に関与して商品開発に生かす戦略を鮮明にしている。そこでは、三菱商事の資金や人材面での関与がカギを握る。

2021年度に平均日販60万円、店舗数1万8000店舗――掲げた目標をいかに実現するのか。エリート集団、三菱商事の真価が問われることになる。

対北朝鮮「武力行使なら全面戦争」=米専門家にインタビュー

対北朝鮮「武力行使なら全面戦争」=米専門家にインタビュー

核開発やミサイル発射など挑発を続ける北朝鮮に対し、トランプ米政権は外交と経済で圧力をかけつつ、軍事的選択肢も排除しない姿勢を示している。米有力シンクタンク、ランド研究所のブルース・ベネット上級国防アナリストは時事通信とのインタビューで、米国が武力行使に踏み切った場合、全面戦争は避けられないと予想した。一問一答は次の通り。

 −米国が武力行使を決断したとして、考えられるシナリオは。

 軍事的見地から、ピンポイント攻撃はない。北朝鮮の核とミサイル両方の計画を阻止するには、数十カ所を攻撃しなければならない。うち1カ所に米国が攻撃を加えただけで、北朝鮮はソウルに向けて反撃するのではないか。米国が踏み込んでいって(核・ミサイル)計画をつぶそうとすれば、朝鮮半島で大規模な戦争が起きる。それ以外の結末は考えづらい。

 −イラクのフセイン元大統領のように、米国が金正恩朝鮮労働党委員長を追い落とすことは、軍事的に可能か。

 金正恩氏は核実験などの際、狙われるのを恐れてか、数日間から数週間にわたり姿をくらませる。見つけ出すのがまず難題だ。さらに、彼ら(北朝鮮指導部)は砂漠ではなく地下施設に逃げ込む。北朝鮮にはおよそ1万カ所の地下施設があり、一部は武器庫だが、指揮統制用の施設もかなりある。それらを全て破壊するのは、不可能ではないが難しいだろう。

 −全面戦争に突入した場合、終結にはどれぐらいの期間が必要か。

 米国が大規模な地上部隊を派遣するのに1カ月程度。(終結までの)プロセスは数カ月かかるだろう。イラクと同様、戦後も激しい抵抗が考えられ、対応が極めて難しくなる可能性がある。フセイン政権の兵力は約40万人。北朝鮮はその3倍で、秘密警察や予備役を含めれば約10倍に上る。イラクは実際に大量破壊兵器を持つには至らなかったが、北朝鮮は持っている。

 −トランプ大統領が北朝鮮攻撃を決断すると考えるか。

 実際のところ分からないが、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は有能な人物だ。シリアは米軍が飛行場にミサイルを撃ち込んでも反撃の手段を持っていなかったが、北朝鮮は違う。彼らには、ソウルを攻撃できる迫撃砲が3000門はあるとみられ、その10分の1を使って砲撃を1時間加えるだけで、何千人もの犠牲者を出しかねない。そうした事態をもたらすことを、米国の大統領が望むとは思わない。 

ソフトバンク元社長室長直伝!超人的成果を出したいなら、必ずやるべきこととは?

ソフトバンク元社長室長直伝!超人的成果を出したいなら、必ずやるべきこととは?

わずか三十数年で8兆円企業へと成長したソフトバンク。多くの企業が日本経済の停滞に苦しむなか、圧倒的な拡大を続けることができたのは、なぜか?

そこには目標設定の段階から、他の企業とは圧倒的に違う取り組みがあった。ソフトバンクでは今も、6万人超の社員のこの資質が求められている。

その内実を、9年にわたり孫社長の右腕として活躍した元ソフトバンク社長室長・三木雄信氏の発売1ヵ月半で5万部を突破したベストセラー『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA』から一部抜粋して紹介する。

● 孫社長が「最初に決める」こととは?

 さて、高速PDCAを実行する「決断」はついたでしょうか。
 次は、「大きな目標」の設定方法についてです。

 目標設定が苦手な人は多いと思います。

 「どれくらいの数値なら、成功といえるのか」
「業界で生き抜くには、最低でもどのラインをクリアすべきか」

 そんな議論がプロジェクト内で交わされるのが常です。

 でも実は、こうした細かいことを考えるのは、あまり意味がありません。

 目標設定で考えるべきことは一つ。

 「ナンバーワンになるためには、どうすればいいか」

 ただそれだけです。ちなみに、会社から与えられた目標があるなら、まずはその達成をめざしてください。

● ナンバーワンから「どう逆算」すればいいのか?

 孫社長もソフトバンクを創業して以来、常に「ナンバーワンになること」をゴール設定にしてきました。

 ナンバーワンとはたとえば、会社であれば、その業界で売上が一番多い会社であったり、成長が速い会社であったり、とにかく一番の業績を上げている会社です。

 営業マンであれば、営業部で一番成果を上げている対象がナンバーワンです。

 ナンバーワンの営業マンが月に30件の契約をとるなら、それより多い50件の契約をとることを目標にする。

 「50件!」と驚いたかもしれません。ですが、圧倒的なナンバーワンをめざすことでしか得られないものがあるのです。ちなみに、100件でも構いませんが、あまり目標が高すぎると難しくなるだけですから、少し高いけど、今のナンバーワンよりも確実に高い数値に設定するのがベストです。

● 目標設定の大切な2つのコツ

 また、目標は必ず数字で設定してください。「Aさんより多くの契約件数をめざす」「N社よりも高い売上をめざす」といった目標では、目標値が動いてしまったり、目標への認識が弱くなったりしてよくありません。

 もう一つ、「いつまでに」という期限も必ず設けてください。すべての方法を試すわけですから、それをずっと続けていくのは体力的に不可能です。ですから、1ヵ月なのか、3ヵ月なのか、1年なのか、持っているリソースからどのくらいの期間なら試せるかということから割り出してください。

 その期間で「いちばんいい方法」を見つけたら、あとはそれを磨き上げるだけです。

山パンが「ランチパック」を増産する理由

山パンが「ランチパック」を増産する理由

人口減の中、26年ぶりの新工場に踏み切る

パンの国内シェア4割を握る最大手が、26年ぶりに新しい工場を稼働させる。

11月16日、山崎製パンは神戸市にパンの製造工場を新設すると発表した。食パン「ロイヤルブレッド」や菓子パン「ランチパック」、揚げパンなどを製造する。2018年3月に稼働する予定で、パンの製造工場としては1992年の松戸第二工場(千葉県)以来の新設となる。

人口減少が進む国内市場で、同社はなぜ新工場に踏み切ったのか。

千葉県市川市発祥の山崎製パンは、関東や東北など東日本を中心に発展してきた。神戸新工場が位置する西日本は、「東日本に比べてシェアが低く、伸びしろが大きい」(同社)。近年は西日本でも売り上げが拡大しており、一部の製品は名古屋や九州の工場から輸送するなどして補っていた。神戸市に新たな製造拠点を築くことで、供給の安定化と物流コストなどの削減を図る。

「時短」や「簡便志向」で需要拡大

食品市場が縮む中にあって、実はパンの消費額は増加傾向にある。総務省の家計調査によると2015年、パンの1世帯あたり1カ月の平均消費額は2499円と、2010年に比べ7・9%増えている(2人以上の世帯)。コメの消費額が2015年で1822円、同年比20%も落ち込んでいるのとは対照的だ。

パン需要の拡大は、食の洋風化だけではなく、「時短」や「簡便志向」も大きな要因と見られている。これまで炊事を担うことの多かった女性の社会進出や核家族化の進展で、コメをたいて食べる世帯が減少し、代わりに手軽に食べられるパンの人気が高まったというわけだ。

こうした変化は消費者の「買い方」にも現れている。山崎製パンによると、販路別では何と言ってもコンビニが牽引役。コンビニ各社の出店合戦に加え、ローソン向けのPB(プライベートブランド)の取引が増えた。さらに最近伸びているのがドラッグストア向けだ。ドラッグストアでは、パンをはじめとした加工食品が集客の目玉となる。

菓子パンは5年間で10%超増

山崎製パンの製品の中では、たまごやツナマヨネーズなどランチパックの総菜シリーズ、カレーパンなどの売り上げが特に好調で、これらの製品を含む「菓子パン」セグメントの売上高は2010年からの5年間で10%以上増えた。ロイヤルブレッドなど「食パン」セグメントも堅調だ。

もちろん、新工場決定の背景には社内的な要因もある。国内のトップメーカーとして順調に業績を伸ばしてきた山崎製パンは、2015年12月期にはじめて売上高が1兆円を突破。好採算の主力品を安売りせずに展開する戦略が奏功し、本業のもうけを示す営業利益も2ケタ増益が続く。

これまではパンの需要増に対して、既存工場の製造ラインを増設したり、他社工場を買い取り改修して対応。それぞれの投資規模は数十億円程度に過ぎなかった。今回、約200億円をかけた大型投資に踏み切るのは、財務体質が強固になったことに加え、次の成長戦略に向けた種まきという側面もある。

すでに「神戸新工場では増床や製造ラインの増設を視野に入れている」(同社)。ランチパックなどの増産により、山崎製パンは新たなステージに踏み出す。

「リッツ」と「ルヴァン」の攻防戦、本当の軍配

「リッツ」と「ルヴァン」の攻防戦、本当の軍配

「リッツ」と「ルヴァン」。昨年、大きく話題になった2つのお菓子だ。

リッツといえば、46年間にわたって山崎製パンの子会社、ヤマザキビスケット(元ヤマザキ・ナビスコ)がライセンス製造・販売を行ってきたビスケットのブランドである。だが、本家モンデリーズ社の日本法人が自社製造・販売に切り替える方針を打ち出したため、ヤマザキは2016年8月末でリッツの生産を終了。同9月から社名をヤマザキビスケットに変更し、後継商品となるルヴァンの製造・販売を開始した。

ヤマザキは国内生産だったため、旧リッツの流れをくむルヴァンの味は日本人好みともいわれた。しかし、モンデリーズ社も負けてはいない。リッツとルヴァンの味について、多くの人たちが食べ比べ、さらに、優劣について論じた。

その後、2商品の攻防戦はいったいどうなったのか。実際のPOSデータを見てみた。5000万人規模の消費者購買情報を基にした全国標準データベース「TRUE DATA(R)」を使って算出した。主要な全国のスーパーマーケットの販売情報である。現在、2016年12月までデータが集まっている。

スーパーではルヴァンがリッツを圧倒

全国のスーパーにおける1店舗当たりの売り上げ点数を見ると、2016年12月はルヴァンが約110点、リッツが約60点。ルヴァンがリッツに2倍近い差をつけて圧倒している。事前の予測はさまざまだったものの、ルヴァンが強いことがわかる。これはもともとの流通の強さに加えて、消費者嗜好への訴求力の強さもあったのだろう。

内容量をはじめとして商品が同一ではないため厳密な比較ではないものの、商品単価も比べてみた。2016年12月の平均はルヴァンが約181円、リッツが約187円。ルヴァンのほうが、やや安価に設定している。

これがスーパーのみの傾向かどうか確認してみた。もう1つ用いたのは、ドラッグストアのPOSデータだ。同じく「TRUE DATA」から抽出した。

2016年12月の数字を見ると1店舗当たりの売り上げ点数はルヴァンが約13点、リッツも約13点とほぼ拮抗している。2016年12月の平均売価をみるとルヴァンは176円、リッツは165円となっている。

対決の行方はどこへ 「リッツ」と「ルヴァン」の攻防戦、本当の軍配

注意せねばならないのは、あくまで上記のデータは、全体の売れ行きであり、在庫調整などの問題もあることだ。これはあくまで対決の「途中報告」だ。まだ雌雄が決したと論じるには早いかもしれない。ただ主要販路であるスーパーにおける量と規模、という意味からいえば、ヤマザキ「ルヴァン」が勝っているとはいえるだろう。

公正を期すために言っておけば、私はこの2商品について、発売前に某情報番組で食した感想は「両方ともおいしい」だった。

ところで、最後に面白いデータを見ておこう。

ヤマザキが販売していた旧「リッツ」とルヴァンのスーパーにおける1店舗当たりの売り上げ点数を見ると、旧「リッツ」は2016年1〜8月まで70〜110点が売れており、9月以降はルヴァンが同水準で売れている。ヤマザキは旧リッツの穴をルヴァンで見事に埋めている。

なるほどこれはやはり味の訴求か、それとも、流通が強いのか――。1年後にはさらに明確にわかるだろう。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由