カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

北朝鮮の核・ミサイルの資金は一体どこから?韓国ネット

北朝鮮の核・ミサイルの資金は一体どこから?韓国ネット

kita201709180002
2017年9月17日、国際社会の強力な制裁にもかかわらず、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権はこれを無視するかのごとく核・ミサイルの挑発を繰り返しており、その資金源に関心が集まっている。韓国日報が伝えた。

17日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、北朝鮮政権は武器密輸、人材送出、偽造紙幣製造、サイバー犯罪の四つの方法によってミサイルや核開発資金を調達していると報じた。

武器密輸は、北朝鮮の伝統的な資金獲得手段だ。昨年発表された国連の報告書によると、北朝鮮は暗号化された軍の通信機器、防空システム、衛星誘導巡航ミサイルなどを輸出している。昨年は、ロケットランチャー「PG−7」3万発とその構成部品等を隠した北朝鮮の船舶がエジプトで摘発された。ストックホルム国際平和研究所によると、1996〜2016年に北朝鮮はイラン・シリア・リビアなどに武器を密輸し、8億200万ドル(約890億円)を稼いだ。

人材送出も欠かせない政権の金脈だ。国連の報告書などによると、北朝鮮は海外に労働者10万人を派遣して、毎年5億ドル(約560億円)を稼ぎ出す。彼らは鉱山・伐採場・繊維工場などで働くが、賃金は北朝鮮政府に直接送られる。

ドル偽造も典型的な外貨稼ぎの手段だ。米国は北朝鮮が「スーパーノート(100ドル超の精密偽造紙幣)」の製造を日常的に行っていると主張してきた。サウスチャイナ・モーニング・ポストは、北朝鮮の外交官がこれを所持して出国した後、ロシアの工作員などの助けを借りて、ヨーロッパで両替する手口を使っていると伝えた。昨年6月には、北朝鮮工作員が中国の丹東で500万ドル(5億5000万円)相当の偽造紙幣を中国工商銀行や中国農業銀行などで3000万元(約5億800万円)に両替しようとして中国当局に摘発され逮捕された。

北朝鮮はハッキングなどを利用したサイバー犯罪にもたけている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、昨年、北朝鮮は中国内の補助者の助けを借りて、ハッキングによってニューヨーク連邦準備銀行に開設されたバングラデシュ中央銀行の口座から8100万ドル(約90億1000万円)を盗んだ。

国家情報院傘下の国家安全保障戦略研究院によると、北朝鮮は過去5年間の核実験を含むミサイル挑発に約3億ドル(約330億円)を使ったと推定されている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「こいつら、どうしようもないな」「北朝鮮は国家ではない。マフィア集団だ」「偽造紙幣製造は公然の事実。マネーロンダリングは各国外交官の担当だろう」など、北朝鮮を批判する声とともに「結局は中国とロシアの支援ということじゃないのか。中国・ロシアはテロ支援国だ」と、中国・ロシアへの厳しい意見もみられた。

また、北朝鮮に800万ドル(約8億9000万円)の人道支援を検討している文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、「こんな国に人道的支援をするのか」「対北支援反対」など、否定的な意見や、「金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に北朝鮮に渡された金も核とミサイルの開発資金になったはず」とするコメントもあった。

ラスベガスのカジノ王が「日本に失望した」と嘆く理由

ラスベガスのカジノ王が「日本に失望した」と嘆く理由

ラスベガスのカジノ王、ラスベガス・サンズ会長兼CEOのシェルドン・アデルソンは日本で9月を迎えた。大阪府知事や大阪市長と会談した後、アデルソンは統合型リゾート(IR)の制度設計について、政府の有識者会議がまとめた素案を批判した。

政府は素案にそったカジノ実施法案を国会に提出し今年度中の成立を目指しているが、アデルソンがこのタイミングで持論を述べたことは逆効果だったかもしれない。

アデルソンは、カジノ施設の面積の規制案を「これでは我々が望んでいたようなIRを実現できない」と批判した。彼は面積に上限が設けられればIRの投資を50億ドル(約5500億円)以下に抑えざるを得ないと述べた。また、規制が改められれば大阪や東京、横浜のような大都市で100億ドル(約1兆1000億円)規模の投資を行えると述べた。

また、日本で課される見通しのカジノ入場税や入場者に公的な身分証明書を要求する案にも不満を述べたが、最も懸念しているのは面積規制で、特に政策責任者らがシンガポールをモデルにすることに警戒を強めている。

シンガポールはカジノ施設の面積を1万5000平方メートル以下と定めているが、アデルソン側は「日本はシンガポールよりも多くのカジノ客を集めるポテンシャルがあり、この制限は最適なものではない」としている。

しかし、アジア諸国でのビジネスにおいて、公の議論の場で衝突するのは好ましいことではない。また、日本のカジノの制度設計に関して政策責任者を批判するのは間違っている。

PwC 東京オフィスのシニアマネジャー寺田匡宏は「日本ではカジノ施設の面積制限、入場料、IDカードの議論と平行し、ギャンブル依存対策の法整備も進めなければならず、国民の理解も必要だ。むしろこれらの方が優先事項だ」と述べた。

世論調査によると、日本ではカジノに反対する意見が根強い。先月、複数の都市で開かれた公聴会でもその状況は変わらず、むしろ政府は世論を真剣に考慮すべきという空気が濃かった。

日本進出を目論む海外のカジノ事業者らはこの事実を受けとめ、日本の担当者らの決定に敬意を払ったうえで、彼らと協調して日本版IRの創出を目指していく方針を示したほうがよいだろう。

アルマジロは防弾仕様? 発砲した弾が跳ね返り男性の顔面直撃

アルマジロは防弾仕様? 発砲した弾が跳ね返り男性の顔面直撃

arumajiro201709180001アメリカ、テキサス州の男性が、庭に入り込んだアルマジロに対し拳銃を発砲したところ、弾が跳ね返ってきて男性の顔面を直撃した。テキサス州カス郡の保安官ラリー・ロウによると、その男性はテキサカーナ市にある自宅の敷地内でアルマジロを発見し発砲したのだという。海外メディアHuffington Postが伝えた。

「彼の妻は家の中にいました。彼は外へ出て、38口径リボルバーを持ち出しアルマジロに向けて3回発砲しました」とロウは話す。アルマジロの硬い甲羅は、少なくとも3発中1発を跳ね返し、発砲した男性の顎に命中してしまったのだという。

 男性は近くの病院に空中輸送され、顎の傷は縫合されたとのこと。またアルマジロの状態に関しては確認されていない。「アルマジロは見つかりませんでした」とロウ。

 なお以前にも同様の事例が起こっており、海外メディアWIDE OPEN COUNTRYによると、この4月にはジョージア州の男性がアルマジロに対し発砲。その際には跳ね返ってきた弾が、男性の義理の母親に直撃した。

小倉優子の真剣相談に森泉バッサリ「重くない?」

小倉優子の真剣相談に森泉バッサリ「重くない?」

【小倉優子/モデルプレス=9月18日】17日に放送された日本テレビ系トークバラエティ番組『おしゃれイズム』(毎週日曜よる10時〜)に小倉優子が出演。結婚観や長男の将来へ意外な不安を語った。

◆自慢の優しい長男「チャラ男にだけはならないで!」小倉優子の真剣相談に森泉バッサリ

2年前にゲッターズ飯田に「2年後ちょっと離婚が見えてます」と言われたという小倉。今年3月にその言葉通り離婚して以来忙しい毎日を過ごしているが、癒やしは5歳の長男と10ヶ月の次男。特に、前髪を切るとすぐに「前髪切った?」と声をかけてくれ、「時計とかネックレスとかプレゼントしてあげたい」とまで言ってくれる長男は小倉の自慢だが、優しい反面見ず知らずの女の子に声をかけたりとやけに軽い一面もあるのだそう。「チャラ男にだけはならないで!」と切実な願いを口にした。

一方、そんな長男には、離婚について「あとあと子供の耳に入って傷つくのも嫌なので」と、すでに伝えてあるといい、「3人にひとりは結婚しても別れちゃう人がいるんだって〜」と「結構今からポップになんでも話してます」と明かした。

◆小倉の真剣相談に森泉が「重くない?」小倉優子の真剣相談に森泉バッサリ

10年ほど前に同じマンションに住んでいたという番組MCの森泉と小倉。「周りに音符とお花が飛んでる」ほど明るい森が憧れだと明かした小倉は、ロケでは森と恋愛トークを展開。「まだ恋をしたいとかそういう気持ちはないんですけど......(男性が)1人の女の人を愛するって一生、難しいんですかね?それだったら1人で生きていったほうがいいのかな」と真剣に語る小倉に、森は「結婚前提でつきあうの?それ超重くない!?」とズバリ。

結婚すれば「楽しい時間も辛い時間も共有できる」とあくまでも真面目な小倉に「それがうまくいかなかったんだからさ〜、男の友達を作ってみたら?」と森からは超明るいアドバイスが飛んだ。

◆若槻千夏が証言 小倉優子の真剣相談に森泉バッサリ

VTRでは長年の友人、タレントの若槻千夏が登場。小倉のグラドル時代、安田美沙子や熊田曜子、ほしのあき、MEGUMIとそうそうたる面々が集まる会を月一で開いていたものの、何度誘っても来なかった小倉を「一匹狼」と若槻は表現。

一方、小倉はその理由を、当時は「こりん星」の設定があり、実際に住んでいる場所を答えることになるのが「良くないんじゃないかと思って友達を作らなかった」と当時を思い返しつつ理由を明かす場面もあった。

トランプ氏、韓国大統領と電話会談 「ロケットマンはどうした」

トランプ氏、韓国大統領と電話会談 「ロケットマンはどうした」

トランプ米大統領は17日、韓国の韓文在寅(ムンジェイン)大統領と電話で会談し、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮への経済的、外交的圧力を強化していくことで合意した。

トランプ氏はこの日、ツイッターで文氏との会談に言及し、「ロケットマンはどうしているか尋ねた」と書き込んだ。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を指した呼び名とみられる。「北朝鮮ではガソリンを買う人の長い列ができているようだ。お気の毒さま」とも投稿した。

トランプ氏と文氏は25分間にわたる電話会談で、北朝鮮が15日に強行した弾道ミサイル発射を改めて非難。国連安全保障理事会で採択された制裁決議の履行に向け、国際社会と連携していくことを約束した。

米ホワイトハウスは、トランプ氏と文氏が「抑止力と防衛力の強化に向けてさらなる措置を取り、北朝鮮に最大限の経済的、外交的圧力を加える」方針を確認したと発表した。

韓国の大統領報道官も、両氏が緊密な連携で合意したと述べた。また北朝鮮に対し、これ以上挑発行為を繰り返せば外交、経済の両面で孤立が深まり、「ついには崩壊への道をたどることになる」と警告した。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • ドバイでしょうゆ「禁止」 想定外のその理由…当局の不可思議な対応 スーパーでは今も普通に販売
  • 北朝鮮の核・ミサイルの資金は一体どこから?韓国ネット
  • アルマジロは防弾仕様? 発砲した弾が跳ね返り男性の顔面直撃
  • トヨタのでかい「ハイラックス」は売れるのか
  • 発表前のiPhone Xに、早くも行列を開始する猛者が出現
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。