カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

部屋さがし何度も断られ「死のうかな…」つらすぎる高齢者の引っ越し事情

部屋さがし何度も断られ「死のうかな…」つらすぎる高齢者の引っ越し事情

神奈川県に住む80歳の山下有三さん(仮名)は目に涙を浮かべ苦悩を訴えた。

山下:
あきらめていますよ。だからこの間も死のうかなと思った…。

山下さんは現在、6畳二間の部屋で一人暮らしをしているが、老朽化による建て直しが決まり、立ち退きを迫られている。
しかし、不動産店を10軒以上回っても引っ越し先はなかなか見つからない。

山下:
不動産屋さんをいろいろ、あっちこっち行って、だけどなかなかないんです。「80歳じゃね」ってどこ行っても…

「高齢だから」と断られる 高齢者の引っ越し

高齢者が転居する理由を調べたところ、「家賃」や「立ち退き」という声が多かった。
しかし「高齢」を理由に入居を断られるケースが今、問題になっている。
そこで国土交通省では先月「高齢や低収入を理由に入居を断らない」と登録した住宅に補助金を出す新制度を開始した。

国や自治体が対策に乗り出す、高齢者の引っ越し事情はどんなものなのか?
立ち退きを迫られた山下さんが探しているのは、現在と同等の家賃4万円台の部屋。
実は山下さんの収入は生活保護が頼りで、家賃を支払うと3万円ほどしか残らず、暮らしはギリギリ。
しかし、とくダネ!の荘口彰久リポーターが話を伺うと、部屋が借りられない原因は家賃とは別にあるという。

荘口:
なんで部屋を貸してくれないんだと思います?

山下:
私、身寄りがないから…。

山下さんは、かつて事業に失敗したことから離婚して、現在 保証人になってくれる人がいない。別れ別れになった子供たちに保証人になってくれと頼めないかと考え、ずっと探しているが見つからないという。

荘口:
部屋を探し始めたときは、もうすこし簡単に見つかると思っていました?

山下:
うん、あるんじゃないかとは思っていましたけど。諦めていますよ。だからこの間も死のうかなと思った時もありました。首つって死んじゃおうかなと思った時もありますよ…

山下さんの答えは途中から涙混じりになっていた。

保証人がいてもリスクがある 高齢者の引っ越し

山下さんのような人のために、保証人の役割を代行する団体がある。
とくダネ!が取材した「高齢者住宅財団」は、月額家賃の約1.4%の料金で保証人を代行して入居を支援している。
家主側も万一の際の保証があるので、高齢者などと契約しやすくなるのだ。

しかし問題はそれだけではない。
賃貸住宅の家主からの相談を受ける「日本地主家主協会」によると、高齢者は入居後のリスクが払しょくできないという。

担当者:
大家さんには、入居した後で亡くなったり病気になったらどうしよう、というリスクがあるんです。

亡くなった場合、残された家財の処分は本来なら保証人が行うことになっているが、実際は家主が費用を負担して処分していることが多いという。

一歩先を行く取り組み 高齢者の引っ越し

これらのリスクを払しょくする新たな取り組みが期待を集めている。
福岡市の社会福祉協議会が行っている「住まいサポート」は、高齢者の入居に協力してくれる不動産店を募集。
集まった協力店の中から、高齢者が希望する条件に近い物件を探し、本人に紹介するところまで行っている。

83歳の山中育子さん(仮名)は、年金と貯金を切り崩しながら家賃7万3千円のマンションに住んでいたが、去年とうとう貯金が底をついたため市に相談した。
すると現在住んでいる家賃3万円のアパートを見つけてきてくれたという。

山中:
市は何もしてくれないと思っていたんですよ。そしたら、もう市の方からドンドン入ってきてくれて話を聞いてくれて。本当に気持ちが落ち着きました。

さらに入居後の生活を見守る手厚いサービスも充実している。
電話のそばには、すぐサポートセンターに繋がる「緊急」ボタン。
毎朝9時50分には安否確認の「電話」がかかってくる。
他にも、亡くなった後の「家財処分」や部屋の「清掃」まで、本人と相談して決めていくという。

山中:
孤独死して腐ってたとか、ありますでしょ。(この暮らしなら)それはないと思うんですよ。

福岡市のこの仕組みで引っ越しした高齢者は、現在160人にのぼるという。最後に荘口リポーターから、ホッとする報告があった。

荘口:
皆さん気になっていると思いますが、冒頭に出てきた山下さんは、実は先週の金曜日に裁判所から強制退去命令が出たんですよ。
どうなるのかと思ったら、月曜日にむかし近所に住んでいた方が保証人になってくれると名乗り出てくれたんです。
それで部屋を見つけてくれて引っ越すことができるようになりました。
いや本当にギリギリでした。
明日は我が身じゃないですけど誰にでも起こりうることなんですよね。

引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体

引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体

siraishitakahiro201711180001神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかった事件で、逮捕された男は約1週間に3人を殺害した疑いのあることが分かりました。

 死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)の自宅アパートからは男女9人の遺体が見つかりました。その後の警視庁などへの取材で、9人が行方不明になったのは8月に3人、9月に4人、10月に2人だったことが分かりました。白石容疑者は現場となったアパートに8月22日に引っ越していて、被害者の大半について「会ったその日に殺した」と供述しています。白石容疑者は全員の殺害をほのめかしていて、警視庁は白石容疑者が引っ越した後の8月下旬から約1週間で3人を殺害した疑いもあるとみて詳しく調べる方針です。
白石隆浩 座間9遺体 殺人事件

捨て猫を受け入れたら業績アップ! 「お客様より社員が大事」という会社

捨て猫を受け入れたら業績アップ! 「お客様より社員が大事」という会社

年1回、社員の働きがいと幸せを追求する企業を表彰する第3回「ホワイト企業大賞」において、特別賞の「人間力経営賞」を受賞した栃木県の有限会社アップライジング。専門は中古タイヤ販売と買取修理だが、何が評価され、その受賞に至ったのか?

アップライジング・齋藤幸一社長にタケ小山がインタビューを敢行した。

プロボクサー引退後のセカンドキャリア

学生時代には全国に名を馳せ、プロボクサーとして活動していた齋藤社長。24歳で現役を引退し、選んだのはプロボクサーの時に使っていた健康食品の販売の仕事。しかし、武士の商法とでもいうのであろうか。ことは上手くいかなかった。

齋藤:
売れなくて借金いっぱい作ってしまって。そこで廃品回収のような仕事を始めてゴミステーションに出せないような、タンス・ベッド・冷蔵庫を引き取ってました。その仕事を始めて良くなっていきました。

タケ:
その中から中古タイヤに?

齋藤:
そうなんです。“このタイヤ捨てて”って言われたんですが、「これ捨てちゃうんすか!? 勿体なくないですか!? まだまだ使えますよ!」ということがありました。

売りたい気持ちはある。だが、店舗を構える程の資金はない。そこでネットオークションに目をつけて出品したところ、全国から入札が殺到した。これを契機に、齋藤社長はタイヤに特化することを決意する。借金を返済する日々を過ごす中、日本が未曽有の大混乱に陥った2011年3月11日、東日本大震災を迎える。

その最中、懇意にしているラーメン店の店主から炊き出しに誘われた。

齋藤:
行っても何もできないんです。

と言いつつも、引っ張られる形で気仙沼へ。灯りもなく、そして舗装も完了していない道をひたすら進む一向。生々しい爪痕の残る気仙沼にて、齋藤社長はラーメンを手渡す係を担当した。そこで、あるおばあちゃんが「温かいものが久々に食べられること、さらにあなたたちが栃木から来て、励ましてくれたことが嬉しい」と言って涙をボロボロ流したという。

齋藤:
人の喜び我が喜びだ!と思ったんです。

この炊き出しの経験から、困りごとを解決することを趣味にすることを決意したのだった。

アップライジングは、タイヤを売らないタイヤ店

タケ:
タイヤ店さんだから、タイヤはあるんですよね。タイヤ以外もあるんですか?

齋藤:
ありますね。宇都宮店に入るとすぐ“猫ルーム”があります。猫ルームがあれば、ガラスの向こうから癒されたり、待ち時間に遊べたり。

驚くことに、そのほとんどが捨て猫だったそうだ。NOとは言わない齋藤社長は、時に従業員が拾ってきた捨て猫さえも引き取ったのだ。タイヤ購入を検討する顧客の大半は男性と思われがちだが、こうしてできた猫ルームが、アップライジングの顧客男女比を1:1にしている。さらに、猫ルームの他に「無料レンタル会議室」も備えている。これが地域の奥様方やPTA、さらに会社に好評で高い頻度で使われるのだそうだ。

タケ:
それで商売になるんですか?

齋藤:
会議室を10回も20回も借りながら、タイヤを他のところで買おうって人はあんまりいないんじゃないかな。それでウチで買わなくても、中古タイヤをウチに売りに来てくれればそれでいい。タイヤをあっちで買って、中古タイヤはアップライジングに…それで良いと思うんです。

このどこまでも下心のない地域貢献の構えこそが、齋藤社長の魅力でもあるのだ。

6割が元ワケあり社員。その強みとは

齋藤:
うちのスタッフ、凄く良い人がいっぱいなんです。元ワケありな方が多くて、例えば、児童養護施設に入っていたとか、薬物に手を出したとか、障がいを抱えていたりとか、高齢者とか。

しかし、その誰もが人生を変えるつもりで、働いているという。逆にそういった障がい者などについて、「こうしたら働きやすくなるのでは」「この仕事に向いているのでは」と考えるきっかけを与えるため、そこで働く健常者を含め人間力が鍛えられるのだそうだ。

タケ:
そういった人たちを雇い入れるときのアドバイスはありますか?

齋藤:
できる仕事を見つけられるまで探し続けるということですね。

アップライジングには、障がいを抱えつつも、筋トレを趣味をするタイヤ剥がし名人がいる。タイヤ剥がしは、力が必要になる重労働なのだそうだ。さらに、タイヤ仕分け担当の視覚障がいの女性もいる。彼女の場合、掃除、事務作業、タイヤ洗い…、様々な仕事を体験させるも上手くはいかなかった。最後の最後に、体験させた輸出用タイヤの仕分け。これに関しては目を見張るような結果が出たのだという。

齋藤:
その人に合った仕事を最後まで諦めずに探し続けて、見つけてあげることが経営者の仕事なんじゃないかなって思いますね。

ホワイト企業としてのアップライジング

2017年2月にホワイト企業大賞の「人間力経営賞」を受賞したアップライジング。受賞できたのは前述の通り、社員一人一人が元ワケありとは思えないほどの行動や仕事ぶりを発揮し、それが評価されたと齋藤社長は分析している。

そうした社員のモチベーション維持。それは毎朝唱和するという社訓にあった。その社訓がコチラ。

【社訓】
一:常に謙虚で人に感謝し、人から感謝される人間であれ
二:自分を許し、他人を許せる人間であれ
三:現状に甘えず、一生学び続ける人間であれ
四:磨け、磨け自分を磨け タイヤとホイールと自分を磨け

齋藤:
人に感謝することに重点を置き、それが出来ないと、人間として駄目だなと…。

他にもこういった取り組みを行っている。

齋藤:
地域の小学生に元気に挨拶をすれば、小学生も元気になるんじゃないかということで、挨拶運動をやっています。挨拶禁止なんてありますけど、それでは日本は良くなんないんじゃないかな。他人でも挨拶できる。そんな日本の方が良いじゃないですか。

さらにタケはこんな質問も試みる。

タケ:
社員の幸せを願うも実現できない企業もありますね。どうお考えですか?

齋藤:
社員を物のように扱うのは良くないんじゃないですか。社員がいて、取引先がいて、地域社会があって、お客様がいる。最後の最後に自分たちの利益をなんとかする。この順番が大切なんじゃないですかね。

社員をどこまで大切にできるかというのが重要と説いている齋藤社長。お客様は神様とは言うが、それよりも大切なのが社員なのだそうだ。

海外進出と今後の未来 アップライジング

アップライジングには技能実習生制度でベトナム人が9人きていて、難しいアルミホイールの修理を学んでいるそうだ。しかし…。

齋藤:
3年間学んで、ベトナムに帰ってもアルミホイールの修理工場とかないんですよ。なかったらせっかく日本で学んだ技術と、アップライジングの人間力経営を披露する場所がない。これはもったいない!だったらベトナムにアップライジングを作ってしまおうと考えたんです。

技術はあっても、開業資金はない。そんなベトナム人社員を助けるべく、アップライジングのベトナム現地法人を来年立ち上げる予定だそうだ。

こうしたプロジェクトを受けて、貧しい人に無担保で少額を貸すバングラデシュのグラミン銀行、その創設者であるムハマド・ユヌス氏はこの考えに大いに共感。バングラデシュへの出店計画も決定したという。

最後に齋藤社長に今後のビジョンについて聞いた。

齋藤:
綺麗事ばっかり言っている様だが、そのような会社が増えてくれればいいと思ってます。そういった会社が日本から海外へ進出し、道徳を伝えることで地球がよくなる。大企業ばかりでなく、中小零細も勇気を出して海外進出して少しずつ世界を変えていきたいですね。

齋藤社長が行っているのは、言っては悪いがどれも難しいことではないし、非常にシンプルである。しかし、それを根気強く続けることに関しては、そう簡単に真似できるものではないし、本当に頭が下がる。現にそれが実を結び、アップライジングの輪がベトナム、さらにバングラデシュへと波及している。栃木県宇都宮市から生まれた人間力経営は、少しずつ地球を変えていることには違いないのだ。

低血糖症で運転し死亡事故、危険運転致死の疑いで男逮捕 インスリン投与量誤ったか 警視庁

低血糖症で運転し死亡事故、危険運転致死の疑いで男逮捕 インスリン投与量誤ったか 警視庁

東京都杉並区の都道で、低血糖症の状態で車を運転し、交通整理中だった警備員の男性をはねて死亡させたとして、警視庁杉並署は自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の疑いで、埼玉県越谷市七左町の無職、渡辺純一郎容疑者(51)を逮捕した。調べに対し、「運転中に意識を失った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は16日午後4時10分ごろ、杉並区高円寺南の都道で、低血糖症で意識が低下した状態で車を運転。交通整理のために車道に出ていた警備員の湯沢武さん(61)=東京都東村山市美住町=に衝突し、死亡させたとしている。

 杉並署によると、渡辺容疑者は糖尿病の治療のために自宅でインスリンを注射。現場の約2キロ手前から記憶が途切れがちになっていた。インスリンの投与量を誤ったために血糖値が下がりすぎ、低血糖症になった可能性があるという。

 現場は片側3車線の直線道路で、左側車線に工事のためにトラックが駐車中だった。交通整理のため、湯沢さんがトラック後部に立っていたところに渡辺容疑者の車が突っ込んだ。

 湯沢さんは車両2台に挟み込まれて内臓を損傷。搬送先の病院で死亡が確認された。

歌舞伎町早朝5時の無法地帯! 区役所通りに出現した“黒人ヤミ市”の正体

歌舞伎町早朝5時の無法地帯! 区役所通りに出現した“黒人ヤミ市”の正体

仙頭正教です。アジア一の繁華街、新宿歌舞伎町のガイド人をやっています。

 ガイドといっても、私の場合、歌舞伎町の立ちんぼスポットからボッタクリ客引き、心霊ビルまで、町の“怪しい”スポットを紹介するのがメインです。

 さて、そんな歌舞伎町では、黒人の客引きが相変わらず跋扈しています。

 国籍はナイジェリア、ガーナ、エチオピアといったアフリカ系が中心で、外国人女性のガールズバーや連れ出しスナックを勧めてくるんですが、とりわけ近年は、外国人観光客にアプローチしている姿が目立ちます。彼らもまた、このインバウンド増の時流を、チャンスと思っているのかもしれません。

 そんななか最近、歌舞伎町の「区役所通り」「さくら通り」で、奇妙な光景を目にします。客引きの黒人たちから「服屋」と呼ばれる一人の黒人がどこからともなく車で現れ、アヤシイ移動販売をやらかしているんです。

 場所は公道。客は全員黒人の客引き。商品は真贋の怪しいブランドの服や靴。さしずめ「黒人ヤミ市」と言ったところでしょうか。

◆早朝5時。歌舞伎町・区役所通りに“黒人ヤミ市”が出現

歌舞伎町にそのヤミ市カーが現れるのは、毎週日曜の早朝5〜6時半頃にかけて。まずは区役所通り『カラオケ・パセラ』前、その後さくら通り『ギラギラガールズ』前、と順番に回っていきます。

 取材に足を運んだ11月5日(日)の朝も、ヤミ市カーの回りには、黒人たちが集まっていました。日本人は一人もおらず、近寄りがたい雰囲気が漂っています。

 しかしこちらが声をかけると、特に警戒されることはなく、招き入れてくれました。ヤミ市カーの主らしき、オレンジ色のニット帽の黒人が、日本語で応対してくれます。

「ナニ見タイ? ジーンズ?」

 車のトランクカバーの上にずらっと並べられるジーンズ。値段は全部5千円とのことです。

 『Louis Vuitton』というタグが付いた商品に目が留まりました。

「…このヴィトンって、フェイクですよね?」
「ノーノー、フェイク、ジャナイ」

 本当でしょうか? 実に疑わしいんですが…。

 靴も見せてほしいと頼むと、トランクが開けられました。ブランドモノの靴が大量に入っています。こちらは商品によって値段が違うとのこと。

「この、グッチはいくらですか?」
「1万5千円」
「本物っすか?」
「ホンモノ。フェイク、ジャナイ」

 あくまで正規販売ということですが、このヤミ市カー、いったい何モノなんでしょうか?

◆黒人ヤミ市は、六本木や渋谷で開かれている!?

すると、客の黒人の一人が声をかけてきました。

「安イネ。本当ニ」
「…そうですね。何か買われたんんですか?」
「3コ買ッタヨ」

 手に持ったビニール袋を開いて見せてくれます。

「この服屋でよく買われるんですか?」
「ソウソウ、ミンナ買ッテル。彼ハ、アメリカ、イギリス、仕入レ行ッテル。イイ物持ッテルカラ」

「この服屋さんって、どういう方なんですか?」
「彼ハ、六本木デ、オ店ヤッテテ。コレハ、趣味デヤッテル」

 何でも、歌舞伎町だけではなく、六本木や渋谷も回っているんだとか。

 かくして6時半過ぎ、販売を終えた闇市カーは、歌舞伎町を去って行きました。

◆歌舞伎町の質屋が「タグが正規のモノではありません」 黒人ヤミ市

このヤミ市、オレンジニット帽の黒人の、いわゆる、週末副業ってやつなんでしょう。同胞の黒人連中が客引きの仕事を終える早朝にインポートブランドの移動販売とは、まったくよく考えたものです。

 が、真贋の確認のために購入したヴィトンジーンズを、歌舞伎町の質屋に持ち込んでみると、案の定「タグが正規のモノではありません」とのこと。また、公道での移動販売には『道路使用許可』が必要ですが、おそらくその点でも法律に触れていると思われます。

 歌舞伎町交番で、警察官にこちらの取材写真(今回撮影分と今年8月撮影分)を見せたところ、「知らなかったです」とのことでしたが、そのうち取り締まられるかもしれません。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 拓銀破たん金融危機から20年、メーンバンクがなくなる時
  • 宮地真緒が14年間交際の一般男性と結婚「一生ものの恋になりました」
  • ユニクロを脅かすアマゾンの"超個客主義"
  • 引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体
  • 日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。