カミカゼニュース

トヨタ、エンジン車だけの車種ゼロへ 2025年ごろ

トヨタ、エンジン車だけの車種ゼロへ 2025年ごろ

トヨタ自動車は18日、エンジン車だけの車種を2025年ごろまでにゼロにすると発表した。電気自動車(EV)に、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)も加えた「電動車」を、すべての車種に設定する。

併せて、20年から売り出すEVを20年代前半には10車種以上に増やすことも発表した。まず発売する中国に続いて、日本、インド、米国、欧州に順次投入していく。世界各地で強まる環境規制に対応していくためだ。

 トヨタは13日、電動車の世界販売台数の割合を15%から30年ごろには50%以上に引き上げる方針を発表。約150万台から約550万台に増やす想定だ。これを達成するため、電動車用の電池をめぐるパナソニックとの提携強化を検討することも公表していた。

 量産HVの「プリウス」を世界に先んじて発売してからことしで20年。HVや「究極のエコカー」と位置づけるFCVだけでなく、長く慎重だったEVにも注力。商品化の出遅れを取り戻していく。

 世界販売で首位を争う独フォルクスワーゲンが25年までに50種のEVを投じる方針を示すなど、電動車シフトは世界的に加速している。

「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論

「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論

takeshi201712100001

減った「“弟子”出身者」ビートたけし

2017年の「M‐1グランプリ」で優勝したコンビ、とろサーモンは吉本興業の養成所、NSCの出身。落語の世界を除くと、このように師匠を持たない芸人が大勢を占めているのは今では常識だろう。歴代のM‐1優勝者も養成所の出身者などで占められている。

 そんな中では、つい最近まで数多くの弟子をとってきたビートたけしは例外的な存在かもしれない。一番多い時は50人以上も弟子がいたというのだから物凄い。

 最近は年齢のせいもあって、弟子をとらなくなったというのだが、それでもたまに「志願者」が連絡してくることはあるという。もっとも、このご時世にわざわざ弟子入りを志願するだけあって、かなり変わった人が多いようだ。新著『バカ論』から、驚愕の弟子入り志願者のエピソードと、たけし流の「弟子論」を紹介しよう。

天才?弟子志願者

たとえば、ある弟子志願者の手紙はこんな調子だったという。

「僕はイチローならびにウサイン・ボルトと同等の運動神経を持ち、かつ、アインシュタインやファインマンに比肩する頭脳を持った男です。

 お願いですから、たけしさんの漫才の弟子にしてください」

 怖ろしいまでの才能を誇る人物からの連絡には、さすがにツッコミを入れざるをえなかったようだ。

「だったらお前、他にやることあるだろう。

 イチローやボルトの運動神経があって、アインシュタインとファインマンの頭脳があったら、漫才なんてやらないだろう。

これには笑ったね。バカ言ってんじゃないとか、そんなレベルじゃない。

 面白いのは、アインシュタインはともかくファインマンなんて言うところ。『なんでファインマンだったんだろう?』なんて、思わず考え込んじゃった」

ビートたけしが語る 飲んでいても芸人にはなれない

こういうおかしな志願者が増えたことも、弟子を取るのをやめた理由の一つだが、それ以外にも、うんざりすることがあったという。

「それまでは、弟子と認めた瞬間に、事務所から最低10万円は渡すようにしていた。付き人の仕事さえやっていれば、芸人としての仕事があってもなくても月10万円。

 それでも、頭に来てクビにすることがあった。

 そいつがモノになるかどうかというのは、そいつが裏で何をしているか、たまに抜き打ちで電話してみれば一発でわかる。

『おい、たけしだけど、今何やってるんだ』

『中野で友達と飲んでいます』

 その瞬間に呼び付けて、

『お前、事務所からただで金をもらって、よく友達とドンチャン騒ぎをやれる根性があるな。それができるなら、うちの事務所じゃなくて、よそで勝手にやってくれ』」

 プライベートで自由に飲むこともままならないとは厳しすぎないか――そう思われるかもしれないが、そこにはこんな考えがある。

「そういう奴は大体『俺はたけしの下で働いている』なんて威張って飲んでいるに決まっている。その根性が嫌なんだ。飲むのは別に構わないけど、頼むから自分の部屋とか目立たないところでやってほしい。

 結局、そういう奴は、芸を身につけたいのでもないし、芸人になりたいわけでもない。芸人の世界の仲間入りをしたいだけなんだね。

 芸事を勉強しないで、ネタもつくらず、芸人仲間と飲むのが一番楽しいなんて奴が結構いる。『兄さん、兄さん』とおだてて、毎晩のように先輩芸人におごってもらったり。

 そいつらにとっては、芸をきちんと教えてくれる師匠より、金をくれたり、飲ませてくれる師匠の方が大事。

 困ったことに、東京にいれば、おいらの弟子というだけで顔がきく。

 知らないところに飲みに行っても、おいらのファンの人がいれば、何だかんだ言って飲ませてもらえる。『マスター、こいつ、たけしの弟子だから飲ましてやって』とか」

 こういう「甘え」が許せないし、本人のためにならないから厳しくあたるということのようだ。弟子をとらなくなった今でも、たまに「どうしたら漫才師になれますか?」といった質問を受けることがある。この問いに対してはこう答える。

「漫才師になるために金を払って学校に入る奴もいるけど、おいらの場合は、流れ着いたところがたまたま芸人だったというだけ。結果的に漫才師になっただけで、なろうと思ってなったわけじゃない。

 大学の機械工学科でレーザーの研究をやろうと考えていた男が、なんで漫才師になったのか――それをまともに説明できる理由なんか、いくら考えてもないんだ。

 挫折して挫折して、折れて折れて、辿り着いたのが浅草で、そこで偶然漫才師になった。おいらはそうやって流れ着いたけど、時代も状況も文脈も違う奴らに『どうすればなれますか?』と聞かれても、答えようがない」

 なろうと思ったら必死で精進しなければならないが、なろうと思ってなれる仕事でもない。なんだか禅問答のようだけれども、そのくらい厳しい世界だということなのだろう。

進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか

進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか

衆院選での大車輪の活躍を機に、政界の中心人物に躍り出た感のある小泉進次郎氏。その勇往邁進ぶりは昭和を駆け抜けたあの田中角栄の黎明期を思わせるものがある。出自も風貌も大きく異なる2人が、なぜ重なって見えるのか。(文中一部敬称略)
koizumi201712100001
政治的実績を冷静に比較すれば2人には天と地ほどの開きがある。角栄研究で知られる政治評論家の小林吉弥氏がいう。

「角さんの政治家としての能力が桁違いだったのは、現在の進次郎と同じ4回生くらいまでの若手時代にダム法、道路法、港湾法、河川法や高速道路法、新幹線整備法、そして国土総合開発法など、日本の高度成長を支えたインフラ整備の基礎となる法律を議員立法で1人でつくったことだ。

 議員立法は法案づくりから与野党、霞が関の各省との利害調整の根回しを全部やらなければならないからとてつもない労力と能力が必要になる。それを次々にやってのけた。過去も現在も、おそらく将来もこんな政治家は出ない。若くして大臣、幹事長になったのも、官僚ににらみが利いたのも、金ではなく、根底に東大出のエリート官僚や政治家たちに“この男の政策能力にはかなわない”と思わせる実力があったからです。

 確かに進次郎は他の政治家と比べれば目の付けどころが違うし、演説もうまい。しかし、自分の政策を実現したことがない。どんなにメディアに脚光を浴びようと、実績だけを見ても角さんと比べる方がおかしい」

 それでも、進次郎が角栄の姿と重ねて見られるのは、2人が背負っている時代の社会と政治状況がそっくりだからではないだろうか。

 角栄の時代は高度経済成長末期、工場が大都市圏に集中し、公害など成長のひずみが大きくなり、地方は開発に取り残されて格差が拡大していた。国民は佐藤長期政権に倦み、政治の転換を望んでいた。そこに角栄が工場を大都市から地方に移転させることで人口と産業の再配置をはかる列島改造論を掲げて颯爽と登場し、国民は熱狂的に迎えた。

 そして現在、アベノミクスで都市と地方の格差が広がり、正規と非正規の格差が固定化して社会は閉塞状況に陥っている。国民は安倍長期政権に飽き、時代と政治の転換を託せる新たなリーダーを求めている。

「角さんのカリスマ性は鋭い発言と、言葉に発したことは実現するという実行力。進次郎は若さとルックス。彼がいることで古い自民党から新しい自民党に政治が変わっていくという期待感を高めている」(作家・大下英治氏)

 実力の有無とは無関係に、まさに「時流」に乗ったという見方である。だが、角栄は列島改造論で高度成長の是正だけでなく、〈20代、30代の働きざかりは職住接近の高層アパートに、40代近くになれば、田園に家を持ち、年老いた親を引き取り、週末には家族連れで近くの山、川、海にドライブを楽しみ、あるいは、日曜農業に勤しむであろう〉と目指す社会の具体的な未来予想図を示し、国民に夢を与えた。

 進次郎は2020年の東京五輪後に日本は深刻な危機がくると将来を見据えて国民に警鐘を鳴らしているものの、処方箋と目指す社会の具体像は全く見えない。角栄の姿を追って2万枚の写真を取り続け、小学5年生の進次郎を撮影し、その眼光に思わず射すくめられた経験も持つカメラマン・山本皓一氏が指摘する。

「角さんは若いころから15年、20年先のビジョンを持ち、地図に線をひくと高速道路や新幹線もその通りに日本は変わっていった。進次郎とは時代が違うといえばそうかもしれないが、角さんの目にはどんな困難も実現させるという強い意志の輝きがあった。はたして進次郎は小学生の時のあの眼光の強さをまだ持っているだろうか」

 山本氏はもう一度、ファインダーを進次郎に向けてみるつもりだという。

中国の「体制転換」目指す大富豪、郭文貴氏 独占インタビュー

中国の「体制転換」目指す大富豪、郭文貴氏 独占インタビュー

祖国中国の高官の汚職を非難し、現在は米国で政治亡命を申請中の大富豪、郭文貴(Guo Wengui)氏がニューヨークでAFPの独占取材に応じ、世界最大の人口を持つ中国の「体制転換」と民主主義の導入を目指していると語った。

ニューヨークのセントラルパーク(Central Park)に面した高級アパートでAFPの取材に応じた郭氏は、「私は法の支配を手にしたい。民主主義や自由を手にしたい。体制転換……それが最終目標だ」と語った。

 郭氏は年内に立ち上げ予定の新たなメディア・プラットフォームを使って中国の共産主義体制の欠陥を明らかにすることで、3年以内の目標達成を目指している。

 郭氏は意外な「味方」がいることを明らかにした――ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の側近だったスティーブ・バノン(Steve Bannon)前首席戦略官・上級顧問だ。郭氏はバノン氏とこれまでに10回会い、計画中のメディア・プラットフォームについて話し合ってきたという。郭氏は、「ご存じだろうが私は金持ちだ。この(プラットフォームの)ために大金を準備してきた」と語った。

 インタビューの中で郭氏は、中国当局者が今年5月に郭氏の元を訪れたという米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)の報道は事実だと認め、中国側の目的はただ一つだったと述べた。「私を黙らせたかったのさ。私が中国政府の腐敗した高官について話すのをやめさせたかったのさ」

 郭氏は「私が録音した100時間を超える会話のテープがある」とも語った。「彼らにとって、それは余りにも大きな脅威だった!」

 郭氏は生まれた当時、中国は文化大革命(Cultural Revolution)の混乱の真っただ中にあったため誕生日は不確実だが、年齢は47歳だとしている。

 郭氏が2014年に中国を逃れて以来、兄弟2人と大勢の元従業員が投獄された。しかし郭氏自身は米国で安心感を得ており、まもなく政治亡命を認められると確信しているという。

国連事務次長「一つの判断ミスが戦争の引き金に」 訪朝で警告

国連事務次長「一つの判断ミスが戦争の引き金に」 訪朝で警告

国連(UN)は9日、4日間の日程で8日まで訪朝していたジェフリー・フェルトマン(Jeffrey Feltman)事務次長(政治局)が、たった一つの誤判断が北朝鮮との戦争の引き金となりかねないと警鐘を鳴らし、対話の窓口を開いておくよう北朝鮮に呼び掛けたと明らかにした。

フェルトマン氏は、北朝鮮による米全土を射程に収めた新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験実施から1週間を経ずに北朝鮮を訪問していた。国連高官の訪朝は2010年以来。

 国連によると、フェルトマン氏は北朝鮮で李容浩(リ・ヨンホ、Ri Yong-ho)外相、朴明国(パク・ミョングク、Pak Myong-Kuk)外務次官と会談し、「朝鮮半島の現状が、現在の世界の平和と安全保障における最も緊迫かつ危険な問題となっている」という点で合意した。

 また、戦争リスクを減少させるためには誤判断を防ぎ、緊急に対話窓口を開くことが必要だと指摘し、緊張が高まる朝鮮半島問題を平和的に解決するためには国際社会が関与していかなければならないと強調。現在の北朝鮮問題の解決方法は「誠実な対話を通じた外交的手段による解決しかない」との認識を示した。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 関 光彦 市川一家4人殺人事件
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も