カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

夏休みの事故には注意!お金持ちのリスク回避習慣って

夏休みの事故には注意!お金持ちのリスク回避習慣って

お金を失うよりも命を失うほうが怖い
お金を失うことより、命を失うことのほうが怖い。どんなに投資的価値の高いことであっても、それが自分の命を危険にさらすようなことはしたくないと私は考えます。

そこで投資的生き方の一例として、ここからは私が心がけているリスク回避習慣をご紹介します。ちょっと極端に感じるかもしれませんが、引かないでお読みいただけたらと思います(苦笑)。

まず、私は日常ではほとんど走りません。駆け込み乗車も絶対にやらず、次の電車を待つようにしています。そのためいつも余裕を持ってでかけます。たまに遅れてしまい、「この電車に乗らないと約束の時間に遅れる……」という状況になることもありますが、そのときは先方に遅れる旨を伝えます。社会人失格と思われるかもしれませんが、ケガをして長期入院になるリスクよりましだからです。

また、雨の日はすべりにくい靴を履き、階段は非常に慎重に上り下りします。雨の日に階段を駆け下りてすべって転んで頭を打ち、動かなくなって救急車で運ばれた女性を見たことがあるからです。

交差点で信号待ちをするときは、最前列ではなく人混みの少し後ろで待ちます。たまに交差点にクルマが突っ込んでくるというニュースを聞くからです。

そういう意味でも、私は事故関連のニュースにはとても敏感で、どういう状況で人は死んだりケガをしたりするのか、その原因を分析し、自分ならどう行動するか、を考えるのが習慣になっています。そして家族にも、「こんなことが起きたらどうする?」としょっちゅう問いかけ、リスク回避の方法を考えてもらうようにしています。

スキューバダイビングや川遊び、雪山登山は「やらない」 お金持ちのリスク回避習慣

私がスカイダイビングやスキューバダイビングをやらないのは、たまにそれで死亡するという事故が起こるからです。川遊びや川岸でのキャンプをやらないのは、急な深みにはまって流される、上流の増水に気づかず流されるという事故が毎年絶えないからです。

雪山登山もやらないですし、山に登るときは徹底的に準備をします。夏でも軽装で入ることは避けています。遭難して死んだり、救助ヘリを出動させたりして、あとで高額な救助費用を請求されるというニュースを見ているからです。

移住先にマレーシアを選んだのも、親日国で治安がいいことはもちろんですが、自分が寒さにとても弱いことを知っているからでもあります。もちろん南国ですので、伝染病のリスクは高い。日本でもデング熱が話題になりましたが、熱帯地域ではよくある話です。それでも、暑くて死ぬリスクは低いけれども、寒いと死ぬこともあると考えています。

そんな私の自宅の書棚には、サバイバル術の本が数冊あります。緊急事態に直面して生き残る方法はなにか。どうすれば救助が来るまで生き延びられるか。そういった知識だけでもインプットしておけば、いざというとき何らかの打開策が見つかると考えているからです。

ちなみに私が愛読しているサバイバル書の1冊は、ナショナルジオグラフィック社の『世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術』(マイケル・S・スウィーニー著)です。ここには、日常は起こりえないような遭難や自然災害に遭遇したとき、生き残るためのテクニックが幅広く紹介されています。この本を読みながら、自分がそうした状況に置かれたときのことを想像するイメージトレーニングをしています。

お金持ちになるために必要なのは、結局は「予見力」 お金持ちのリスク回避習慣

同様に、自転車やバイク、車を運転しているとき、台風や雷雨のとき、地震が起きたとき、いったいどんな危険が迫り得るか、想像力を働かせ、自分の行動を最適化させるのです。

これを私は「予見力」と呼んでいますが、この力を高めることは、自分と自分の家族の命や健康を守ることにつながると考えています。私が予見力に着目し、その有用性を信頼しているのは、そうしたリスク回避という側面からだかけではありません。

自分の選択がどういう結果を招くかが見え、他人からどのような影響を受けるかが見えれば、その選択もより洗練されていくはず。そうすれば、「自分はこう生きたい」という軸を中心に人生を組み立てることができると考えているからです。

北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

北朝鮮が「しばらくアメリカの動向を見守る」と譲歩したことに関し、中国が国連制裁決議実行を表明したからという見方があるが、それは違う。あくまでも中国が中朝軍事同盟により北朝鮮を威嚇したからだ。

金正恩、ミサイル発射を一時見送り――中朝軍事同盟撤廃をちらつかせた中国の威嚇

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は14日、朝鮮人民軍戦略軍の司令部を視察し、米領グアム周辺海域へのミサイル発射に関する説明を受けた。その結果、「アメリカの動向をしばらく見守る」と述べ、弾道ミサイル発射を一時見送る考えを示した。中国中央テレビCCTVが、北朝鮮の朝鮮中央通信の情報として、速報で伝えた。

それによれば金正恩は「アメリカが妄動を続ければ重大な決断を下すだろう」と威嚇する一方で、「みじめで辛い時間を味わっている愚かなアメリカの動向をもう少し見守る」と語ったとのこと。

金正恩は「アメリカ帝国主義者らは無謀な軍事的緊張を自ら作り出して大騒ぎし、自分で自分の首を絞めた」と非難した上で、「現在の緊張を和らげ、朝鮮半島の危険な軍事衝突を阻止するため、アメリカはまず適切な選択を行い、行動でそれを示さなければならない」と主張。「朝鮮半島で危険千万な妄動を続けるなら」既に宣告している通り行動すると言明した。

このアメリカが取るべき「適切な選択」と金正恩が言ったのは8月21日から始まる「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」と呼ばれる米韓軍事合同演習のことだとCCTVは解説した。それはまさに、中国が望むことであり、中国の「中朝軍事同盟撤廃」をちらつかせながらの威嚇が効いたものと解釈される。その詳細は8月13日付のコラム「米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった」で述べた通りだ。

北の譲歩に国連安保理制裁決議は影響していない

国連安保理は8月5日、北朝鮮への「これまでにない」厳しい制裁(2371号決議)を全会一致で採択した。中国もロシアも、躊躇することなく賛成票を投じた。

8月14日、中国商務部は翌日から国連安保理決議に沿った全ての制裁を実行に移すという声明を出した。北朝鮮の譲歩は、そのためではないかという見方があるようだ。

しかし、それは違うと思う。

なぜなら、中国が賛成票を投じたのは8月5日。

それだけでも、金正恩がどう出るか国際社会はピリピリしていたのに、トランプ大統領は8日、まるで火に油を注ぐように「北朝鮮がこれ以上アメリカを脅かせば、世界がかつて見たことのないような炎と怒りに直面するだろう」と発言した。おそらく長期夏季休暇に入っても仕事はしているということをアメリカ国民に見せたかったかもしれない。あるいはロシア疑惑など自国内における自分への批判から目を逸らせるためであったかもしれない。

ソフトバンクの「解約率」から見えてくる、都合のいい数字の作り方

ソフトバンクの「解約率」から見えてくる、都合のいい数字の作り方

8月7日に行われたソフトバンクグループの決算会見の中で、孫正義社長は「解約率が大幅に改善している」と発表しました。孫社長が発表した資料では、はじめてソフトバンクがKDDIの解約率を下回ったとのこと。しかし、メルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』の著者でスマホジャーナリストの石川温さんは、孫社長の発表した解約率が「眉唾もの」である根拠を挙げ、大手通信事業者3社の「本当の解約状況」を暴露しています。

孫社長「解約率が大幅に改善。KDDIを下回る初めての快挙」━━決算短信から見えてくる、都合のいい数字の作り方

8月7日のソフトバンクグループ決算会見で気になったのが、モバイルの解約率に対しての孫社長の発言だ。

「解約率が大幅に改善しており、競合他社のKDDIを下回った。初めての快挙」

として、おなじみの縦軸がないグラフを背に自慢げに語っていたのだ。解約率はNTTドコモが0.67%なのに対し、ソフトバンクは0.79%、auは0.91%とある。グラフを見る限り、他の2社は解約率が上昇傾向にある一方、ソフトバンクは大幅に改善しているといいたいのだろう。

その右下には出典が書いており、各社の決算資料から引用したようだが、これを見てみると、「NTTドコモ:解約率」「au:パーソナル事業解約率」「ソフトバンク:ハンドセット解約率」とあった。

「ハンドセット解約率」。つまり、データ通信端末などを抜いた解約率だと思われる。

実際にソフトバンクの決算短信をチェックしてみると、解約率が2つ存在しており、主要回線解約率は1.13%なのに対し、携帯電話解約率が0.79%なのであった。

この携帯電話解約率にはスマホ及び従来型携帯電話、音声SIM契約が対象で、データ通信端末やPHSなどは含まれないようだ。

ソフトバンクといえば、数年前まで、データ通信端末やフォトフレームなど、メイン端末ではない回線を稼ぎまくり、契約の純増ナンバーワンをアピールしてきたのではなかったか。純増数の頃は、そうしたデータ通信端末で数を水増ししつつ、純減傾向になったら、それらを抜いて解約数を出すというのは、理解に苦しむ。実際、主要回線解約率の1.13%は前期と比べて横ばいだ。

こんな数字で比べられたら、auもかわいそうだろうと思って、KDDIの決算短信も調べてみたら、auの0.91%という数字もデータ通信端末やタブレットを抜いた数字であった。

どうやら、先にKDDIがデータ通信端末を抜いた数字で解約率を出していて、表向き、いい数字を見せようとしていたら、同様の手法を真似してきたソフトバンクに解約率で抜かれるという状況に陥ったようだ。

一方、NTTドコモの0.67%という解約率は、MVNO関連は含まれていないが、データ通信端末やタブレットの解約をしっかりと含んだ数字だ。吉澤和弘社長が会見で「解約率が上昇したのは、2年前に販促をかけたタブレットの解約による特殊要因」と語っており、しっかりとタブレットの数字が計上されているのがわかる。

ソフトバンクとして、これから注視しなくてはいけない数字は通信ARPUだろう。実際のところ、今期のARPUは3830円であり、前年同期に比べて220円も減っている。

決算短信では「スマホ契約は増えたが、ワイモバイルの構成比率上昇と、おうち割光セットの割引によるマイナス影響が上回った」としている。

今のソフトバンクはワイモバイルが好調な点に支えられているのだろうが、結果として、一人あたりのARPUは下がってしまうのは避けて通れない。

その点、KDDIは、UQモバイルが別会社であるため、UQモバイルが増えても、ソフトバンクのような影響はないだろう。ただし、新料金プランによって、どれだけARPA(KDDIはARPUではなくARPA)が下がってくるかが見物だ。

いずれにしても、ここ最近の決算会見は、悪い数字はプレゼン資料から外すということをやりがちなので、決算短信を含めて、こまめに数字や注記を見ていく必要がありそうだ。

山中慎介、「涙の陥落」の衝撃は世界に拡大「日本ボクシング史への挑戦終わった」

山中慎介、「涙の陥落」の衝撃は世界に拡大「日本ボクシング史への挑戦終わった」

ネリに4回TKO負け、まさかの敗戦を各国メディアが報道「ヤマナカは涙でリングを去った」

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(島津アリーナ京都)は15日、同級王者・山中慎介(帝拳)が同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKO負けを喫し、日本タイ記録となる13度目のタイトル防衛に失敗した。元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高に並ぶV13はならず、衝撃は世界に広がっている。海外メディアが「」「」などと伝えている。

「山中、陥落」――。日本のファンにとっては信じがたいニュースは、世界も反応を見せている。

 英衛星放送「スカイスポーツ」は「ネリに敗れ、バンタム級のタイトルを失う」と見出しを打って報道した。

「ヤマナカのこれまでの戦績は27勝0敗2敗、12度防衛を成功していた。メキシコのネリーは故郷を出て、試合をするのは初めてだった。新王者は24戦無敗である」と両者の戦歴を紹介した。

 さらに、よもやのTKO負けを喫した山中について「ヤマナカは、涙を流しながらリングを去り、観衆の中、同胞へお辞儀をした」と涙の陥落を紹介している。

新王者の功績を称賛「ネリがヤマナカの長年に及ぶ試合を終わらせた」

一方、米スポーツ専門局「ESPN」は「ルイス・ネリがシンスケ・ヤマナカを下し、バンタム級タイトルを獲得」との見出しで紹介した。

「ルイス・ネリーはシンスケ・ヤマナカを容赦なく打ち負かし、世界バンタム級王者となった。彼はヤマナカの長年に及ぶ支配、そして日本ボクシング史への挑戦を終わらせた」と新王者の功績を称賛した。

「34歳のヤマナカは12度の防衛に成功し、13度目を狙っていた。これはライトフライ級王者ヨウコウ・グシケンが打ち立てた日本新記録に並ぶものだ。彼はこの記録を1980年に達成した」と山中の挑戦について紹介した。

「神の左」を持つと称された日本の絶対王者のまさかの敗戦は、ほかにも各国で報道されている。海外メディアにとっても驚きは大きかったようだ。

王座陥落の山中慎介、TKO負けに「トレーナーを責めることもないです」

王座陥落の山中慎介、TKO負けに「トレーナーを責めることもないです」

プロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで、日本記録に並ぶ13度目防衛を逃した山中慎介(34)=帝拳=が王座陥落から一夜明けた16日、京都市内のホテルで会見を行い、進退について保留した。「きょう会見を開くということでいろいろ考えたが、きょう進退についてはすぐに出せないです。もう少し考えさせて下さい」と語った。以下一問一答。

―一夜明けて。

 「13回目の試合で初めてTKOで負けました。もちろん自分自身も悔しかったですけど、あれだけ期待してきてくれてるお客さんもいて、本当に楽しみにしてくれた方には申し訳ない気持ちでいっぱい。お客さんの期待に応えられなかった悔しさと自分自身出し切れなかった。もうちょっとできたかなと思う。(レフェリー)ストップに関しても映像で確認したら、自分では効いてる感覚はなかったんですけど、実際、バタついてて。(だから試合を止めた)トレーナーを責めることもないです。ダメージの方はないですけど、いろいろと朝まで考えてました」

 ―今後については。

 「きょう会見を開くということでいろいろ考えましたが、きょう進退についてはすぐに出せないです。もう少し考えさせて下さい」

 ―進退を出すめどは。 

 「もちろん何か月も引っ張るってことは絶対ないんですが。期限を決めてしまえば、そこまでに決めてしまわければというものある。はっきりと言えないですけど、そんなに長くないです。非常に大事なことなんで。落ち着いて考えて決めたいと思います」。

 ―進退を決める上で大事な点は。

 「いけるなという感覚もあったんで。そこが考えるとこですね。自分自身、体は大きなけがもないし、いけるかなと思う。今回もダメージないし。それでもここ最近の試合内容というのも危なっかしい場面もあったんで。出し切ってないから悔しい部分もある。それは確か。そういう意味でももう少し考えたい」

 ―挑戦者のネリは?

 「すべてにおいて負け以外は想定内。一発のパンチ力はなかったですけど、荒々しく(パンチを)振ってきた時に焦りもあったと自分自身思いました」。

 ―ネリへのリベンジは。

 「もちろん考えるところはネリだけですね。正直、本当の自分の気持ちとしては納得いく勝ち方であれば、それでもういいのかなと思ってたんでね。それもこういう内容だったんで、逆に悩んでるところ」

 ―WBCのベルトを失った。

 「こういった会見でベルトがないのはすごく違和感ありますね。元チャンピオン、前チャンピオンになるんだなと。結婚してからずっとチャンピオンだったから何か違和感あるのかなと。

 ―どんな夜を過ごした?

 「(試合後に)ホテルに帰ってきて、1時間後に別のホテルの妻がきてくれて朝方までいろいろと話はしました」

 ―どんな話を?

 「(夫人は)素人なんで、もうちょっとやれたとか、あまり分かってなかった。『今後やるにしてもやめるにしても本人に任せる。好きなようにして。後悔のないようにしてね』と言われましたね。昔からそうだったんですけど、『結果は正直どうでもよくて無事に帰ってきたらそれでいい』と伝えられてきました。『皆さんに本当にごめんね』と言ったら『こんなこと言わないで』と。自分は『人を喜ばせたい気持ちは人一倍持ってる。それを達成できなくて済みません』と伝えました」

 ―プロ初黒星でもあった。

 「防衛している中でも勝利の中でも勝って悔しかった経験はあります。負けてタイトル奪われて悔しいのは初めてなんで、きのうからずっとつらかった。結果は出たんで、言い訳はできないですね」

 ―試合の映像を振り返って。

 「フルで見てないですけど、出だしの1ラウンドはすごくいい感覚がありましたけど、慌てた面もあったしガードが甘かった。自分が思ってる以上に映像では危なっかしいという印象でしたね。距離を詰めて戦うのは想定内でした。バックステップもそうだし、サイドも回れなかったのも連打を許した要因。足も止まってたのも敗因かなと思います」

 ―試合が止まった瞬間は。

 「相手が連打をしてきて止まってバタついて焦った部分はありましたけど、いけると思ってました。まわりから見たらどうか分からないですけど、そう見させてしまった。(トレーナーの)大和さんもいつも自分の練習を見てくれていたんで(試合を止める判断を下した)。それでもまだやりたい気持ちはあった。まわりから見たらピンチかも知れないですけど、これを乗り切ればという気持ちもありました」
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利