カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

旧モデルはどこまで下がる? コンパクトデジカメは新旧交代の今が狙い目

旧モデルはどこまで下がる? コンパクトデジカメは新旧交代の今が狙い目

9月に入り秋冬モデルが出始めたコンパクトデジカメ。新旧モデルが入り混じるこの時期は、新機能満載の秋冬モデルと、価格が下がった旧モデルを比較しながら購入できるので狙い目だ。そこで、「BCNランキング」で旧モデル値下がりの足取りをたどりながら、最新モデルのランキングも併せてまとめた。

■価格が底を打つのは、新製品登場の直前

 コンパクトデジカメがホットになるのは、3−4月と9月から年末にかけて。メーカー各社が春と秋冬に新製品を発売するからだ。特に新製品の発売直後は新旧モデルが店頭に並び、もっとも選択肢が広がる時期。ピカピカの新モデルも魅力だが、価格が下がった旧モデルも捨てがたい。

 主な機能で考えれば、1世代古いモデルでも十分選択肢に入ってくる。例えば、8月現在では手ブレ補正機能の搭載率が76.5%、顔認識機能が95.9%だった。しかし、3月時点にさかのぼってみても、既に手ブレ補正機能は70.9%、88.0%で搭載していた。

 3月から9月1週目までで、コンパクトデジカメ市場全体の平均単価(税抜き、以下同)の推移をみると、4月以降右肩下がりに安くなっていき、8月を底に9月で価格が一気に上昇している。主要メーカー7社(カシオ計算機、松下電器産業、キヤノン、オリンパス、ソニー、ニコン、富士フイルム)の平均単価推移をみても、各社とも春モデルが出揃う3−4月に単価が上昇し、8月を底に9月に入ると再び上昇するパターンを描いている。

■今年の春モデルが約半年で1万円も安く

 では、価格は実際にどのぐらい下がるものなのか。今年3月時点でのBCNランキングでカラーバリエーションを合算した販売台数シェアで上位に占めていたモデルの価格推移をみてみよう。

 3月時点でのランキング1位は、松下の「LUMIX FX35」。価格は約3万4000円(税抜き、以下同)だった。2位は、オリンパス「μ1020」。いずれも2月発売の春モデルだ。3位のキヤノン「IXY DIGITAL 910 IS」は、ブラックが07年9月発売で、シルバーが08年2月の発売。これらの製品は、3月時点で3万円−3万5000円だったが、約半年後の9月1週目には約35%前後値下がりしている。松下「LUMIX FX35」については、約半年で1万円も値下がりした。

 機能面では、3月の1−3位までのいずれのシリーズも手ブレ補正機能、顔認識機能を備え、モニタサイズは3.8−4.0インチで大きめ。画素数は、松下「LUMIX FX35」とオリンパス「μ1020」が1010万画素、キヤノン「IXY DIGITAL 910 IS」が800万画素。現在でも全く問題なく活用できる製品ばかりだ。3月の4位はキヤノン「IXY DIGITAL 20 IS」、5位はソニー「Cyber−shot T70」だった。これらについても価格は35−45%下がっている。

 ただし、今年3月トップ5モデルは、9月第1週で軒並み8位以下に後退している。新製品の登場で在庫が少なくなっているためで、旧モデルを狙うなら早めに決断したほうがいいだろう。

 最後に9月1週の販売台数シェアランキングトップ3は、1位が松下の「LUMIX FX37」で6.1%。2位がカシオの「EXILIM EX-Z100」で4.1%、同率2位がキヤノンの「IXY DIGITAL 25 IS」4.1%だった。1位の「LUMIX FX37」は秋冬の新モデル。税抜きで約3万4000円と旧モデルよりも高めだが、新機能として被写体を自動的に追い続けるという「追っかけフォーカス」を搭載しているのがウリだ。

 価格で選ぶか機能で選ぶか……。新旧モデルをじっくり見比べることができるこの時期は、デジカメ買い替えの絶好のチャンスといえそうだ。(BCN・田沢理恵)

KDDI、「EZ de DIONメール」サービス終了

KDDI、「EZ de DIONメール」サービス終了

19日、KDDIは、au携帯電話によるWebメールサービス「EZ de DIONメール」のサービス提供を終了すると発表した。

 「EZ de DIONメール」は、au携帯電話によってインターネット上のメールの送受信を可能にするサービスで、KDDIは、同サービスのユーザー数減少に伴い2009年2月26日にサービスを終了させる。また、これに伴い、10月21日をもって同サービスの新規登録受付も停止される。

 現在のユーザー数は非公開とのことだが、現在サービスを利用しているユーザーにはメールその他によって終了の案内や代替サービスの紹介などを行っていくという。KDDIには、類似のサービスとして「ケータイ de PCメール」「au oneメール」などがある。

台風13号 宮崎でがけ崩れ 高さ70メートル、幅100メートル

19日午前2時ごろ、宮崎市と日南市を結ぶ国道220号の日南市宮浦付近で、道路脇のがけが高さ約70メートル、幅100メートル以上にわたって崩落し、国道をふさいだ。通称「日南フェニックスロード」と呼ばれる日南海岸沿いの観光道路で、崩落現場北側には鵜戸神宮などの観光名所もある。

台風13号による集中豪雨で地盤が緩んだためとみられる。国土交通省宮崎河川国道事務所は重機5台を導入して復旧を急いでいるが、開通のめどはたっていない。

ほぼ織田裕二で…山本高広に仕事がキター!

ほぼ織田裕二で…山本高広に仕事がキター!

俳優、織田裕二(40)のモノマネでブレークしたお笑い芸人、山本高広(33)がニッポン放送「オールナイトニッポン」のパーソナリティーに初挑戦することが18日、分かった。「ほぼ織田裕二(山本高広)のオールナイトニッポン」と題し、23日深夜1時から生放送だ。

 現在、22日に最終回を迎える織田主演のフジ系「太陽と海の教室」(月曜後9・0)や「踊る大捜査線」の再現、北京五輪の実況に合わせた織田流コメント、ニセ織田と山本の対談など様々な企画が練られている。

 さらに山本は秘蔵のモノマネ芸を隠していた。それが、自民党の麻生太郎幹事長(67)。実は小学生のころ初めて人前で披露したモノマネだった。故郷・北九州市が麻生氏の選挙区で、山本少年は選挙演説を目の当たりにした。その瞬間、芸人魂がむくむくと−。自ら作製したタスキを肩にかけ、教室でコブシを突き上げていたという。

 当時は動作だけだったが、現在は顔の表情から声色もマスター。メディアでは過去、1度しか演じていない。折しも前日22日は総裁選の投票日。“麻生新総裁”として登場するのか、大注目だ。

 少年時代から同番組を聴いていたという山本は「夢のようです。全力!で取り組みます。オールナイトのパーソナリティーを生でやらせてもらえるなんて…地球に生まれて良かったー」とアツ〜く意気込み。約60種のレパートリーからリクエストを募集。これでもかと惜しみなく聴かせる。

「美人過ぎる」八戸市議・藤川優里さん、水着に

「美人過ぎる」八戸市議・藤川優里さん、水着に

ネットで「美人過ぎる議員」として人気が爆発した青森県八戸市議、藤川ゆりさん(28)が11月19日にDVDと写真集を同時発売することが18日、分かった。藤川市議はポニーキャニオンからの依頼を当初、頑なに拒絶していたが、「八戸の観光名所をPRできるのなら」との条件付きでOK。胸の谷間が露わな水着姿も披露し、文字通り八戸のためにひと肌脱いだ。自民党が総選挙の秘密兵器としてほっとかない?!

 アイドルかと見間違う美人市議が、政治家としては異例の試みに挑戦。DVD「love navi八戸」(3990円)と写真集「moe navi八戸」(2000円)を同時発売する。

 自民系無所属の藤川市議の人気が爆発したのは1月末。彼女の議員活動を紹介した映像が地元テレビ局で放送されるや、ネット上で話題騒然に。顔を見たいという全国からの要望が公式HPにアクセスを殺到させた。

 それを耳にしたポニーキャニオンの土屋正樹プロデューサーが彼女に興味を持ち、八戸市議を16年務めた父が県議選に敗れた夜、父の支援者に土下座して自らの市議選出馬を表明し、トップ当選した経歴を知った。「容姿ばかりが注目されていましたが、ドラマチックな人生をヒューマンドキュメンタリーにしたいと思いました」と土屋氏。

 2月に直接会ってオファーしたが、藤川市議は「国政に挑戦する意志はなく、この先も市議として活動したいので、八戸市民以外に自分をアピールすることに意味を見いだせない」と断った。

 が、その後の雑談で2年後に東北新幹線の延伸で終着駅の八戸が通過駅になることへの危機感などについて熱く語ったという。そこで土屋氏は、知名度を生かした八戸の観光名所を紹介する作品はできないかと訴えた。

 市議は後日「八戸のプラスになるのであれば」と快諾し、自ら積極的に観光名所をリストアップ。5月に日本の渚百選のひとつ、大須賀海岸で胸の谷間を垣間見せた白の水着姿、8月には三社大祭で柔肌を見せた凛々しい和服姿で太鼓を叩くシーンなどを撮影した。

 「DVDをごらんいただき、写真集をガイドブックにして八戸に足をお運びいただけることを、お待ちしています」と藤川市議。発売されれば、話題沸騰となるのは確実で、今度は総選挙に出馬させるため、自民党の新総裁が八戸詣を行う?!
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由