カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

DAIGOが所信表明 「がんばりまウィッシュ」

ミュージシャンのDAIGO(30)、タレントの南明奈(19)、お笑いトリの「森三中」の大島美幸(28)がフジテレビ系「笑っていいとも!」(月〜金曜・正午)の10月からの新レギュラーを務めることになり26日、東京・新宿のスタジオアルタで会見した。

 DAIGOは10月1日から爆笑問題らと水曜日に出演。「ゲームはガチでいきたい。がんばりまウィッシュ」と所信表明した。大島は金曜に出演。番組史上初の平成生まれで月曜日のレギュラーに決まった南はタモリ(63)へ「私のおじいちゃんになって欲しい」とラブコールを送っていた。

スナック乱射で和解=巻き添え死、遺族に1億円−暴力団側、責任認める・前橋地裁

暴力団による前橋市のスナック銃乱射事件に巻き込まれて死亡した男性=当時(50)=の遺族3人が、指定暴力団住吉会の西口茂男総裁と福田晴瞭会長に総額約1億9800万円の損害賠償を求めた訴訟は26日、前橋地裁で暴力団側が責任を認め、遺族側に9750万円支払うことで和解が成立した。
 原告側代理人によると、西口総裁らは、実行役の傘下組織組員らが男性を殺害したことについて「責任を認め深く遺憾の意を表する」とした上で、「住吉会の構成員に適切な指導を行い、同種事件が繰り返されることがないよう努める」としたという。

宇宙旅行断念の榎本氏、旅行代金の返還求め提訴

宇宙旅行 榎本10日間の宇宙旅行を目指し、訓練を続けていたものの、健康上の問題を理由に搭乗メンバーから外された元ライブドア役員の榎本大輔氏(37)が、旅行を企画した会社を相手取り旅行代金2100万ドル(約22億3000万ドル)の返還を求めて訴えを起こした。
 ロシアでの訓練を完了した榎本氏は、2006年9月に同国の宇宙船「ソユーズ」で国際宇宙ステーション(ISS)への飛行が予定されていた。しかし、榎本さんは打ち上げの1カ月前に3人の搭乗メンバーから外され、代わりに米ダラスのビジネスマンが搭乗した。
 榎本さんは先月、バージニア州に拠点を置く宇宙旅行企画会社スペース・アドベンチャーズに対する訴えを同州連邦地裁に起こした。同社は来月にも6人目の有償客の宇宙旅行を計画している。
 ワイアード誌電子版に掲載された内容によると、榎本氏は、搭乗メンバーから外れる理由とされた腎臓結石について、同社および訓練期間を通じ健康状態と宇宙飛行への適合性を監視していた医師団とも十分把握していたとしている。
 今回の提訴に対し、スペース・アドベンチャーズの弁護団は24日、榎本氏の契約では健康上の理由による資格はく奪は返金の対象にはならないと反論した。

252キロの山本山「食が細るのは初めて」

日本人歴代最重量252キロの新十両山本山が奮闘している。

 「疲れてる。やばいっす。長いっす。未知の体験です」

 秋場所12日目を終わって8勝4敗。初めて味わう15日間の長丁場に苦笑い。寿司を73皿たいらげたことのある大食いだが、「さすがに食べる量が減ってきました。食べても元気が出てこない。食が細るのは初めて」と落ち込んだ。「場所が終わったら食べます」と気合を入れ直していた。

 大麻問題など暗い話題ばかりが世間をにぎわした。揺れる相撲界の中で“希望の光”だ。日大時代の同期、市原に並ぶ1場所での十両通過は難しくなったが、将来入幕確実な逸材。

 7勝1敗と快進撃をみせた前半戦と違って勢いを失った。だが、聞きなじみのあるしこ名に迫力満点の取り口、気さくな人柄が好評で人気はうなぎ上り。十両土俵入りの際はどの力士よりも大きな歓声と拍手を受け、国技館を去る際にはサインと写真を求めるファンからもみくちゃに。それでも嫌な顔1つせず、気軽に応じている姿は品格では横綱級だ。

 元祖人気者の高見盛は「おれ1人が個性派といわれるのは辛い。個性派が増えるのはいいこと」と“後継者”として承認済み。山本山も「ありがたいですね」とまんざらではない様子。

 今場所はゲンを担いで朝食を抜き夕食一食だけにしているが、師匠の尾上親方(元小結濱ノ嶋)は「もっとスピードがいる。ダメなら体重を落とした方がいいけど前に出てる分にはね」と増量は容認の方向。その体重からも目が離せない。

 「のりは毎日食べてます。入門前からのり大好きです!」と懸賞、CMを期待して“老舗”に猛アピールしていたが今のところ反応無し。はたしてこのラブコール、届くのか…

テレビの影響で品切れ大騒動 バナナダイエット健康にいいのか

テレビ番組がバナナダイエットを取り上げたところ、スーパーなどでバナナの品切れがもう一週間も続いている。2007年は、納豆ダイエットの品切れ問題があったが、それに次ぐ騒ぎだという。そんなにありがたがるほど、健康によいものなのか。

■森公美子さん7キロも減量に成功
「2、3日間、バナナは全部、ありませんでした。昨年の納豆ダイエットのときに次ぐ反響ですね。注文の半分ほどしか入荷せず、すぐ売り切れるんですよ」

熊本市内のスーパー「ハローグリーンエブリー」長嶺店の店長は、こう明かす。
朝バナナこの騒ぎのきっかけが、TBS系で2008年9月19日夜放送の「ドリーム・プレス社」だ。女性タレント8人が出演する4時間のダイエット特別番組で、その中で、森公美子さんは「朝バナナダイエット」に挑んだ。そして、毎朝食はバナナと水だけという生活を1か月半続けたところ、7キロも減量に成功したというのだ。

 その放送後から、全国のスーパーなどで、バナナの品切れが続出し始めた。バナナを輸入しているドールの広報担当者の話。

「量販店では、バナナは品切れ状態になっています。それが1週間も続いているようです。こんなことは、ここ数年でも聞いたことがありませんね」

ブームは、08年春から。ぶんか社の本「朝バナナダイエット」シリーズが3月1日からの発売以来、累計40万部のヒットとなり、みのもんたさん司会の日本テレビ系「おもいッきりイイ!! テレビ」が6月5日放送から計3回も特集した。

 それに合わせて、ドールでも、バナナ出荷が伸び始め、8月は前年同期の25〜27%に急増、卸価格も12%アップした。そこに、TBSが特番を放送したため、スーパーなどでの品切れ騒動に発展したらしい。

 そもそもは、ミクシィのコミュニティ「痩せる」で06年10月5日、「朝バナナダイエット」の著者でもある、はまち。さんのダイエット法が紹介されて広まった。そこでは、朝バナナと水を摂れば、豊富な酵素で消化が早くなり、昼・夕食は自由にしてもやせるとしている。コミュニティは、これまでに1000件ものコメントが寄せられたほどの人気になっている。

■「特定の食品を食べてやせる方法は、やらない方がいい」

 納豆ダイエットの騒ぎでは、07年1月7日放送の関西テレビの番組「発掘!あるある大事典II」が、虚偽のデータで効果を強調していたことが問題になった。再び騒動になったバナナダイエットは、本当に効果があるのか。

TBSの「ドリーム・プレス社」担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、こう説明する。

「番組で放送したように、効果はあるということです。納豆ダイエットのときのことを踏まえ、事実のままに数字をいじらずにやせたことを紹介しています」

 放送直後は、視聴者から「どうやってするのか」といった問い合わせが1日60件ほど寄せられ、その後も、毎日10〜20件あるという。しかし、品切れなどに対する苦情はないとしている。

 新潟大医学部の岡田正彦教授(予防医学)は、バナナダイエットに一定の効果はあるとみる。「果物は、カロリーが多くないので、一日の食事での割合が大きくなれば、当然やせてきます」。しかし、このダイエットをすることには、懐疑的だ。

  「栄養には、炭水化物、たんぱく質、脂肪という3大要素があります。果物ばかり摂取すると、たんぱく質や脂肪が欠乏して、様々な病気にかかりやすくなります。体内細胞が弱って感染症になったり、がんにさえなったりすることがあります。たんぱく質でできている抗体が減って、がんを防ぐ免疫機能が弱るからです。リンゴ、コンニャクなど特定の食品を食べてやせる方法は、やらない方がいいでしょう」

ただ、岡田教授は、肥満は健康によくないため、減食と運動でやせるべきだと言う。

「ごはんやおかずなど1日に食べる量を、まんべんなく減らしていくことです。楽してやせようとするのではなく、運動しながらやせる努力が必要でしょう。流行に振り回されないことが一番大事。人によって体質、生活習慣などが違うので、タレントなどのまねをすれば健康を壊して損をすると思いますよ」
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由