カミカゼニュース

ビッグスリー救済法案、合意不成立で何が起きるのか?

ビッグスリー救済法案、合意不成立で何が起きるのか?

ビッグスリー救済法案、合意不成立で何が起きるのか?

11日(米東部時間)、米連邦議会上院は本会議を開催、下院を通過済の最大140億ドルにのぼる“つなぎ融資”を供与するビッグスリー(3大自動車企業)救済法案を審議したが、結果として賃下げをめぐる対立が解けず、可決に必要な超党派合意は成立しなかった(廃案)。これにより、振り返れば秋口より本格的な騒ぎとなってきたビッグスリーをめぐる救済策は再び暗礁に乗り上げたことになる。このまま行くと早ければ年明け早々にもビッグスリーの一部企業は資金ショートする可能性が高まったことになる。米国だけではなく、日本を含む世界各国のマーケットに対する甚大な影響を懸念すべき展開である。

 金融マーケットの観点から見た時、最大の影響を被るのは米国を代表する商業銀行たちである。ビッグスリーは米国を代表する企業であり、いわば「米国そのもの」といってもよい存在だ。そのため、資金調達にあたってこれまで発行してきた大量の社債を、同様に「米国そのもの」を体現してきた最大手商業銀行たちが保有してきた経緯があるといわれる。ところが、このまま資金ショートへと向かっていく危険性が高くなる以上、ビッグスリーは最悪の場合、速やかに連邦破産法第11条に基づく「破産申請」を行う可能性が出てくる。そうなれば、当然のことであるが、これら米系最大手商業銀行たちが持っている大量の社債がいわば“紙屑”となってしまうことであろう。2008年第4四半期が佳境に入ろうとする中、さらにクレジットカード関連の証券化された金融商品に基づく巨額損失に怯えるこれら米系最大手商業銀行こそ、次なる金融メルトダウンのターゲットとなる可能性が高まっている。ヘッジファンド、あるいは投資銀行といった“越境する投資主体”たちを巡り繰り広げられてきた金融メルトダウンに対し、いわば「金融メルトダウン2.0」とでもいうべき展開だ。

 その次にやってくるべき「金融メルトダウン3.0」とでもいうべき事態は、これら米系大手商業銀行に対する最終的な“貸し手”であるはずの国家としての米国そのものの資金繰りは大丈夫なのかという点をめぐって生じることとなる。そして、昨年(07年)5月末の段階で邦貨換算にして6000兆円を超える金額となっていたと報じられている財政赤字による負担にもはや耐えきれないと判断される場合、「CHANGE(変革)」を訴えてきたオバマ次期大統領は来年(09年)1月の就任早々、問題のいわば最終解決手段として「デフォルト(国家債務不履行)」を宣言するかどうかが焦点となってくるはずだ。

 米連邦議会関係者の間ではこれまで、「ビッグスリー側が要請してきた総額340億ドルの救済はやりすぎであるものの、少なくともオバマ新政権の成立までのブリッジ(つなぎ)は必要だ」というのが概ねコンセンサスであったと現地専門紙などを通じて報じられてきただけに、ショックは大きい。もっとも、これによって自動車セクターそのものが“終焉”を迎えると考えるのは誤りだ。なぜなら、本日取りまとめられる日本の与党税制改正大綱(平成12年度)における「次世代エコカー重量税免除」、あるいはドイツにおいて2〜3週間以内に決められる「CO2排出量に応じた自動車税の導入」といった動きに見られるとおり、従来型のガソリン燃料に頼る自動車を大量生産する既存の大規模自動車メーカーではなく、電気自動車で徐々にシェアを伸ばしつつあるベンチャー企業を後押しする“潮目”が同時に見られつつあるからだ。

 ビッグスリー救済案否決の向こう側に生じる「潮目」は、あくまでも複眼的な視点をもって見つめることが必要であるようだ。

女性6人を生きたまま焼いて殺した鬼畜男、「死刑とは残酷」と死刑廃止団体のアンケートに…24歳娘を殺された両親の無念

24歳の娘の命を奪った男の死刑が確定して、1年9か月が過ぎた。

 世間が事件を忘れても、遺族にとって、8年半前のあの日から、時間は止まったままだ。遺体とともに警察から返されたブルガリの腕時計は、ガラスの部分がすべて溶け落ち、焼け残った針が死亡推定時刻の午後10時57分を指している。

 正恵さんは生きていれば32歳。61歳の父と59歳の母は毎朝、毎晩、仏壇にご飯を供え、話しかける。「結婚して子供がいたかもしれないね。孫と一緒に旅行もしたかった」

 事件のことばかり考えてはいけないと思いつつ、心から笑うことができなくなった。自分たちだけ楽しんでいいのかという思いが、いつも先に立つ。旅行にも行けない。「犯人を憎むことが生きがいになってしまった」と父は言う。

2000年6月11日午後11時すぎ、帰りの遅い正恵さんを心配した父は、勤務先だった宇都宮市の宝石店「ジュエリーツツミ宇都宮店」へ車を走らせた。近くまで行くと、消防車やパトカーが何台も見えた。真っ黒になった店から炎が噴き出していた。

 司法解剖を終えた正恵さんの遺体は、頭からつま先まで白い布でくるまれ、ビニール袋で覆われていた。損傷がひどく、歯の治療痕で本人確認したと聞かされた。

 就職して約2年。接客が大好きで、「自分が勧めた指輪をお客さんが買ってくれた」とうれしそうに話してくれた。「絶対にブルガリがいいんだ」と、給料をためて買ったお気に入りの腕時計をして出勤していた。

 「熱かったね、苦しかったね」。父はそう声をかけるのが精いっぱいだった。死に顔を見ることも、抱きしめてやることもできなかった。



 4か月後に始まった裁判はとても苦しかった。事件後、怖くて新聞を読むことができず、検察側の冒頭陳述を聞いて初めて、どのように娘が殺されたのかを知った。1億4000万円相当の貴金属を奪った篠沢一男死刑囚(57)は、正恵さんら女性従業員6人の手足を縛り、生きたままガソリンをまいて火をつけ、逃げた−−。「正恵はどんなに怖かっただろう」。想像して、父は手が震えた。

 娘に代わり、すべてを聞こうと、父は仕事を休んで公判をすべて傍聴した。「火をつけるつもりはなかった」と殺意を否認した篠沢死刑囚から真摯(しんし)な謝罪はなく、法廷で遺族と目を合わせることもなかった。

 「極刑を望みます」。父は証言台ではっきりと言った。その気持ちは今も変わらない。「悔しさと怒りで、相手の死を願うことへの抵抗感は全くなかった」


 昨年3月、最高裁で死刑が確定した篠沢死刑囚は、東京拘置所の独房で暮らす。今夏、市民団体のアンケートに対し、「死刑になるのか、きもちの整理がつきません。死刑とはざんこくなものです」と書いた。

 正恵さんの両親の前に姿を見せたのは、03年4月の東京高裁判決の時が最後になった。父は最近、篠沢死刑囚が何を考え、事件を反省しているのか、知りたいと思うようになった。そして、この世で一番大切な娘を奪った人間に、親のつらい気持ちを直接伝えたいと願う。

 だが、死刑囚に面会が許されるのは、親族や弁護士のほかは数人の知人らだけ。拘置所が特に必要があると認めた人に限られるため、死刑囚本人が希望しない限り、被害者の遺族が面会できる可能性は極めて低い。

 それでも父は強く思う。「自らの犯した罪の重さを知り、心から反省してから、刑を執行されてほしい。私が篠沢死刑囚に会うのは、無理なのでしょうか」

繰り上げ銅メダルの室伏が会見

繰り上げ銅メダルの室伏が会見

繰り上げ銅メダルの室伏が会見

陸上男子ハンマー投げの室伏広治(34)=ミズノ=が12日、愛知県豊田市の中京大豊田キャンパスで会見し、北京五輪で2、3位に入ったベラルーシ2選手のドーピング違反による失格で、当初の5位から銅メダルに繰り上がることについて「2大会連続のメダルということで、非常に名誉」と喜びの心境を語った。

 一方、「IOC(国際オリンピック委員会)のドーピングに対する厳しい姿勢が受け取れたと思う。薬物違反があったのは寂しい。一緒に競技をしていた仲間なので残念」とも話した。

 室伏は前回のアテネ五輪に続く2大会連続のメダル獲得。アテネ五輪も、1位だったアドリアン・アヌシュ(ハンガリー)のドーピング違反により、繰り上がりで金メダルを獲得していた。

17歳少年、殺害される 暴走族とトラブルか

17歳少年、殺害される 暴走族とトラブルか


 11日午前9時10分ごろ、浜松市東区有玉西町の馬込川西側の河川敷付近で「女性の悲鳴が聞こえた」と、通行人から110番通報があった。警察官が駆けつけたところ、河川敷にある公園内で同市中区上島の職業不詳、吉原大貴さん(17)が死亡しているのを発見。頭には鈍器で強く殴られたような跡があり、静岡県警は殺人・死体遺棄事件と断定、浜松東署に捜査本部を設置した。

 吉原さんには暴走族との交流があったとみられ、県警では何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて捜査している。

 調べによると吉原さんは頭から血を流し、うつぶせの状態で倒れていた。周辺に多量の血痕が残っていたほか、衣類には引きずられたような跡があった。付近に血の付いた木の棒やコンクリート片が落ちており、県警で遺体を司法解剖して死因を解明するとともに、凶器の特定を急いでいる。

 吉原さんは10日午後6時ごろから行方不明で、知人の少女が探していたところ11日午前9時ごろ遺体を発見した。10日夜から11日朝までの間に殺害されたとみられる。

 現場はJR浜松駅から北に約4キロの住宅や工場などが点在する地域。

秋山兄弟事件 秋山芳光

秋山兄弟事件 秋山芳光

事件当時年齢:46歳

犯行日時:1975年8月25日

罪状:強盗殺人、死体遺棄、殺人未遂、詐欺

事件名:秋山兄弟事件

事件概要:秋山芳光被告は多額の負債に苦慮し、兄と共謀。1975年3月24日、妻(当時37)の保険金殺人を目論んだが未遂。8月25日、知人の工場主(当時47)を千葉県内にある兄の家にてバットで殴って殺害。所有していた現金1020万円を奪い、死体を宅地造成地に埋めた。余罪として、自己を被保険者とする所得補償保険金詐欺事件がある。

拘置先:東京拘置所

死刑執行:2006年12月25日 77歳没
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 関 光彦 市川一家4人殺人事件
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も