カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

イチロー、8年連続200本安打を達成! 1世紀ぶりメジャー記録に並ぶ

イチロー、8年連続200本安打を達成! 1世紀ぶりメジャー記録に並ぶ

球足の遅いゴロがショートの前へ飛んだ。猛然とダッシュして打球を処理したマイク・アビレスの一塁送球より一瞬早く、イチローがベースを駆け抜けた。イチローがメジャーでまた新たな「歴史」を刻み込んだ瞬間だった。

 カンザスシティーのカウフマン・スタジアムで18日(日本時間)に行われたロイヤルズ戦、8回の先頭打者で迎えた第4打席、ロイヤルズのサウスポー、ロン・マヘイの投じた2球目の外角低めに沈む変化球をイチローのバットがとらえた。見逃せば「ボール」と判定されてもおかしくないような難しいボール。ボテボテの当たりがかえって幸いし、内野安打とした。

「あまりきれいな形じゃなかったので、打った瞬間は『あれっ、ヒットになっちゃう』みたいな勝手なことを考えていました」

 一塁に走り込んだときの思いをこう振り返ったイチロー。本人も「ボクらしいヒット」と認めたように、メモリアルヒットは自慢の俊足を生かしての内野安打となった。

「ICHIRO SUZUKI HAS TIED THE MLB RECORD WITH 8 CONSECTIVE 200 HIT SEASONS」
 バックスクリーンに、イチローの輝かしい記録がこう映し出されると、スタンドのファンは偉業に気付き、拍手が沸き起こった。敵地にも関わらず、スタンディングオベーションで偉業をたたえるファンの姿も数多い。全力疾走の直後、一塁ベース上で両ひざに両手を付き、静かに呼吸を整えるイチロー。興奮の中心に立つ背番号「51」は、意外なほど冷静に見えたが、やがて右手でヘルメットを取ると、大歓声に応えた。

 今からさかのぼること100年以上、1894年から1901年にかけてウィリー・キーラー(当時オリオールズ)がつくった8年連続200安打のメジャー記録に並んだ。

今季151試合目での200安打到達
 前日までに大記録まであと3本と迫っていたイチローは、この日の試合もいつものように「1番・ライト」で先発出場した。ロイヤルズの先発ピッチャーは右腕ギル・メッシュ。初回の第1打席は四球で歩かされた。3回の第2打席には、外角低めの速球をジャストミートし、ライト線を鋭く破る二塁打を放った。5回の第3打席では、高めの速球に詰まりながらもサード後方へポトリと落とす内野安打。記録へ「王手」をかけた。

 そして、8回の第4打席、ピッチャーは相性の良かったメッシュから、2番手左腕のマヘイに代わっていた。

「きょう、あと1打席だけという可能性があったので、『何とかきょう』という気持ちがあった。明日の試合後は移動になってメディアの皆さんに協力できないですから」

 打席に入ったときの心境をこう明かしたイチロー。初球の速球を見送り1ボール。2球目の外角変化球に手を出した。ヒット性の当たりではなかったが、俊足でショート内野安打にして見せた。「王手」をかけてからの次打席に驚くほどあっさりと記録を達成し、「きょう達成できたことはボクにとっても大きい」と、晴れやかな笑顔を見せた。

 イチローが鮮烈なメジャーデビューを飾ったのが2001年。1年目のシーズンでは157試合目に200本の“大台”に到達した。それ以降の7シーズンは下記の通りである。

【イチローの200安打到達試合数/シーズン安打数】
・01年 132試合/242安打
・02年 156試合/208安打
・03年 155試合/212安打
・04年 126試合/262安打
・05年 160試合/206安打
・06年 148試合/224安打
・07年 136試合/238安打

 最も苦しんだのは05年シーズンで、残り3試合でギリギリの達成だった。開幕から全試合に出場している今季は、19日の試合を含めて「残り11試合」と、余裕を持っての大台到達だ。それでも、本人は「170本から180本の間はやっぱり予想通りちょっと重苦しい中でプレーしてましたけど、それを超えてからは、わりとノーマルな状態に戻った」と語った。

税収「9年で9兆円増」試算=たばこ千円、減収に反論・厚労省研究班

たばこが1箱1000円に値上がりした場合、今後9年で計9兆円の税収増が見込めるとの新たな試算を17日、厚生労働省研究班(主任研究者・高橋裕子奈良女子大教授)が公表した。京都大大学院の依田高典教授の試算では、禁煙の意思を示す人全員が成功するとして、最大1.9兆円の減収が見込まれるとしたが、高橋教授は「1年後には多くが禁煙から脱落する。減収はあり得ない」と反論している。
 研究班は、たばこが来年元旦に1000円になったとして2017年までの9年間の税収を試算した。 

ゴルフ 66歳熱血!青木【生涯現役】宣言

ゴルフ 66歳熱血!青木【生涯現役】宣言

エージシュートでの劇的逆転優勝から1年。前年優勝者として迎える「日本シニアオープン」(10月23〜26日)を前に、青木功が16日、開催コースの埼玉県・狭山GCで会見し、「オレは死ぬまで現役」と宣言。日本の若いプロゴルファー、そして同年代のファンへ向け、「オレの生き様を見ろ!」とばかりに熱いメッセージを送った。

 20歳前後の修業時代を近隣コースの研修生として送った66歳の青木はこの日、「35年ぶりに来た」というコースでハーフ31のスコアを記録。年齢より少ないスコアでホールアウトする“エージシュート”の再現を予告し、「いっぱい思い出のあるコースで、何となくオレが勝てそうな気がするんだ」とご機嫌だった。

 今季は主戦場の米シニアツアーで23位が最高成績だが、「去年、11年ぶりに優勝して『バンザーイ!』って毎日乾杯してたら、ベスト体重より2キロ重い84キロになっちゃった」ため。「大会に向けて、体重を落とそうと一生懸命トレーニングしてるよ」と意気込む。

 「緑寿」を迎え、普段から考えるところもあるのだろう。「若いときから見に来てくれてる人は、オレと同年代だから、会社を退職して楽してるころじゃない。自分の理想に近付こうと、まだ頑張っているアオキを見てもらいたいね。興味を持てば、何でもやれるはず」と上機嫌で“熱い言葉”が止まらない。

 「引退? ゴルフが好きで好きでしょうがないから、ゴルフができなくなるまで現役だね。オレは、できなくなるのは待ってない。(死ぬまで)できるようにするんだよ!」

 そして、海外挑戦しては砕け散る若いプロに対しては「それが今の人のゴルフなのかなとも思うけど、ぬるま湯に漬かってる」と一喝した。「いいところだけ獲りに行ってもダメ」と、マスターズや全英オープンなどのメジャーにだけ出場して、結果を出せずに帰国する姿勢をバッサリ。

 「オレは世界で一番ゴルフがうまいと思って試合に出ている。気力だよ。じゃなきゃ、66で50歳の人と一緒にやらないよ。3位になったら『今週はオレよりうまいのが2人いた』と思うだけ」と意気軒高だ。

 青木とは49歳差の少年にばかり期待が集中する現在のゴルフ界。技術だけでも、口先だけでもない、本物のベテランの存在感は光を増して見える。

リーマン系列2社が民事再生法適用を申請=帝国データ

帝国データバンクによると、米リーマン・ブラザーズの経営破たんやリーマン・ブラザーズ証券などの民事再生法の適用申請を受け、同証券の系列会社であるサンライズファイナンス(東京都港区)とリーマン・ブラザーズ・コマーシャル・モーゲージ(同)が16日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。
 負債額はサンライズファイナンスが3639億5300万円(5月末時点)、コマーシャル・モーゲージが3844億5800万円(同)で2社の合計は7484億1100万円。
 サンライズファイナンスは1998年1月設立。金融機関などからの債権買取、事業資金の貸付などを行っていた。コマーシャル・モーゲージは2001年12月設立された不動産担保融資の専門業者。

日銀が短期市場に3兆円供給、リーマン余波の金利高騰防ぐ

日本銀行は17日、金融機関が資金を貸し借りする短期金融市場に2回にわたり計3兆円の資金を供給した。

 米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻(はたん)を受け、短期金利が過度に上昇するのを防ぐためだ。日銀は前日も2回で計2兆5000億円の資金供給を行っている。短期金融市場ではリーマン破綻を受け、外資系金融機関などが資金を調達しにくい状態が続いている。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由