カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

振り込め詐欺 押収された携帯電話の18%が架空契約

振り込め詐欺 押収された携帯電話の18%が架空契約

振り込め詐欺事件に使われたとして07年5月から半年間に全国で押収された携帯電話のうち18.3%が、契約者の特定できない「架空携帯」だったことが警察庁の調べで分かった。05年に携帯電話不正利用防止法が施行され、携帯電話事業者や販売代理店は契約・譲渡時に運転免許証などによる本人確認を義務付けられたが、徹底されていない実態が浮き彫りになった。振り込め詐欺被害は急増しており、新たな架空携帯対策が急務となっている。

 07年5〜10月に全国の警察で振り込め詐欺に使われ、押収された携帯電話285台のうち、契約時の状況が確認できたのは120台。このうち22台は、本人確認のための身分証明書が偽造・変造され、契約者が特定できない「架空携帯」だった。残り165台は契約関係が確認できないか、捜査が継続しているもので、携帯電話から容疑者を特定する困難さを示している。

 一方、同期間に押収された銀行口座657口座のうち、身分証明書の偽造・変造による架空名義のものは29口座(4.4%)だった。

 警察庁幹部は「銀行口座に比べ、携帯電話については販売店窓口などでの本人確認が難しい。架空携帯は振り込め以外の犯罪に使用される恐れもあり、本人確認のための新たな手法の検討が必要だ」と話す。携帯電話事業者団体「電気通信事業者協会」(TCA)に対し、販売後に配達記録郵便を送り、確認できなければ契約を打ち切るなど新たな手法の導入を求めているが、コストがかかり過ぎるなどの理由でいまだに結論が出ていない。

 同協会は「違法購入をした人物情報を業者間で共有するなど、いくつかの対策を年度内に始めることが決まっている。他の対策は各事業者間で検討している段階」などと説明している。

 振り込め詐欺は、今年1〜8月の被害総額が約213億円(前年同期約150億円)に上るなど深刻化している

原爆症訴訟で国が控訴=新基準再見直しも

原爆症訴訟で国が控訴=新基準再見直しも

原爆症認定訴訟で、国は3日午前、先月22日の札幌地裁判決を不服とし控訴した。ただ、4月から開始した新基準で積極的に認定する疾病の対象外となっている肝機能障害と甲状腺機能低下症について、国側の敗訴が相次いでいるため、取り扱いを今月の被爆者医療分科会で議論することになった。


 舛添要一厚生労働相が、閣議後の記者会見で明らかにした。

 控訴理由について舛添厚労相は、(1)放射線と関連するとの知見が確立していない高血圧症が認定された(2)一部疾病について他地裁と判断が分かれている−などと指摘。

「判決を精査した結果、高裁の判決を仰ぐことが適当であると判断した」と述べた。
 札幌地裁判決は、原告7人のうち、新基準で未認定の4人を原爆症と認めた。

三洋、2時間番組を10分でダビングできる半導体レーザー開発

三洋電機は3日、新世代DVDの再生機・録再機の基幹部品「青紫色半導体レーザー」で、世界最高出力となる450ミリワットのレーザーを開発したと発表した。高速での書き込みが可能になるため、2時間番組を10分でダビングできる。2―3年後をめどに量産を始める予定で、ブルーレイ・ディスク(BD)対応機器用のレーザー市場でシェア拡大を目指す。

 新製品は半導体レーザーの素子を保護する膜の構造を見直すなどして、長時間、安定して高出力のレーザー光を照射できるようにした。4層のBDに12倍速で録画できる性能を持つ。これまでは高出力を出そうとすると、発熱などで出力が安定しなかった。

 現在のBDは2層までだが、今後は層をさらに重ねた大容量BDの普及が見込まれている。三洋は生産技術の開発を進めて大容量BDに対応した高機能レーザーの量産化を目指す。青紫色レーザーは三洋のほか、日亜化学工業(徳島県阿南市)やソニー、シャープが量産している

世界一ノッポのパパに=中国人男性、57歳で長男誕生

世界一ノッポのパパに=中国人男性、57歳で長男誕生

世界一ノッポのパパに3日付の中国英字紙シャンハイ・デーリーによると、最新のギネス・ワールド・レコーズ(旧ギネスブック)で世界一長身と認定された身長236センチの鮑喜順さん(57)に長男が誕生し、世界で最も背の高いパパになった。

 鮑さんは内モンゴル自治区出身で、昨年7月、同郷で身長168センチの夏淑娟さん(29)と結婚。夏さんが2日、河北省遵化市内の病院で男の子を出産し、鮑さんも対面を果たした。

麻生首相 奔放な受け答えを連発 記者団とのやり取りで

3日で就任から10日目を迎えた麻生太郎首相が、記者団とのやり取りで「麻生スタイル」とでも言うべき奔放な受け答えを連発させている。

 9月29日には所信表明演説で民主党への質問は異例だという指摘を受けると、「確か3回目くらいの小泉(純一郎元)首相の所信表明って同じようなものじゃなかった? ここにいる人はその種のことを勉強したことがない」と言い放った。

 2日は衆院解散のことを何度も尋ねられて不機嫌になり、「あなたは上司から『聞け』と言われているんだろう。上司の頭の中の思考回路が分かるね。会社どこ?」と逆質問。麻生内閣が「選挙管理内閣」と呼ばれることも気に入らないらしく、9月29日に「選挙がなかった場合、何を管理するのかね」。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利