カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

シャチ 名古屋港水族館の人気者「クー」死ぬ

シャチ 名古屋港水族館の人気者「クー」死ぬ

名古屋港水族館のシャチの「クー」(メス、推定18歳)が19日午前7時55分、死んだ。クーは、高さ6メートルの豪快なジャンプを観客に披露するなど、水族館一の人気者だった。

クーは体長6.1メートル、体重2.7トン。同日会見した水族館によると、7月23日ごろ、通常50〜60キロ食べるエサを口にしなくなった。検査の結果、ヘルペスウイルスが見つかり、皮膚が炎症を起こすなどしていたため治療に専念していたが、9月上旬から発熱などの症状が出て、19日朝、プールの底に沈んで死んでいるのが見つかった。

 子供たちからは「早く元気になって」「もう一度、ジャンプを見たい」などと書かれたお見舞いの手紙が50通以上寄せられていた。内田至館長は「クーは多くの人になじまれており、とても残念。海洋生物の病理は不明な点が多く、クーの死を無駄にしないためにも、きちんと調査したい」と述べた。岐阜大獣医学部が詳しい死因を調べている。

 クーは人工繁殖の研究のため03年10月、和歌山県太地町のくじらの博物館から借り受けた。国内でシャチを飼育しているのは、鴨川シーワールド(千葉県)とくじらの博物館の2カ所の計7頭となった。【中村宰和、山田一晶】

「政治責任」強調の一方で省かばい 太田農水相、ちぐはぐな説明

誠に申し訳ない−。汚染された事故米不正転売問題をめぐり、18日の定例会見で辞意を表明した太田誠一農水相。発言が問題化することもある、いつもの会見とは一変して神妙な表情で会見に臨み、謝罪の言葉を口にした。ただ、事故米問題で「政治責任」をとったことを強調する一方、「農水省の対応で辞任したわけではない」と同省をかばうなど、ちぐはぐな説明もあった。

午後11時過ぎ、太田農水相は、予定時刻よりやや遅れて、報道陣が待ちかまえる農水省内の会見室に入ってきた。普段はクールビズでノーネクタイ姿も多いが、グレーのスーツにネクタイを締めている。顔はやや土色で、厳しい表情。疲れも見える。

 いつものように、淡々と閣議の報告をし、続いて官僚の用意したペーパーを読みながら、白須敏朗事務次官の辞任など、部下の人事異動を発表。それから、一息おいて「いま事務次官の人事について報告申し上げましたが、私自身のことは申し上げませんでした…」と辞意を切り出した。

 ときおり、言葉に詰まりながら、ゆっくりと理由を説明する太田農水相。「日本の食の安全は大丈夫、という国内外の評価を揺るがし、誠に申し分けない」と謝罪した。

 事故米調査途中で辞任する理由を問われると、「内閣の任期があと4日に限られているため」と、政治責任をとるために辞任したことを強調した。

 「農水省の対応は、消費者へ向いていなかったのではないか」との質問については、「自分がどこへ向いて仕事すべきか整理できていなかったのではないか。批判されるのはやむを得ない」と素直に認め、肩を落とした。

 一方で、事故米問題で「じたばた騒いでいない」と発言したことについては、「(内閣府の)食品安全委員会が安全といっている、ということを言った」と、やや声を荒らげて改めて弁解し、最後まで撤回を拒んだ。これまでに政府内でも批判を浴びてきたが、辞意は「私自身の決意」であることを強調した。

 また、「農水省の対応の甘さの責任を取ったのか」との質問には、「対応のことではない。これだけ社会的に大きな問題になったので、いずれは責任を取らなければいけないと思っていた」と農水省をかばった。

盗聴器 男性指導主事を停職1カ月に 大阪府教委

大阪府教委高等学校課の男性指導主事(48)が同課生徒指導グループの机の上に盗聴器を仕掛けていた問題で、府教委は18日、指導主事を停職1カ月の懲戒処分とした。府教委の聴取に対して「(同僚が)職場にふさわしくない会話をしていると思い、気になっていた」と動機を説明している。

 府教委によると、指導主事は8月下旬、親睦(しんぼく)会の下見で同グループの男女の職員が居酒屋に行ったことに対して不満を募らせ、男性職員に「2人で飲みに行くな」とのメールを送るなどした。こうした行為について指導主事は「職場の風紀の乱れを見過ごせなかった」との趣旨の説明をしているという。

太田農水相、福田首相に辞表提出 白須次官は更迭 後任に井出林野庁長官

太田誠一農林水産相は19日、カビ毒や基準値を超える農薬などで汚染された事故米の不正転売問題にからみ、辞任する意向を福田康夫首相に伝え、受理された。汚染米をめぐる混乱は、所管する農水省トップの責任問題に発展した。

また、同日午前の閣議で白須敏朗事務次官の引責辞任を了承し、後任の事務次官には井出道雄・林野庁長官をあてる人事を決めた。白須次官は同省の対応が混乱を招いたとして、事実上の更迭となる。

 同日午前の閣議後会見で太田農水相は「事故米の社会的大きさにかんがみ、農水相を辞職する決意を固めた」と述べ、汚染米問題での行政としての責任を明確化する考えを示した。首相からは「(辞表は)預かっておく」といわれたという。

 農水省は、米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)などによる汚染米問題にからみ、白須次官が11日の記者会見で「一義的には(不正転売した)企業に責任があると考えている。私どもに責任があると考えているわけではない」と発言。これをうけて、町村信孝官房長官は12日、白須次官を官邸に呼び「(農水省に)責任がなかったかのような発言が問題を増幅している」と厳重注意していた。

 農水省は三笠フーズなど業者に対する立ち入り調査の際、事前に業者側に検査時間を通告したことで、不正転売を見抜けなかったとして、監視態勢の不備を認めている。

太田誠一(おおた・せいいち)氏 昭和43年に慶大卒業後、福岡大助教授などを経て55年に衆院初当選。当選8回。62歳。自民党古賀派所属。総務庁長官、党人権問題等調査会長などを経て今年8月から現職。

 井出道雄氏(いで・みちお)東大法卒。昭和50年農林省入省。畜産部長、総括審議官、経営局長、官房長を経て平成20年1月林野庁長官。58歳。

日立 プラズマTVパネル生産から撤退 松下から調達

日立製作所は18日、年度内にプラズマテレビ用のガラスパネルの生産をやめ、来年度から松下電器産業から調達すると発表した。パネルの回路部分の生産と、パネルの組み立て、プラズマテレビの生産は続ける。ガラスパネルを外部調達して、負担の軽減を目指す。

 プラズマテレビのパネルをめぐっては、パイオニアが09年1月に自社生産から撤退する予定。部品から組み立てまで、プラズマテレビを一貫生産するのは国内で松下、日立、パイオニアの3社だったが、松下の1社だけになる。

 日立は08年度に「ウー」ブランドのプラズマテレビを90万台生産する計画。ただプラズマテレビの国内出荷シェアは薄型テレビの1割強で、液晶テレビに押されて出荷台数は伸び悩んでいた。

 薄型テレビはかつて、液晶、プラズマとも各メーカーがパネルを自社生産していた。しかし、投資負担が大きく、急速に生産集約が進み、巨額の投資を各社で分担する形へと変わってきている。液晶はシャープと松下、プラズマは松下など3社に絞られていた。

 ある大手電機メーカー幹部は「パネル製造を合理化しても、テレビ事業を取り巻く環境は厳しい。生き残り競争は続き、どの企業が勝ち残るかは不透明だ」と話している。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由