カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

温暖化でメスが増えるトカゲ

温暖化でメスが増えるトカゲ
温暖化でメスが増えるトカゲ
オーストラリアに、メスの個体数が増え、オスの個体数が減っているトカゲがいる。性別による個体数の偏りは、これまで種の繁栄に不利と考えられてきたが、このトカゲの場合、短期的には有利になっている可能性があるという。

 オーストラリアのタスマニア島にのみ生息しているスポッティド・スキンクという山岳トカゲは、地球温暖化による気温の上昇につれて、メスの個体数が増える傾向にある。 気温による性別の偏りは、ワニやカメなどほかの爬虫類でも見られる現象だが、若い成体の性別が偏ると繁殖に限りが生じるとして、スポッティド・スキンクは温暖化に伴い絶滅するのではないかと懸念されていた。だが、スポッティド・スキンクを調査した結果、メスの増加によって全体の個体数が増える可能性が示されたという。

 タスマニア大学のエリック・ワプストラ氏らは、2000〜2007年に野生のスポッティド・スキンクの観察を行い、生まれてくる子どもの性別とその時期の気温を記録した。その結果、平均気温の摂氏17度前後では主にオスが生まれるが、それよりも暖かい年にはメスが生まれやすくなることが確認された。

 このような現象が生じる理由ははっきりしていないが、かねてから提唱されている説では、環境に最も適応できる遺伝子が繁殖時に選択されるといわれている。この説に従うと、例えば温暖な状況がオスの生存に適している場合、温暖な条件下ではオスが多く生まれ、逆にメスの生存に適している場合には、メスが多く生まれるように遺伝子が選択されていることになる。

 今回、スポッティド・スキンクのケースでは、性別の偏りが絶滅の危機につながることはないという結果が示唆された。

 爬虫類においては1匹のオスが複数のメスと交尾することは珍しくなく、その場合、卵を産めるメスの数が結局は全体の個体数を決める要因になる。メスが増加しているスポッティド・スキンクもその例にたがわず、少なくとも短期的には全体の個体数が増える可能性がある。とはいえ、「温暖化が進むとスポッティド・スキンクを支える食物網が崩壊することもあり得るので、その点は注意が必要だ」とワプストラ氏は警告している。

 気温による性別の偏りは、種の進化によって阻止される可能性もある。高温の環境でオスの卵を産む、あるいは気温に影響されない子どもの卵を産むような突然変異のメスが出現することも想定されるという。そのようなメスの子孫が急激に増加して、そちらの系統が優勢になることも考えられる。ただし、このような進化が、急速な気候変動に追いつくペースで進むかどうかは分からない。

 サンディエゴ動物学協会のアリソン・アルバーツ氏は次のように述べている。「子どもの性別が環境温度に左右される種は、世界的な気候変動の影響を非常に受けやすいといわれている。特に寿命の短い種や、気温の上昇に行動の変化で対応できない種は最も大きく影響されるだろう。極端なケースでは残念ながら在来種が絶滅することもあるかもしれない」。

客室乗務員姿のエビちゃん、20代最後の誕生日「特別な日になりそう」

客室乗務員姿のエビちゃん20代最後の誕生日
客室乗務員姿のエビちゃん、20代最後の誕生日「特別な日になりそう」
人気モデルの蛯原友里が3日(金)、都内で行われた「蛯原友里×ANA×TBS×福助 コラボレーションストッキング『f*ing BIZWALK』」の発表会見に、ANAの客室乗務員姿で出席した。29歳の誕生日を迎えた蛯原はサプライズとして用意されたケーキを前に、今日は特別な日になるか聞かれ「そうですね、なりそうです」と微笑んだ。

蛯原はTBS『王様のブランチ』の企画内で、ANAの客室乗務員とともに“働く女性のためのこだわり美脚ストッキング”をテーマに機能面とデザイン面で意見を出し、「着圧があるので履くときはちょっときついけど、長時間履いていると肌なじみがよく、満足するものが出来ました」と、コラボレーションストッキングの仕上がりに自信をのぞかせた。

 会場では、3日が誕生日という蛯原のために特大ケーキのプレゼントが用意され、予定になかった展開に驚いた蛯原は「私なんかのためにサプライズをありがとうございます」と感激。20代最後の1年をどう過ごすか聞かれ「私を支えてくれる皆さんと一緒に感謝の気持ちを忘れず過ごしていきたい」と目を輝かせた。

 「蛯原友里×ANA×TBS×福助 コラボレーションストッキング『f*ing BIZWALK(エフィング・ビズウォーク)』」は、「特別な日に履いてもらいたい」という、デザイン性により優れたプレミアムバージョンと「普段使いに」というリーズナブルなスタンダードの2パターンでそれぞれブラックとベージュの2色が発売中。制作過程の模様は4日(土)に『王様のブランチ』(TBS系)内で放送。

品川駅まで徒歩10分新築マンション 2千万円台もある「驚愕価格」

品川駅まで徒歩10分新築マンション 2千万円台もある「驚愕価格」

品川駅まで徒歩10分新築マンション 2千万円台もある「驚愕価格」
品川駅まで徒歩10分新築マンション 2千万円台もある「驚愕価格」
マンションは売れ残りが続出し、深刻な不況といわれる中で、東京都内ではまだまだ人気物件がある。不動産調査会社の東京カンテイは「中古マンション市場は活況を呈している」といい、高嶺の花と思われていた都心部の新築物件でも、住友不動産の「シティタワー品川」は即日完売した。品川駅から徒歩10分で、価格が2LDK〜4LDKで2247万円〜4347万円というから驚きだ。

■中古物件の販売「首都圏20万件は間違いない」

 東京カンテイによると、2008年1月から8月までに首都圏で売れた中古マンションは、15万9553件。07年の年間実績は18万2741件で、「価格が高騰する前の06年(19万3666件)を上回る、20万件超のペース。昨年を上回ることは間違いありません」(市場調査部)と話す。築10年以内で、最近のマンションと設備や管理がほとんど変わらない物件が売れ筋で、新築マンションが高値で手が出なくなった購入者層が、割安な中古物件に流れたとみている。

 08年8月の首都圏の中古マンション(3LDKタイプ)の価格は、7月の3143万円から1.9%下落して3082万円となり、5か月連続で下落。東京都は1.4%、千葉県で1.2%下落、神奈川県と埼玉県は横ばいだった。下落幅は、07年に価格が急上昇した都心部(東京都23区)ほど大きい。

 「新築物件が在庫処分などでまだ値下がりするでしょうから、中古市場の調整も進むといえます。割安感があるエリアから売れていくと思われます」と話す。

■PRしていないのに、購入希望者殺到、最高倍率378倍

 驚くことに、こうした中古マンションの価格を下回ろうかという新築マンションがあった。住友不動産が売り出した地上43階建て、総戸数828戸の「シティタワー品川」は、JR品川駅まで徒歩10分の大都会の一等地にもかかわらず、最多価格帯3200万円のファミリータイプのマンション。2LDKタイプの最低価格はなんと2247万円と、中古物件よりも1000万円近く安い。

 ほとんどPRしていないのに、購入希望者は殺到。9月5日には公開抽選会が行われ、25階の3LDK+納戸+3ウォークインクローゼット(114.27平米)は、最高倍率378倍だった。

 激安のワケは、「定期借地権」にある。この土地の持ち主である東京都が、マンション建設にあたり住友不動産に付けた「条件」だった。定期借地権の設定で、東京都は土地を売却せずに、期限を付けて住友不動産に「貸し出した」。住友不動産は72年後、東京都にこの土地を更地にして返すが、それまでの間は借地料を支払うことになり、それはマンションを買った人が住宅ローンと借地料分を支払っていくことになる。

 これだけの安値だから、買った物件を転売したり、貸して儲けようとする人が出てくることも考えられる。このため、東京都は法人の購入を認めず、また5年間は必ずそこに住むことも「条件」に付した。

 当の住友不動産は、「東京都のコンペ物件で、定期借地権の活用も都からの条件。こうした物件は稀なケースで、価格面でも他の物件とは一概に比べられない」と、激安人気には困惑ぎみだ。今後、定期借地権付きの物件を積極的に取り扱っていくわけでもない。

 採算を度返ししたような「異常」な安値に、ある不動産関係者は「これはあくまで例外物件。市場への影響もあまりないのではないか」とみている。

トヨタ ゼロ金利キャンペーンを開始…7割対象に

トヨタ自動車は3日、米国で販売しているトヨタブランド車の7割を対象に、自動車ローンの金利をゼロにするキャンペーンを開始したと明らかにした。トヨタが米国で大規模な「ゼロ金利」を展開するのは初めて。米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に端を発した市場低迷が深刻なため、実質的な値下げで販売をてこ入れする。

 11月3日までの約1カ月間実施。トヨタブランド全15車種のうち、主力の小型車「カローラ」や個人用トラック「タンドラ」など11車種に適用する。ハイブリッド車「プリウス」や高級ブランド「レクサス」などは対象外。

 米国の新車市場は金融危機で急激に悪化しており、トヨタも9月の販売台数が32・3%減と大幅に落ちた。すでに現地の一部工場を休止するなど減産に取り組んでいる。

 ゼロ金利キャンペーンは米大手3社(ビッグスリー)がしばしば使う手法。販売増は期待できるが、中古車相場の下落などを通じブランドイメージを損なう危険もある

塚地が美里を歌う!軽妙アレンジ「マイ★レボリューション」

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅(36)が女性4人組「Missing Link(ミッシング・リンク)」とユニットを組み、渡辺美里(42)の代表曲「My Revolution」をカバーすることが2日、分かった。「マイ★レボリューション」として29日に発売。11月1日には主演する映画「ハンサム★スーツ」(英勉監督)が公開。当初「My−」が同作の主題歌となっていたが、「マイ−」が新たにもう1つの主題歌として加わることも決定した。

 お笑い芸人・塚地がユニット「Missing Linkと塚地武雅(ドランクドラゴン)」を結成。4人の“ガールズ”を従え名曲をカバーすることになった。

 渡辺美里の「My−」は、塚地にとっても思い出の曲で「中学生のころに『ザ・ベストテン』でPV映像が流れたときに『何や、この曲』と思って、急いでラジカセを持ってテレビから録音した。その1発目の曲で運命的な曲でもある」という。

 「My−」は映画「ハンサム−」の中で、主人公(塚地)の応援ソングとして何度も使われ、塚地やほかのキャストも歌っているが、今回発売される「マイ−」は軽妙なリズムにアレンジしたものになっている。

 オリジナルはエンドロールで流れる主題歌としても起用されているが、塚地が歌うカバー版も、もう1つの主題歌として起用。異例の“W主題歌”となった。

 塚地がユニットを組む「ミッシング−」は、06年2月にデビューしたガールズユニット。最近では昔のヒット曲をカバーする活動も展開。その1つとして、偶然にも「My−」のカバーも作っていたことから、そのデモ音源が映画関係者の耳に入り、コラボが実現した。

 塚地は「邪魔してるんちゃう?」と、4人に対して恐縮してみせたが、MEGU(24)は「私たちミーハーなので(笑い)。サビの部分がすごく難しかったけど、塚地さんが入ったことによって理想に近づいた」と、初めて迎える男性ボーカル・塚地の加入を歓迎した。

 まだ渡辺美里への報告は済んでいないというが「まずは『スイマセン』というところから…」と塚地。しかし、出来栄えには「(オリジナルに)負けてないと思う。世代を超えた曲になっている」と自信たっぷり。映画とともに大ヒットを狙う。

カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利