カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

東京国際映画祭、受賞作発表!東京サクラグランプリは、満場一致で5か国合作『トルパン』!

 26日、第21回東京国際映画祭が最終日を迎え、渋谷Bunkamuraオーチャードホールでクロージングセレモニーにて各賞が発表され、コンペティション最高賞である東京サクラグランプリには、カザフスタンの広大な自然を舞台に、一人前の羊飼いになろうと奮闘する青年を描いた映画『トルパン』が輝いた。

 同作は東京サクラグランプリと同時に、セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督が最優秀監督賞も受賞し2冠を達成。まさに今年の映画祭の顔となった。『トルパン』はドイツ、スイス、カザフスタン、ロシア、ポーランドの合作映画で、今年のカンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを受賞しており、監督は本作が長編劇映画デビュー作となる。

 壇上であいさつに立ったドヴォルツェヴォイ監督は2冠達成に驚きを隠せない様子だったが「スタッフ、キャストともに不可能を可能にしようとカザフスタンの厳しい自然の中で撮影に頑張ってくれた。僕は主人公二人のエネルギーを引き出しただけ」と一緒に来日した主演のアスハット・クチンチレコフ、サマル・エスリャーモヴァの健闘を称えていた。また撮影後、事故で亡くなってしまったキャストの少年に対し、哀悼のコメントを述べていた。

 審査員長を務めたジョン・ヴォイトは「各賞とも審査は白熱したが、作品賞は満場一致だった」とコメント。「超芸術的というべき作品で、複雑化する現代を生きるわたしたちに、本来あるべき心のありかを教えてくれた」と惜しみない賞賛を送り、審査員の一人である女優の檀ふみも「どのようにすれば、こういう作品が作れるのか想像できない」とドキュメンタリーともフィクションとも判断つかない作風に驚いていた。

 また、ヴォイト審査員長は今回のコンペティション部門審査を振り返り「国際色豊かな作品群に触れ、わたしたちは文字通り、映画という名の翼に乗って世界中を旅することができました。芸術こそが人間愛なのです」と感動的なスピーチを行ったほか、ステージ上に登場したボランティアスタッフたちと気さくに言葉を交わすなど、今回の東京国際映画祭を心から楽しんだ様子だった。

 なお、授賞式後には特別招待作品映画『WALL・E/ウォーリー』がクロージング上映された。

桑田佳祐、天国の姉をラジオで追悼「怒られないよう頑張る」

桑田佳祐、天国の姉をラジオで追悼「怒られないよう頑張る」

 「サザンオールスターズ」の桑田佳祐さん(52)が25日深夜、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「SATURDAY NIGHT CRUISE 桑田佳祐のやさしい夜遊び」(土曜・後11時)に生出演し、19日にがんのため死去した姉の岩本えり子さん(享年56歳)をしのんだ。「リスナーの方々はご存じかと思いますが、姉が天国へと旅立って参りました」と報告。生前の思い出を語るなど、最愛の姉を追悼した。

 番組冒頭、桑田さんは姉の死について口を開いた。「私の姉がですね、19日の夜でしたね。茅ケ崎の病院で亡くなりましてね…」約6分間、ともに過ごした思い出をひとつひとつ振り返った。

 えり子さんの死去後、ファンに向けての初めての肉声。病状について自らの口から説明した。2月末ごろから体調を崩してがんの診断を受けたこと、25日に神奈川・茅ケ崎で密葬を済ませたことなどを明かし、「生前にお世話になったお友達、お仲間、私の友人に来ていただきまして。うれしかっただろうな、姉貴は。うらやましいくらい」。ただ時折「ちょっと若いね」、「頑張っていたんだけどね」と、早すぎた最期に悔しさをにじませた。

 この日は、番組内容を一部変更して放送した。当初予定していた「生歌アーカイブ!」から「えり子さんが生前に愛していたと思われるナンバー」に変更。ひつぎの中に入れられたという米黒人女性歌手のサラ・ヴォーンさんの楽曲、ビートルズの楽曲など、天国の姉に語りかけるかのようにメロディーが流された。

 姉の死去から6日しか経過していないにもかかわらず、桑田さんはリスナーの前では気丈に振る舞った。それは大切なファンの声援があったからこそだ。

 ラジオ番組のホームページ内の掲示板には、訃報(ふほう)を知ったファンから「心よりご冥福(めいふく)お祈り申し上げます」などお悔やみの声が多数届いた。同日深夜までに少なくとも300件以上のコメントが寄せられている。反響の大きさを感じてか、桑田さんは「ご心配をおかけしましたけど、温かい励ましのメッセージをありがとうございます」と、何度も感謝の言葉を繰り返した。

 「これからは姉に怒られないように、迷惑をかけないように頑張りますので一つよろしくお願いします」と語った桑田さん。「姉貴と天国で、いつか会ってカラオケをしたりするのを楽しみにしている」その夢のために、姉に歌声を送り続ける。

グランプリは史上初の小学生、高田光莉さん 『第33回ホリプロタレントスカウトキャラバン』

 女優の深田恭子、石原さとみらを輩出してきた『第33回ホリプロタレントスカウトキャラバン』決勝大会が、26日(日)都内で行われ、グランプリに静岡県出身12歳の高田光莉さんが選ばれた。同オーディション始まって以来初の小学生グランプリとなった高田さんは「頂点に立ったので、演技もアクションもいろんなことができる女優さんを目指したい」と涙ながらに喜びを語った。

 応募総数36,312名が集った今年は、女優、ビューティー、ワイルド、元気をコンセプトに33回目にして、初のアクションもできる本格派女優の発掘を目的としたという。ファイナリスト8名には殺陣などの演技審査も行われ、将来性を評価された高田さんがグランプリを獲得した。

 緊張した面持ちで報道陣のインタビューに臨んだ高田さんは「お母さん、お父さんに(同オーディションを)教えてもらった。ありがとうって伝えたいです」と満面の笑み。目標とする女優には石原さとみを挙げ「凄いキレイでいろんな演技ができるので。そういう風になりたい」と闘志を燃やした。

 今回のオーディションへの参加は、クラスメイトは誰も知らないそうで「学校中が大変になるかもしれない。けど、自分の夢が叶ったので、ちゃんと友達に報告したいです」。さらに「修学旅行はまだ。(行く場所は)ディズニーランドや最高裁判所です」と初々しい表情で語り、報道陣も思わず表情を緩ませっぱなしだった。

 前年のグランプリ・足立梨花が花束贈呈に駆けつけ「大変なことがあるかもしれないけど、一緒に頑張りましょう」とエール送った。また、特別賞には岡山県出身15歳の安井美咲さんが選ばれた。

妻夫木聡に松ケンからダメ出し!?

俳優の妻夫木聡(27)が25日、都内で開催されている東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されている主演作「ブタがいた教室」(11月1日公開)の舞台あいさつに出席、後輩俳優の松山ケンイチ(23)からダメ出し?された。
 クラスでブタを飼育し、食べることで命の学習をしようと取り組んだ新米教師と生徒たちの実話が原作で、妻夫木は担任の星先生を演じた。
 あいさつ後には観客と質疑応答が行われたが、最後に指名されたのがプライベートで見に来ていた松山。「妻夫木さんは、教室と職員室では演技が違いますが?」と鋭い質問をされると、所属事務所の先輩でもある妻夫木は「まさか後輩にダメ出しされるとは」と苦笑い。「子供たちに教師としてどう伝えるかを考えた」と答え、松山を納得させ、貫禄を見せた。

泰葉、出演イベントを“ドタキャン” 弟・いっ平が「どうもすいません」

離婚を機に“再歌手デビュー”することが明らかになったタレント・泰葉が26日(日)、都内で行われた『上野公園音楽祭』の出演を急遽“ドタキャン”した。会場には弟で落語家の林家いっ平が急遽駆けつけて謝罪。報道陣に取り囲まれると「体調不良だった」と説明した。だが、元夫・春風亭小朝への暴言や同イベントで歌唱予定だった「蓮花」について谷村新司の事務所との認識の違いから“歌唱禁止騒動”に発展。悪い流れを断ち切ることができないまま、またも騒動を起こす形となった。

 同イベントを主催した上野観光連盟の二木会長の話によると、昨年11月に元夫・小朝と離婚した泰葉が今年3月、元々東京大空襲の鎮魂の想いを綴った「蓮花」を熱唱。イベントの途中で気を失い倒れたことから注目が集まった。その後、歌手活動再開に向け準備を進めていたなかで、今回の音楽祭での歌唱披露が決定。告知ポスターにも特別ゲスト扱いで彼女の大きな写真が掲載されていた。

 ただ、その後「蓮花」の楽曲を提供した谷村の所属事務所とのトラブルを泰葉が自身の公式ブログで告白。「歌えなくなったのでイベントには出ない」と記したが、その後義理や人情を大切にする母・海老名香葉子らの説得によりイベントで挨拶することに同意。ただ、そのブログも元夫で落語家の春風亭小朝を「金髪豚野郎」と過激に表現し閉鎖に追い込まれるなど、トラブル続きだった。

 イベント終了後、インタビューに応じたいっ平は「姉が37度の熱を出し、母から代理出席を頼まれ急遽駆けつけた。姉は今後、音楽に集中するのが一番いいと思うし、家族としてもそれを後押ししたい」とコメント。一方、二木会長も「来年はいっ平さんの林家三平襲名という大きな行事もあるし、皆が笑顔で迎えられるようにしたい。親戚を含め今の関係は、間違いなく悪い流れになっていると思うが、いろんな騒動で精神的に相当参っていることが(音楽祭欠席の)理由の1つになったと思う」とコメントした。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「芸能史上類を見ない赤っ恥」戸田恵梨香と成田凌、熱愛報道のウラで潰されたスクープ
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • まるでシュワちゃん!完璧な肉体を維持する62歳男性 中国
  • サイバーエージェントの手により「R25」がWebメディア「新R25」として復活
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。