カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます
毛ガニ通販

朝日新聞がテレ朝株を一部放出、業務提携めぐり系列財団へ

朝日新聞社は、保有するテレビ朝日の株式2万120株を、26日付で朝日新聞文化財団に寄付した。

 時価で約31億円分に相当するという。朝日新聞によるテレ朝株の保有比率は約30・9%から約28・9%に低下したが、筆頭株主の立場は変わらない。

 同社は6月、テレビ朝日と、株式持ち合いや番組・紙面の連動強化などの新たな資本・業務提携を発表した。

 会社法の規定では、朝日新聞がテレ朝株を25%以上持ち続けた場合、テレ朝は朝日新聞の株主総会で議決権を行使できない。このため、朝日新聞は保有比率を25%未満まで引き下げる方針で、「複数の企業と株式の譲渡交渉を続けている」という。

ガソリン税などを環境税に=斉藤環境相

斉藤鉄夫環境相は27日、広島市内で開かれた公明党の会合で講演し、「道路特定財源を一般化する中で、ガソリン税や軽油引取税など温暖化に直結した部分については、税率を変えずに環境税化するという手法でぜひ導入したい」と述べ、道路財源の一部を転用する形で環境税導入を目指す考えを示した。 

酒、サバ缶、エアコン… 10月も値上げぞくぞく

燃料高や原料高を背景とする値上げが止まらない。原油価格などの上昇は9月以降落ち着きつつあるが、最終品の価格に反映されるまでには時間がかかるうえ、原料価格の上昇は依然続いている。10月から値上げされる商品もワイン、豆乳製品、サバ缶詰といった食品から、エアコン、パソコンといった年末商戦にかかわるもの、さらには単価の大きい自動車などと広範にわたるだけに、家計のやりくりはますます厳しさを増しそうだ。


 10月の値上げは、依然として「原料である魚の価格が高騰している」(マルハニチロ)、「段ボールなどの包装材などに加え、新興国の需要増で輸入ぶどう果汁の価格が急騰している」(サッポロビール)といった原料価格の上昇を背景とするものが目立つ。

電機メーカーも「銅や鉄といった資材の一括購入など、コスト減の取り組みを進めているが、原材料費の高騰が進み限界」(三菱電機)。自動車業界では、3社が小型トラック・バンなどの一部商用車を値上げする。収益の大半を稼ぎ出す乗用車部門は「(プライスリーダーである)トヨタが上げないと、他社はできない」(メーカー首脳)が、輸入車ではメルセデス・ベンツ日本は原材料高や原油高に伴う輸送コストの上昇で「価格転嫁せざるを得なくなった」として値上げに踏み切る。

10月からは、政府の小麦売り渡し価格も10%引き上げられる。これを受け、日清製粉や日本製粉、昭和産業など製粉大手が10月下旬から11月にかけ順次、小麦粉を値上げする。

 小麦粉を主原料とする製パンやめんなどのメーカーからは「価格転嫁しなければならない」(製パン大手幹部)との悲鳴にも似た声が聞こえる。

 ただ、平成20年1月に大手が相次いで値上げした即席めんは、買い控えで売り上げを大きく落とした。製パンも19年12月、20年5月に続く3度目の値上げとなり「5月の値上げでは、販売数量が落ち込んだ」(製パン大手)。また、流通業界では「所得が増えていない現状では、消費者の節約志向が強まるのは当然」(セブン&アイホールディングス)としている。


 頻繁な値上げによる買い控え懸念も強まるなか、大手スーパーからは「販売価格に転嫁できる状況にはない」との声も出ており、どこまで消費者価格に転嫁されるかは不透明さも残る。

大相撲 元若ノ鵬が八百長裁判に証人出廷へ

「週刊現代」による大相撲の八百長報道で、日本相撲協会と力士が、発行元の講談社などに損害賠償と謝罪広告掲載を求めた訴訟をめぐり、8月に大麻取締法違反(所持)で逮捕されたロシア出身の元力士、若ノ鵬(20)が、「週刊現代」側の証人として出廷する意向を表明した。29日に記者会見を開く。

 裁判では、06年九州、07年初場所の幕内力士らが「事実無根」として原告となっている。若ノ鵬の新入幕は07年九州場所で、原告団には入っていないが、幕内には5場所在位し、朝青龍や白鵬とも対戦した。週刊現代側によると「相撲界に存在する八百長問題を告発したい」としている。

「写真が下手」で逮捕状発付されず 男性を釈放 奈良県警

傷害事件の証拠写真が不鮮明で逮捕令状が発付されなかったとして、奈良県警高田署は28日、女性の手首にけがをさせた傷害の容疑で緊急逮捕した同県橿原市内の男性会社員(43)を、約6時間後に釈放したと発表した。

 同署によると、男性は容疑を否認したが、手首のあざを写した写真を証拠に奈良地裁に逮捕状を請求した。ところが写真が不鮮明で傷害が認められないとされたという。

 同署の調べでは、男性は同日午前6時50分ごろ、同県大和高田市内の飲食店で、客の女性(27)の左手首をつかむなどして、皮下出血のけがをさせた疑い。

 駆けつけた署員は、女性や店員らの証言をもとに逮捕したという。同署は「手続きは適正だった」とし、引き続き傷害の疑いで捜査する方針。

カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
  • 「叙々苑」がミシュランガイドに掲載されない理由
  • 小出恵介「淫行騒動」ネットで噴出するハメられた説
  • ドンキが国内最安の50インチ4Kテレビを発売へ、まさかの東芝製メインボード採用
  • ドンキが国内最安の50インチ4Kテレビを発売へ、まさかの東芝製メインボード採用