カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

ゴルフ 66歳熱血!青木【生涯現役】宣言

ゴルフ 66歳熱血!青木【生涯現役】宣言

エージシュートでの劇的逆転優勝から1年。前年優勝者として迎える「日本シニアオープン」(10月23〜26日)を前に、青木功が16日、開催コースの埼玉県・狭山GCで会見し、「オレは死ぬまで現役」と宣言。日本の若いプロゴルファー、そして同年代のファンへ向け、「オレの生き様を見ろ!」とばかりに熱いメッセージを送った。

 20歳前後の修業時代を近隣コースの研修生として送った66歳の青木はこの日、「35年ぶりに来た」というコースでハーフ31のスコアを記録。年齢より少ないスコアでホールアウトする“エージシュート”の再現を予告し、「いっぱい思い出のあるコースで、何となくオレが勝てそうな気がするんだ」とご機嫌だった。

 今季は主戦場の米シニアツアーで23位が最高成績だが、「去年、11年ぶりに優勝して『バンザーイ!』って毎日乾杯してたら、ベスト体重より2キロ重い84キロになっちゃった」ため。「大会に向けて、体重を落とそうと一生懸命トレーニングしてるよ」と意気込む。

 「緑寿」を迎え、普段から考えるところもあるのだろう。「若いときから見に来てくれてる人は、オレと同年代だから、会社を退職して楽してるころじゃない。自分の理想に近付こうと、まだ頑張っているアオキを見てもらいたいね。興味を持てば、何でもやれるはず」と上機嫌で“熱い言葉”が止まらない。

 「引退? ゴルフが好きで好きでしょうがないから、ゴルフができなくなるまで現役だね。オレは、できなくなるのは待ってない。(死ぬまで)できるようにするんだよ!」

 そして、海外挑戦しては砕け散る若いプロに対しては「それが今の人のゴルフなのかなとも思うけど、ぬるま湯に漬かってる」と一喝した。「いいところだけ獲りに行ってもダメ」と、マスターズや全英オープンなどのメジャーにだけ出場して、結果を出せずに帰国する姿勢をバッサリ。

 「オレは世界で一番ゴルフがうまいと思って試合に出ている。気力だよ。じゃなきゃ、66で50歳の人と一緒にやらないよ。3位になったら『今週はオレよりうまいのが2人いた』と思うだけ」と意気軒高だ。

 青木とは49歳差の少年にばかり期待が集中する現在のゴルフ界。技術だけでも、口先だけでもない、本物のベテランの存在感は光を増して見える。

リーマン系列2社が民事再生法適用を申請=帝国データ

帝国データバンクによると、米リーマン・ブラザーズの経営破たんやリーマン・ブラザーズ証券などの民事再生法の適用申請を受け、同証券の系列会社であるサンライズファイナンス(東京都港区)とリーマン・ブラザーズ・コマーシャル・モーゲージ(同)が16日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。
 負債額はサンライズファイナンスが3639億5300万円(5月末時点)、コマーシャル・モーゲージが3844億5800万円(同)で2社の合計は7484億1100万円。
 サンライズファイナンスは1998年1月設立。金融機関などからの債権買取、事業資金の貸付などを行っていた。コマーシャル・モーゲージは2001年12月設立された不動産担保融資の専門業者。

日銀が短期市場に3兆円供給、リーマン余波の金利高騰防ぐ

日本銀行は17日、金融機関が資金を貸し借りする短期金融市場に2回にわたり計3兆円の資金を供給した。

 米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻(はたん)を受け、短期金利が過度に上昇するのを防ぐためだ。日銀は前日も2回で計2兆5000億円の資金供給を行っている。短期金融市場ではリーマン破綻を受け、外資系金融機関などが資金を調達しにくい状態が続いている。

ミドリムシが地球を救う

ミドリムシが地球を救う

世界規模で直面している地球温暖化と食糧危機への手だてとして、ミドリムシを活用する研究が進んでいる。原生動物でありながら光合成をするミドリムシは二酸化炭素(CO2)の固定効率が高いだけでなく、人間に必要な栄養素のほとんどを作り出せる。東京のベンチャー企業が大量培養に乗り出したほか、大阪の老舗昆布店は高い栄養価に着目、食品への応用に向け研究を続けている。

 ミドリムシは学名を「ユーグレナ」といい、水田などの淡水に生息。体長は30ミクロン〜50ミクロンで尻尾のような鞭毛(べんもう)を動かして運動する一方、葉緑素を持ち光合成を行う。地球上で唯一の動物と植物の中間的微生物だ。

 「これほど環境浄化に優れた生物はいない」と話すのは、約30年ミドリムシを研究している甲子園大栄養学部教授(生物化学)で、大阪府立大名誉教授の中野長久氏(64)。中野氏によると、光合成によるCO2の固定効率は、イネが0.7%、トウモロコシが1.5%に対し、ミドリムシは30%。炭素濃度が高ければ固定効率はさらにあがり「25%のCO2が含まれる鉄工所の排煙なら固定効率は78%になる」という。

 約5年前には電力会社と共同研究を実施。50万キロワットの火力発電所が1日に出すCO2約4300トンをミドリムシに吸収させるには縦横800メートル、深さ1メートルの巨大水槽で培養する必要があることを弾き出した。ただ、実際に水槽を作り、維持管理するには1000億円以上の費用がかかることから、実用化は見送られた。

 ミドリムシの特徴はCO2固定効率だけでない。水や栄養塩、太陽光とCO2だけで、必須アミノ酸や必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど人間に必要な栄養素のほとんどを作り出すことができる。仮に実用化が見送られた巨大水槽でミドリムシを培養、乾燥させた場合、1日に5000トン、カロリー換算では19万人分以上の食料の生産が可能になるという。中野氏は大阪府立大の研究メンバーとともに乾燥させたミドリムシ入りのクッキーを開発した。

 こうしたなか、ミドリムシの培養に本腰をいれる企業も現れた。3年前、東京のベンチャー企業「ユーグレナ」が大阪府立大や東大、近畿大などと連携し、沖縄県・石垣島で屋外大量培養に成功。同社は「排出権取引ビジネスにも応用できる」と期待を寄せる。

 一方、高い栄養価に着目したのは、大阪の老舗昆布店「こうはら本店養宜館」。ユーグレナ社から協力を受け、自社の塩昆布にミドリムシの栄養成分を溶け込ませた新商品やサプリメント(栄養補助食品)の開発に挑戦している。

米株式、反発=AIG救済期待で

【ニューヨーク16日時事】16日の米株式相場は、証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)に続き、資金繰り難に陥っている保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の将来に対する不安が広がる中、終日にわたって不安定な商いが続いた。ただ、米政府がAIGの救済を検討しているとの報が市場に伝わるにつれて上伸に転じ、ダウ工業株30種平均は前日終値比141.51ドル高の1万1059.02ドルで取引を終えた。ハイテク株中心のナスダック総合指数も27.99ポイント高の2207.90で終了。
 ダウは前日、2001年9月の米同時テロ直後以来となる史上6番目の下げ幅を記録していた。
 この日は「AIG救済のうわさに振り回される1日」(市場関係筋)となった。米CNBCテレビは、政府によるAIG救済が議題に上っていると報道。これを受け、AIGは破綻を免れるとの期待が高まった。 
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由