カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

事故米転売 販売業者など90カ所以上を訂正 農水省

事故米転売 販売業者など90カ所以上を訂正 農水省

農水省は17日午前0時前になって、三笠フーズ(大阪市)の汚染米転売の流通販売先の業者数を377から375に訂正した。給食に出した業者として発表した近畿の2社が誤っていた。京都市修徳特養ホームには流通しておらず、日清医療食品の流通先が重複していた。さらに、社会福祉法人が社団法人になっていたり、業者名や住所の一部表記を誤るなど計90カ所以上を訂正した。

▽親玉本店(滋賀県長浜市)
▽肥後ふるさと万頭(熊本県八代市)
▽お菓子のふくさ屋(同)
▽お菓子のさとう(宮崎市)
▽上野静華堂(同)
▽つるや菓子舗(宮崎県延岡市)
▽三原菓子店(宮崎県綾町)
▽おかしの冨士屋(鹿児島県鹿屋市)
▽東京屋菓子店(同)
▽天巳大神神路本部(和歌山市)
▽お菓子処かわしま(鳥取県倉吉市)
▽かめや菓子本町店(島根県益田市)

爆発物 トヨタ工場に2発? けが人はなし 福岡・苅田町

爆発物 トヨタ工場に2発? けが人はなし 福岡・苅田町

福岡県警行橋署は17日、同県苅田町苅田のトヨタ自動車九州小倉工場敷地内にある変電所で16日午前8時半ごろ、計器板のガラスが割れ、約10メートル離れたコンプレッサー室前の砂利土がえぐれているのが見つかったと発表した。現場には直径約60センチ、深さ約10センチの穴があいており、周辺に金属片が散乱していた。二つの場所が離れていることなどから、変電所そばの県道からフェンス越しに手投げ弾のような爆発物が2発投げ込まれた可能性があるとみて、器物損壊容疑で捜査している。けが人はなかった。

 調べでは、15日午前1時55分ごろ、工場正門付近にいたガードマンが何らかの振動を感じていたという。同社苅田工場に15日昼前、男の声で小倉工場を建設した大手ゼネコン名を挙げ「(そこを)今後も使ったらやりますよ」という脅迫めいた電話があった。同署は暴力団関係者による犯行の可能性があるとみて調べている。

 小倉工場を巡っては、昨年11月にも、このゼネコンの現場事務所が放火される事件が起きた。今回同様の脅迫めいた電話もあり、同署が関連を調べている。

 このゼネコンを巡っては、昨年11月、北九州市八幡西区で、共同企業体の工事事務所に発砲される事件も起きている。

民主党・国民新党が合併へ

国民新党の綿貫代表は17日昼、党本部で開いた両院議員総会後に記者会見し、民主党との次期衆院選前の合併について、「民主党から協力(合併)という話が内々に来たが、協力できればという考えは持っている」と述べた。

 民主党から正式提案があれば、合併を受け入れる方向で党内手続きに入る意向を示したものだ。

 これに先立ち、民主党は17日午前、党本部で小沢代表と菅代表代行、輿石東参院議員会長、鳩山幹事長ら幹部が協議し、18日にも国民新党に次期衆院選前の合併を正式に提案する方針を決めた。18日に臨時の役員会と常任幹事会を開き、民主党内の了承を得たい考えだ。これを受け、菅氏が国民新党の亀井静香代表代行に電話でこうした方針を伝えた。

 民主党幹部は「自民党の新総裁が選ばれる22日に両党の合併合意をぶつけたい」としている。

AIGに9兆円融資=政府80%の株取得権、実質管理下へ

AIGに9兆円融資=政府80%の株取得権、実質管理下へ

ワシントン16日時事 米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、経営不振の米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)に対し、同社資産を担保に最大850億ドル(約9兆円)を融資すると発表した。見返りに米政府は、同社株式の79.9%の取得権を獲得し、AIGは実質上、政府管理の下で再建を図る。米国では、政府系住宅金融会社の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が、政府管理下に置かれたばかり。
 FRBは「AIGの無秩序な破綻(はたん)は金融市場の不安定さを一段と増幅させる」と指摘。「融資は、経済の混乱を最小限に抑えながら、秩序ある方法で同社が特定の事業を売却するプロセスを容易にするものだ」と強調した。
 融資の期間は24カ月。一部子会社の株を含むAIGの資産を担保に取る。返済資金は資産売却で捻出(ねんしゅつ)する見込み。 

mF247譲渡、交渉権はひろゆき氏に クエイクの事業プラン却下

mF247譲渡、交渉権はひろゆき氏に クエイクの事業プラン却下

インディーズ音楽配信サイト「mF247」(8月末で休止)の事業譲渡について、オークションで優先交渉権を得たクエイクとの交渉がまとまらず、破談になっていたことが分かった。クエイクの事業プランを、サイト運営元のに・よん・なな・ミュージック(247music)が却下したという。優先交渉権は、オークションで次点だった2ちゃんねる管理人・西村博之(ひろゆき)氏に移る(ひろゆき氏「がんばってみますー」 mf247の事業プラン策定へ)

 「我ながらいいプランだと思ったんだが……」――クエイクの加藤和宏社長は肩を落とす。

 加藤社長のプランは、誰でも楽曲を配信できるスペースをmF247に新設するというもの。mF247は審査に通ったアーティストのみ配信できたが、審査不要のスペースも作って参加ミュージシャンを増やし、アクセスを増やす──という計画だった。プランは「ユーザーの理解も得たい」とクエイクのサイトでPDFで公開している。

 加藤社長は「いけると思った」が、247musicはこのプランを却下。期限の9月10日までに交渉がまとまらなかった。247musicは、却下の理由は「公表できない」としている。加藤社長も聞いていないという。

 mF247事業譲渡の優先交渉権は、8月末に「Yahoo!オークション」で競売。クエイクが次点のひろゆき氏と1000円差・1000万2000円で落札していた。

 交渉がまとまらなかったため、247musicはクエイクに手数料を引いた落札額を返還。今後、ひろゆき氏がオークションの成立に同意して入金すれば、ひろゆき氏と交渉を始める。

●クエイク、自前で音楽配信へ

 「以前から音楽配信サイトをやりたいと思っていた。草の根クリエイターが作品を発表できる場を作りたい」――加藤社長は、オークションに参加した理由をこう話していた。

 今後は、自前で音楽配信サイトを開設する考えだ。歌や作曲、演奏、初音ミクの“調教”など、得意分野が異なるクリエイターが出会い、協力して1つの作品を作り上げることが簡単にできる仕組みにしたいという。

 「数年かかってもいいから、今日から挑戦していく。悔しいという気持ちが原動力になっている」と意気込む。

 mF247とも良好な関係を続け「協力できることがあれば協力したい」という。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由