カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

巨人・小笠原、現状維持の3億8000万円でサイン

巨人・小笠原、現状維持の3億8000万円でサイン

巨人・小笠原、現状維持の3億8000万円でサイン

巨人の小笠原道大内野手(35)が26日、東京・大手町の球団本部で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸3億8000万円でサインした。来季は4年契約の3年目となる。


 巨人移籍2年目の今季の成績は全144試合に出場し打率3割1分、36本塁打、96打点をマーク。前半戦はオフに左ひざを手術した影響で不振だったが後半戦は復調し、チームのセ・リーグ2連覇に貢献。「前半は足を引っ張ってしまったが、後半は少しは貢献できたと思う」と話した。

 小笠原は来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表候補45人に選ばれており、「オフの間に、あらゆることを頭に入れて一つ一つ課題をクリアしたい。」とオフの課題を挙げた。

 さらに「体をケアして、トレーニングをしっかりしていかないと、WBCもシーズンもない。まずは体を鍛えて(春季キャンプが始まる)2月を迎えたい」。とチームの日本一奪回と、日本のWBC連覇に向けて決意を新たにしていた

元次官宅襲撃 レンタカー3台使う 容疑者、捜査かく乱か

元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、銃刀法違反容疑で逮捕されたさいたま市北区の無職、小泉毅(たけし)容疑者(46)が、同市南区の山口剛彦さん(66)、美知子さん(61)夫妻と、中野区の吉原健二さん(76)の妻靖子さん(72)襲撃に使用したレンタカーはそれぞれ別の車とみられることが警視庁野方署捜査本部の調べで分かった。小泉容疑者が複数のレンタカー営業所に相次いで問い合わせをしていたことも判明。捜査本部は、元次官や家族ら10人前後の殺害計画を練っていた小泉容疑者が、車を乗り換えて捜査をかく乱する狙いがあったとみている。

調べでは、小泉容疑者は22日午後9時20分ごろ、川越ナンバーの軽乗用車で警視庁本部に出頭。血痕がついた刃渡り約20センチのナイフを携帯していたとして逮捕された。この車は、小泉容疑者の自宅から南東約3キロのJR大宮駅前のレンタカー営業所で、本人が同日午後2時すぎに借り出し、同8時までの契約だった。

 小泉容疑者は17日から19日にかけても、同じ営業所で別のベージュ色の軽乗用車を借りており、埼玉県警は、このレンタカーが山口さん夫妻殺害に使われたとみて車内を詳しく調べる。

 新たに借り出しが分かったのは、この2台とは別の1台。捜査本部はこの車をほぼ特定しており、中野事件で使用された疑いが強いとみて押収するなどして詳しく検証する方針。中野事件の発生約7時間前には、現場から南東約150メートルの路上で黒か紺色の不審なワゴン車が止まっているのを住民が目撃しており、関連を調べる。

 一方、小泉容疑者が約1カ月前にも同じ営業所から車を借りていたことも分かった。埼玉県警浦和署捜査本部は、下見に使用した可能性もあるとみて調べている

乱獲のクロマグロ、漁獲枠を3年後に35%減…地中海など

大西洋・地中海のマグロの資源管理機関「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)」は24日、モロッコでの年次会合で、乱獲が続く地中海と東大西洋のクロマグロ(ホンマグロ)について2011年の漁獲枠を08年より35%減らし、1万8500トンとすることを決めた。

 09、10年についても、すでに決まっている漁獲枠を、それぞれ約2割削減することで合意した。この結果、日本の10年の漁獲枠は、08年より約3割減って、1697トンになる。

 クロマグロはマグロのなかで最も高級で、日本の消費量の約6割は地中海でとれる。水産庁は、冷凍クロマグロの国内在庫が豊富なため、急激な値上がりは避けられるとみているが、中期的には価格を押し上げる要因になる。ほかのマグロ類についても漁獲制限を強化する動きが強まっており、日本の消費者の食卓への影響も広がりそうだ。

 合意によると、09年の漁獲枠は、2万7500トンから2万2000トンに、10年は2万5500トンから1万9950トンにそれぞれ減る。

 ICCATの科学委員会は10月、年間の漁獲枠を1万5000トン以下にすることを求める報告書をまとめた。日米は委員会報告に従うべきだと主張したのに対し、欧州連合(EU)や地中海沿岸国が小規模な削減を求めていた。

携帯電話の待受画面、何を設定してる? 8割がカスタマイズ

「ガジェット」や「きせかえ」など、携帯電話の画面を好みのデザインに変えられるツールが増えている。IMJモバイルがこのほど実施した調査によると、携帯の待受画面をカスタマイズしているユーザーは約8割だった。

待受画面に何を設定しているか聞いたところ、最も多かったのは「携帯電話で撮影したもの」で32%。次いで「プリインストール」(18.4%)、「きせかえ」(17.6%)だった。メインメニューや発着信画面、メール送信画面では、約4割がプリインストールされた素材を使っていた。

 待受画面の変更頻度は「全く変更しない」が42.4%、次いで「半年に1回程度」が15.5%だった。性別では女性の方が頻度が高く、「半年に1回程度」は18.8%だった。「女性の携帯画面に対するこだわりをうかがわせる」(同社)。

 待受画面に時計やカレンダーなどを配置できる「ガジェット」についてキャリア別に認知度を調べた。KDDI(au)の「au one ガジェット」が最も高く35.7%、NTTドコモの「マチキャラ」は25.9%、ソフトバンクモバイルの「ウィジェット」は25.8%となっている。

 ガジェットの詳細を説明した上で、利用経験を聞いたところ、au one ガジェットは46.5%、マチキャラは31.7%で、どちらも利用率が認知度を上回った。「名称はあまり浸透していないが、端末機能の一部として利用が進んでいる」という。

 待受やメニュー画面、電池のアイコンなどを一括してカスタマイズできる「きせかえ」の設定経験がある人は26.7%だった。キャリア別ではNTTドコモの「きせかえツール」が30.7%、auの「EZ ケータイアレンジ」が27.6%、ソフトバンクモバイルの「きせかえアレンジ」が17.3%。性別では女性の方が男性より11ポイント高く、32.1%だった。

 サイトへの登録や商品購入で得られる「デジタルインセンティブ」について聞いたところ、取得したもので最も多かったのは「待受画像(静止画)」(31.6%)だった。2位の「着メロ」は31.4%、3位の「待受画像(Flash)」は22%となっている。性別では女性の方が取得経験が多かった。

 デジタルインセンティブを得るために「モバイルサイトへ登録したことがある」は41.3%、「商品を購入したことがある」は30.8%、「モバイルサイトに興味を持ったことがある」は25.5%、「商品に興味をもったことがある」は24.8%だった。「デジタルインセンティブがモバイルサイトへの登録・商品購入に少なからず寄与している」(同社)

 10月28日から10月29日にかけて1000人にネットで調査した。男女比率は男性が49.4%、女性が50.6%。キャリア比率はNTTドコモが48.6%、auが29.7%、ソフトバンクモバイルが20.9%、その他が0.8%となっている。

元次官ら殺傷 「最初は大臣狙った」 小泉容疑者、警備厳しく断念

元厚生次官ら連続殺傷事件で、銃刀法違反容疑で逮捕された無職、小泉毅(たけし)容疑者(46)が警視庁と埼玉県警の捜査本部の調べに「最初は大臣をやろうと思った」と供述していることが25日、分かった。元次官だけでなく、現役閣僚や閣僚経験者を狙う連続殺害計画を立てていたことが判明。捜査本部は準備を進めたものの警備が厳しいことなどから断念したとみており、自宅から押収したパソコンや宅配便の配達伝票などを精査し、閣僚の経歴や住所を調べた形跡がないか捜査を進める。


これまでの調べに対し、小泉容疑者は妻が刺された吉原健二さん(76)と夫妻が殺害された山口剛彦さん(66)の住所について「図書館で職員録を閲覧した」と供述している。閣僚の住所は市販の国会要覧などにも記載されており、次官経験者などよりも容易に住所を入手できた可能性が高い。

 小泉容疑者は警視庁本部に出頭した理由について、「警備が厳しくなり逃げ切れないと思った。警視庁に出頭すれば事件を処理してくれると思った」などと供述。現役閣僚の自宅は24時間態勢で警察官が警備しているほか、外出時にSP(警護官)が警護するなど警戒が厳しい。

 こうしたことから、小泉容疑者は当初計画した現役閣僚や閣僚経験者の襲撃を断念し、狙いを元次官に切り替えたとみて調べている。

 また小泉容疑者は出頭直前に、複数の報道機関のホームページに犯行声明ととれる書き込みをしている。捜査本部は、小泉容疑者が自宅パソコンを使って閣僚や元次官らの経歴を調べたとみて、押収したパソコンの解析を急ぐ。

 一方、小泉容疑者の自宅から、複数の厚生労働省の事務次官経験者の名前を書いたメモや、自宅に印の付いた地図が押収されたことが25日、分かった。

 小泉容疑者は「厚生次官経験者数人と家族の計約10人の殺害を計画していた」などと供述しており、警視庁で関連を調べている。



この事件で、小泉容疑者の所持品に付いた血痕を警視庁でDNA鑑定した結果、殺害された山口夫妻と、刺されて重傷を負った吉原靖子さん(72)のDNA型とそれぞれ一致したことが25日、分かった。

 小泉容疑者が連続殺傷事件に関与した疑いが強まったとして、埼玉県警と警視庁は近く合同捜査本部を設置、山口さん夫妻殺害の殺人容疑で再逮捕する。埼玉県警は同日、殺人容疑で小泉容疑者が17〜19日にレンタカー会社から借りていた軽自動車の捜索を行っている。

 警視庁によると、小泉容疑者が22日に出頭した際に乗っていた軽自動車から、血の付いた刃渡り20センチのナイフや軍手、作業服、スニーカー、段ボール箱を押収。小泉容疑者が連続殺傷事件への関与を認める供述をしていたことから、所持品が犯行に使われたとみて、鑑定を進めていた。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 拓銀破たん金融危機から20年、メーンバンクがなくなる時
  • 宮地真緒が14年間交際の一般男性と結婚「一生ものの恋になりました」
  • ユニクロを脅かすアマゾンの"超個客主義"
  • 引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体
  • 日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。