カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

ノブコブ吉村の父も破天荒 ボコボコ返り討ちで“母奪還”失敗

ノブコブ吉村の父も破天荒 ボコボコ返り討ちで“母奪還”失敗

なぜか、芸能界には破天荒な親の下で育ったタレントが少なくない。東野幸治(49)の父親は妻から三くだり半を突きつけられたという。

「僕の父親は3年ほど前に亡くなったんですけど、ほぼほぼ働いたことがなくて、なんとかギリギリ、我々は育ったんです。結局、いろんなところに借金を作って。ある日、朝刊のチラシの不動産物件をたまたま見てたら、ウチとよう似た物件やなって。そしたら、ウチが勝手に売られてたんですね、親父の手によって。借金返せなくて。それで母親が『そんなん知らんやん』ってケンカになった末、離婚しますって。兄貴とか僕とか、オカンの方について、親父は『この家で借金返して、俺は俺で勝手にやるわ』って、別れたんですよ」と東野は振り返る。

 父親の性格は直ることはなく、マンションの家賃を滞納し、東野の兄が払うハメに。行方不明になった父親から、8年ぶりに吉本興業に電話がかかってきたという。

「ある病院で、実は2年ほど前に倒れて、寝たきりになってますと。枕元でうなりながら『東野幸治の親や…東野幸治に連絡を…支払いはアイツや』って。病院も信じなかったらしいんですけど、行ったら、本当にそうで」。東野はその後「俺が責任を持ってお見舞いも行くし、病院の方へもあいさつしていく」と伝え、1か月後に亡くなった。

 坂上忍(49)の父親もむちゃくちゃだった。新聞記者だったが、小説家になるために会社を辞め、自ら出版社を立ち上げるも失敗し倒産。酒とギャンブル好きもたたり、1億円もの借金を作ってしまった。絶縁状態になった父親の借金を返済するためだけに坂上は子役を続けた。その父親の教えは「国語より小説を読め」「数学よりマージャンを覚えろ」。坂上がギャンブルと酒がやめられないのはその影響かも。

 平成ノブシコブシの吉村崇(36)の母親は吉村が6歳のころ、家を出て行ったという。「ヒゲのオジさんっていう、母親の働いていた喫茶店の常連さんに持ってかれて。親父が『取り返しにいくぞ』って言って、ボコボコにされるところを6歳で鮮明に覚えてますよ。いや、もう一発蹴られたんじゃないですか。顔面も殴られて。脳振とう起こして、尻もちついてましたから。それは今、楽しい話ですから。親父と話して『あの時、殴られたな』って…」と吉村。その後は、優しいおばあちゃんに育てられ「多少は貧乏でしたけど、もっとヒドい芸人もいますからね」と客観している。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

ドライバーに月246時間の違法残業をさせる 運送会社と社長を書類送検 野田市

ドライバーに月246時間の違法残業をさせる 運送会社と社長を書類送検 野田市

月127時間以内と定めた協定を超え、最長で月246時間の違法な残業

長距離トラックのドライバーを務める社員に最長で月246時間の違法な残業をさせたとして、柏労働基準監督署は10日、野田市にある運送会社とこの会社の社長を書類送検しました。

労働基準法違反の疑いで書類送検されたのは野田市にある関東西部運輸と48歳の社長の男性です。この会社と社長は去年3月〜4月、ドライバーの男性社員4人に時間外労働を月127時間以内と定めた協定を超え、最長で月246時間の違法な残業をさせた疑いがもたれています。

 柏労働基準監督署等によりますとこの会社ではおととし、当時40代と50代だった男性社員がいずれも勤務中に病気で死亡し、その後2人とも労災認定を受けています。会社の担当者は「違法だと認識していたが人材不足で対応できなかった。労働基準監督署の指摘を受け止め改善する」とコメントしています。

そごう売却、西神店除外 セブンとH2Oが見直し

そごう売却、西神店除外 セブンとH2Oが見直し

阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが、セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下のそごう・西武から関西の百貨店3店舗を取得する計画について、そごう西神店(神戸市西区)を対象から外す方向で計画を見直していることが11日、両社への取材で分かった。譲渡額などの条件面を巡り交渉が難航しているため。同店はセブン&アイHDが改装も視野に、食品分野を強化して引き続き運営する。

 同店は1990年から、神戸市営地下鉄西神中央駅の駅ビルに入居し、地上1〜5階と屋上の一部で営業。店舗面積は延べ1万8千平方メートル。2016年2月期の売上高はピークだった1996年2月期に比べて半減の約125億円。建物は神戸市所有で、閉店すれば市民生活への影響が大きいとして、同市が昨秋から賃料を減額するなど営業を支援している。

 セブン&アイHDは「食品分野を強化して改装効果が出ている西武所沢店(埼玉県)のように、生活に密着する形で郊外型店らしい魅力を出したい」と今後の運営方針を示した。

 H2Oとセブン&アイHDは2016年10月に資本業務提携で基本合意。そごう西神店、同神戸店(同市中央区)、西武高槻店(大阪府高槻市)をH2Oが取得する方向で協議を進めていた。そごう神戸店は当初の計画通り今秋をめどにH2Oが買い取り、当面はそごうの屋号を残したまま営業することで両社が合意している。

中高年にスマホ促す、ドコモがシニア割引を検討

中高年にスマホ促す、ドコモがシニア割引を検討

NTTドコモの吉沢和弘社長は10日、読売新聞のインタビューに応じ、中高年のスマートフォン利用者を対象に通信料を割り引く新料金メニューの導入を検討していることを明らかにした。

 中高年層が安い料金でスマホを使えるようにして利用者を囲い込むとともに、従来型の携帯電話(ガラケー)からスマホへの移行を促す狙いがある。

 吉沢社長は「ドコモはシニアの利用者の割合が大きいが、シニア向けの通信料値下げは十分ではない」と述べた。同社は25歳以下の若者を対象とした割引メニューは導入済みだが、中高年向けを新たに設ける方向だ。

 また、これとは別に、5月中に300億円を投じて音声通話やデータ通信などについて値下げを実施する。2017年度中にさらに数百億円規模の値下げを予定しており、吉沢社長は「今秋までに実施したい」と語った。

「ラ・デファンス」「エクスキー」などカラーフォーマルドレスの専業メーカー、ジュネビビアンが事業を停止し自己破産申請へ

「ラ・デファンス」「エクスキー」などカラーフォーマルドレスの専業メーカー、ジュネビビアンが事業を停止し自己破産申請へ

(株)ジュネビビアン(TDB企業コード:983710209、資本金9967万円、東京都港区麻布十番2-16-4、代表中島孝氏)は、5月10日に事業を停止し、事後処理を朝倉淳也弁護士(東京都中央区日本橋人形町1-9-2、森の風法律事務所、電話03-6661-7420)ほか3名に一任した。今後、自己破産を申請する見通し。
 
 当社は1986年(昭和61年)8月に設立。レディースカラーフォーマルドレス(パーティードレス)の企画、製造(外注)のほか、各種アクセサリーの販売を手がけ、フォーマルドレスは、20代前半向け「ラ・デファンス」、30代ミドル向け「エクスキー」、ロングドレス中心の「ビビアン」の自社ブランドを展開。都内を中心とした全国の百貨店内に小売店舗を構えて業容を拡大し、90年2月期には年売上高約24億3100万円を計上していた。
 
 しかし、近年は個人消費の冷え込みや安価なパーティードレスの台頭、パーティーの簡素化などで事業環境が悪化。量販店や衣装レンタル店、写真館向けの販売にも注力し、近時は約66店舗を展開していたが2016年2月期の年売上高は約11億4500万円にまでダウン。その後も業況は好転しなかった。
 
 負債は2016年2月期末時点で約6億9300万円だが、その後に変動している可能性がある。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • レクサス幹部、小型クロスオーバー「UX」の市販化を認める
  • 2016 カミカゼ ニュースまとめ
  • ヒグマ肉食べた客ら食中毒…35年ぶり旋毛虫で
  • 日清食品が「炎上」しても攻め続けられる理由