カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

山中慎介「勝てば引退も考えていた」王座陥落から一夜明け 目潤ませ会見

山中慎介「勝てば引退も考えていた」王座陥落から一夜明け 目潤ませ会見

15日に行われたプロボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチで、13連続防衛に失敗した前王者・山中慎介(34=帝拳)が16日、京都で一夜明け会見を行い、15日の防衛戦に勝利した場合、引退を考えていたことを明かした。

 傷のない顔で会見に臨んだ山中は、時折目を潤ませながら自身の進退について言及。決断について「何カ月も引っ張るというのはない。そんなに長くないうちに決めたい」と明言した。

 また「正直、本当の自分の気持ちとしては」と切り出し、「納得いくような勝ち方であれば、それ(引退)でいいと思っていた」と、勝利を花道に引退する意向もあったと告白。「それでもこういう内容だったので、悩んでいるところです」とした。

 同席した帝拳ジム代表の浜田剛史氏は「本人の気持ちを尊重したい」と話した。

本田会長、山中が現役続行なら「再戦しかない。メキシコに行ってもいい」/BOX

本田会長、山中が現役続行なら「再戦しかない。メキシコに行ってもいい」/BOX

15日に行われたプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで、4回TKO負けを喫して13度目の防衛に失敗した山中慎介(34)=帝拳=が一夜明けた16日、京都市内で会見し、進退について「すぐには(結論は)出せない。もう少し考えさせてほしい」と明言を避けた。

 キズのないきれいな顔で現れた山中。前夜、試合のVTRを見たそうで、「自分としては効いている感覚はなかったけど、相手が連打してきて焦った部分はあった。周りをバタつかせてしまった。(試合をとめた)トレーナーを責めるつもりはない」と振り返った。13度目の防衛戦にかける思いは強く、最高のコンディションを作って、リングに立った。それだけに、「正直、本当の自分の気持ちとしては納得いくような勝ち方であれば、それ(引退)でいいと思っていた」と告白した。

 帝拳ジムの本田明彦会長(69)は「本人の気持ちを尊重する」としながらも、現役続行を決めた場合には「再戦しかない。相手のプロモーターからも電話があった。再戦には応じるとのことだった。メキシコに行ってもいい」との方針を明かした。

独エアベルリンが破産申請=運航は継続

独エアベルリンが破産申請=運航は継続

経営不振に陥っていたドイツ航空2位のエアベルリンは15日、破産手続きを申請した。

 DPA通信によると、筆頭株主であるアラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空が、支援の継続を断念したためで、当面はドイツ政府が事業資金を支援し、運航を継続する方針。また、一部事業の引き継ぎについて同国最大手のルフトハンザと協議中という。

 エアベルリンは、ベルリン・テーゲル空港とデュッセルドルフ空港が拠点で、日本には成田と中部にも就航している。

声かけ自粛「話しかけない」接客サービス広まる

声かけ自粛「話しかけない」接客サービス広まる

衣料品店や美容院、タクシー運転手も「声かけ」を自粛

 「話しかけない接客」を取り入れる衣料品店や美容院などが登場している。丁寧な言葉遣いや声かけはサービスの基本とされているが、最近は「おもてなし」の形が少しずつ変わってきているようだ。

 横浜市の会社員女性(33)は衣料品を買う時、もっぱらネット通販を利用する。店員に話しかけられるのが嫌だからだ。「『買わないといけない』というプレッシャーを感じる」と苦笑する。

 店員からの声かけが苦手という人は少なくない。ニュースサイト「しらべぇ」が2015年2月、全国の男女1500人を対象に行ったアンケートでは、「服を買う時、そっとしておいてほしいと感じたことがある」という設問に「はい」と答えた人は8割を超えた。

 こうした中、セレクトショップ「アーバンリサーチ」(本社・大阪)は今年5月、手に持つと「声かけ不要」の意思表示になる店内用ショッピングバッグを導入した。東京、名古屋、大阪などの計23店に置いている。

 広報担当の清水樹二也さんは「年配の女性から『久しぶりに娘とゆっくり買い物ができた』といった声が寄せられるなど好評です」と話す。店側としても、店員を必要とする客に集中して対応できるメリットがある。

 あえて話しかけない接客は美容院でも。東京都目黒区の「kisai BUZZ(キサイバズ)」では、1年ほど前から来店時に名前や住所を記入するカードに、「物静かな美容師に担当してもらいたい」「ヘアスタイル以外の話はしたくない」といった項目を設け、選んでもらっている。マネジャーの小菅修平さんによると半数が「話したくない」を選ぶという。

 美容院の検索予約サイト「ホットペッパービューティー」でも、予約の際に「楽しく話したい」「静かに過ごしたい」が選べる。サイトを運営する「リクルートライフスタイル」によると、7年前は「静かに過ごしたい」を選択する人は約15%だったが現在は約40%に増えた。

 ファッションや美容関連以外では、京都市の「都タクシー」が今年3月から約4か月間、運転手が車内での声かけを抑制するタクシー10台を試験的に導入した。

 こうしたサービスの登場について、茨城大教授の加藤篤志さん(社会学)は「コンビニエンスストアやファストファッション店の利用が日常化し、店員とほぼ話さず買い物するスタイルが定着した。従来は話をしていた分野にもそれが広がっているのでは」と話す。

 博報堂買物研究所の上席研究員、山本泰士さんはスマートフォンの普及を原因に挙げる。「スマホで商品情報の収集が容易になり、店員の助言を必要としない人が増えた。さらに、美容師やタクシー運転手と会話を楽しんでいた『手持ちぶさた』の時間が、今はスマホを操作しながらの『自分の時間』になっている」と分析している。

「店員の助言」に一定の需要 声かけ自粛「話しかけない」接客サービス広まる

「ベルメゾン生活スタイル研究所」が昨年、全国の4425人の女性を対象にファッション情報の収集方法について尋ねたアンケート(複数回答)では、「通販カタログのコーディネート写真」(33%)、「百貨店などに足を運ぶ」(27%)、「ファッション雑誌」(26%)の三つが上位に選ばれた。「店員や友人の意見を聞いて服を選ぶ」と回答した人は13%にとどまった。
 
  それでも、店員と相談しながら品物を選ぶサービスには一定の需要がある。高島屋では大阪店、横浜店など4店で買い物を店員が手伝う無料サービスを行っている。例えばファッションの場合、「手持ちの服に合う商品がほしい」「旅行用の服を探している」といった要望に応じて、フィッティングアドバイザーなどの資格を持つ店員が、商品案内などを行う。

 小田急百貨店新宿店(東京)では、化粧品に関する知識を備えた「コスメ専任アドバイザー」が好評だ。客に合った手入れ方法を助言したり、様々なブランドの中からコスメ選びを手伝ったりする。

 買い物に同行する「パーソナルスタイリスト」に依頼する人もいる。このサービスを行う「エレカジ」代表の森井良行さんは「プロの目によって、自分の感覚では選ばなかった色や形の服に巡り合える。殻を破って印象を刷新するのを楽しむ人は多い」と話す。

 接客の形は多様化している。目的に応じてサービスを使い分けたい。

【新しい形のきめ細かさ】

◆取材を終えて

 記者も「静かに過ごしたい派」だ。美容院などでは、ついスマホに向き合い、話しかけないでほしいという雰囲気を醸し出してしまう。どう過ごしたいのかを事前に示すことができれば、「無愛想な客」にならなくて済み、ありがたい。  接客には、声をかけるかどうかの見極めも含まれる、という考え方もあるようだ。「話しかけない接客」とは、きめ細かなサービスを得意とする日本ならではの現象かもしれない。

コーヒーのテイクアウト率、最も高いのは「忙しい」日本

コーヒーのテイクアウト率、最も高いのは「忙しい」日本

コーヒーを持ち帰りにするか、それとも店内でゆっくり飲むか、どちらを好む人が多いかは国によって大きく異なる。

コーヒーをテイクアウトで注文する人の割合は、忙しく慌ただしい一日を過ごす人が多い国で高くなり、イタリアやスペインのようにゆったりとした雰囲気の国では低くなっていることが分かった。

市場調査会社NPDと同社が提供する外食・中食市場に関する情報サービス「クレスト(CREST)」によると、イタリアやスペインでコーヒーを持ち帰る人は、購入者のわずか3%程度だ。

一方、北米や日本では、コーヒーを購入する人の半数近くが持ち帰りを選んでいる。米国では45%、カナダでは43%、さらに日本では48%が、持ち帰りで注文する。

そのほか、北米などのような一大市場になるまでには長い時間がかかると見られるものの、英国や中国など、これまでコーヒーよりもお茶を飲む習慣が根付いていた国でも、市場では変化が起き始めているという。

スタバのイタリア進出の影響は

米コーヒーチェーン大手、スターバックスは今年に入り、2018年中にイタリア・ミラノに同国初の店舗を開設する計画であることを明らかにした。同社の進出がコーヒーにうるさいイタリアの消費者の態度を変えることになるのかどうか、非常に興味深いところだ。

スターバックスはイタリアでは、大きな課題に直面することになるだろう。まず、消費者らにコーヒーを店舗の外で飲む習慣を身に着けてもらう必要がある。そしてまた、国内に約15万店舗あるとされるカフェとの厳しい競争にも挑まなくてはならない。

各国の「持ち帰り」率

以下、調査結果から明らかになった13か国のコーヒー注文数に占めるテイクアウトの割合を紹介する。

・日本: 48%
・米国: 45%
・カナダ: 43%
・韓国: 35%
・オーストラリア: 23%
・ドイツ: 17%
・フランス: 17%
・ロシア: 17%
・英国: 17%
・ブラジル: 13%
・中国: 10%
・イタリア: 3%
・スペイン: 3%
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利