カミカゼニュース

燃油高騰 施設園芸の経営直撃 加温期迎え 戦々恐々

燃油高騰 施設園芸の経営直撃 加温期迎え 戦々恐々

燃油価格が高騰していることを受け、加温シーズンを迎えた施設栽培農家が警戒感を強めている。一部の農家は、10年前の燃油高騰でヒートポンプに切り替えるなどの対策を取っているところもあるものの、A重油や灯油を使っている農家も多い。特に農家の生活に直結するガソリンや冬季に需要が本格化する灯油の価格も上がれば、農産物価格が伸び悩む中で、経営を直撃する可能性もある。

燃油高騰 負担増数千万円か 北海道

極寒の北海道では施設園芸だけでなく、住宅や事務所、畜舎などあらゆる施設で暖房が使われることから、特に燃油代の上昇は影響が大きい。施設栽培で葉物野菜を中心に通年出荷する、札幌市のアド・ワン・ファームの山口敏樹専務は「経費の負担増は計り知れない」と先行き不安な現状を語る。

 同社ではビニールハウス約3ヘクタールを灯油ボイラーで加温し、ハーブ類や小松菜、レタス、ミツバなどを栽培する。

 北海道庁の調査によると、道内の灯油価格は今年10月が1リットル75・6円と、前年同月より2割以上高かった。同社の2016年の灯油使用量は約500キロリットルで、既に昨年から1リットル10円以上値上がりしており、単純計算で500万円以上の灯油代が増える計算だ。

 ハウスは内張りカーテンで三、四重に被覆し、循環扇も置き保温対策は万全だ。ただ、氷点下10度近くに冷え込む真冬でも、5〜10度の温度を保たなければならない。

 今年は冷え込みが早く、前年より2週間前倒しとなる11月15日ごろから加温を始めただけに「灯油の価格がこのまま5、6年前の高騰時の水準まで上昇すると、数千万円単位の負担になるかもしれない」と不安をあらわにする。

 今後も、価格上昇が続けば、日射量の多い日に加温を強め、光合成が進みにくい曇りの日には加温を少なくするなど、集中的に加温し、燃油代を節約する計画だ。

燃油高騰 コスト高が心配 愛知

施設園芸産地の愛知県東三河地域では、5、6年前の燃油高騰時にコスト削減策として、ヒートポンプや温風機の導入を進めた農家も多い。愛知県田原市の菊農家は「東海地域はまだそれほど寒さが厳しくなく、寒冷地と比べて、コスト面の影響は現段階では、まだ少ないだろう」と話す。

 一方、同西尾市のイチゴ農家はまだ加温を始めていないが「5、6年前の水準だとコスト面で厳しくなる」と懸念する。灯油やガソリンなどは生活に不可欠で、特に灯油はこれからが需要期となることから、価格上昇が続けば、農家経営を圧迫しかねない。

灯油価格10週連続高騰 先行きは不透明

資源エネルギー庁が公表した11月20日時点の灯油店頭価格は1リットル82・4円と、10週連続で値上がりした。直近で最安値だった2016年3月(同61円)より35%高い。レギュラーガソリン価格は全国平均で1リットル140・10円と、15年8月10日調査以来、2年3カ月ぶりに140円に乗せた。農業用ハウスの暖房や漁船の燃料などに使われるA重油も値上がりが続いている。9月の業者取引価格は1リットル58・3円で、16年3月(同44・4円)から31%上昇している。

 エネルギー問題を研究する日本エネルギー経済研究所によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国やロシアなど産油国の減産を背景に、原油価格の上昇傾向が続いている。こうした原油の動向と灯油、A重油の価格は連動しており、今後の値動きは産油国の減産姿勢や主産地の中東情勢によって変わり、先行きは不透明という。

ポテチ用ジャガイモ 農水省が生産支援へ

ポテチ用ジャガイモ 農水省が生産支援へ

北海道、台風で加工用が大打撃

農林水産省は、ポテトチップやポテトサラダなどの加工用ジャガイモの生産拡大支援策を2018年度に始める。16年の北海道台風でジャガイモ畑が大きな被害を受け、ポテチやサラダメーカーは必要量確保に追われ調達コスト増で採算が悪化した。省力化機械導入や種イモ増産支援で再発を防ぎ、供給力を高める。現在、年59万トンの加工用ジャガイモ生産量を21年度までに77万トンへ増やす目標だ。

加工用ジャガイモの産地は、9割以上が北海道。長崎県など他県でも栽培しているが「畑の規模が圧倒的に違うため、コストの観点からメーカーは北海道を選ぶ傾向が強かった」(地域作物課)という。ジャガイモは一般野菜と違って種イモから植え付けなければならず、病気イモを見分ける専門能力も必要。病害虫に強い品種を新たに導入する必要もあり、これらのコストの高さが生産量拡大のネックとなっていた。支援策で費用の2分の1以内を補助し、増産につなげ供給不足の解消を図る。

支援策では、生産を省力化できる機械・技術の導入、土壌・土層改良、作業受託組織への作業集積などでかかる費用を補助する。北海道では生産コスト削減のため、収穫と選別作業を分け、広大な畑で一気に収穫してから選別する方法が研究されている。他県でも種イモの自動植え付け機を導入する動きがある。こうした取り組みを支援する。

加工用ジャガイモ増産に必要な種イモも、新規産地育成支援などで供給力アップを図る。イモの病気を防ぐのに有効なテンサイや豆類の輪作整備も支援する。

RIZIN 引退の日馬富士に超速オファーも!?「ギリギリにチャレンジしたい」

RIZIN 引退の日馬富士に超速オファーも!?「ギリギリにチャレンジしたい」

12月29日、31日に行われる格闘技イベント「RIZIN」の記者会見が29日、都内で行われた。

くしくも大相撲の暴行問題で引退した横綱日馬富士の会見と“裏かぶり”の事態となり、マッチメークを担当する榊原信行実行委員長に日馬富士に関する質問も。「僕たちは常に格闘技というコンテンツを通じて、紅白(歌合戦)の裏を張らなければいけない。お茶の間にどう届けるか」と思いを巡らせ「今は、ちょっと前まで相撲を知らなかった人でも、日馬富士、貴ノ岩を知っている。日馬富士、モンゴルというキーワードは欲しい」と、興味を示した。

 暴行事件で警察が捜査中というデリケートな事案であることは承知しつつ「既成概念にとらわれず、ギリギリにチャレンジしたい」と、何らかの動きを見せる可能性を示唆した。

結婚で認知症リスク低減か、研究

結婚で認知症リスク低減か、研究

結婚生活は何かと大変なことも多いが、パートナーと共に年を重ねることで、認知症リスクが低減する可能性があるとした研究論文が28日、医学誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル(Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry)」に掲載された。

80万人以上のデータを対象とした今回の研究によると、生涯独身の人は、アルツハイマー病やその他の認知症にかかるリスクが約40%高くなっていることが分かったという。また長い同居生活の後に独り身となった場合も約20%のリスク上昇が見られた。

研究はロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London、UCL)の研究者アンドリュー・ゾンメルラード(Andrew Sommerlad)精神科医らによるもの。研究では、正式に結婚せずに一緒に暮らしているカップルについても結婚しているものとみなされた。

興味深いことに、離婚経験を持つ高齢者では、認知症リスクが既婚カップルと同等レベルにとどまっていることが研究では確認された。

結婚と認知症との関係を探るために、ゾンメルラード氏と研究チームは先行研究15件、計12か国の81万2000人分のデータを調べた。

多くはスウェーデン人のデータだったが、フランス人、ドイツ人、中国人、日本人、米国人、ブラジル人などのデータも少なくなかった。驚きだったのは、各文化を通じて結果にばらつきがほとんど見られなかったことだという。

今回行われたのは観察研究だったため因果関係をしっかりと示すことはできないが、導き出された結果は、相互に整合性のある少なくとも3つの説明を示唆するものとなった。

■パートナーとの生活がもたらすライフスタイル 結婚で認知症リスク低減

1つ目は、結婚そのものが危険を減らすのではなく、パートナーと一緒の生活がもたらすライフスタイルがその要因だと考えられるということ。ゾンメルラード氏は「健康な体、食事、運動、といったよりヘルシーなライフスタイルだけでなく、話し相手となるパートナーを持つことによる社会的な刺激」もこれには含まれるとしている。

2つ目は、生涯のパートナーを失うことによる極端なストレスが、主に記憶や学習、感情を司る海馬のニューロンに大きな影響を与えるということ。「相手に先立たれた人では認知症リスクが高く、離婚した人では変化がほぼないことがこれで説明できる」

そして最後は、認知症リスクがその他の内在する認知および性格の特性と関連している可能性があるということ。とりわけ結婚が一般的な社会規範となっている場合、柔軟な思考やコミュニケーションに難がある個人では認知的予備力が低く(よって認知症リスクが高く)、自ずと結婚機会が少なくなっているということが考えられるというのだ。

同じ年齢でも、年代の異なる独身者間にみられる認知症リスクの大きな違いがこのことを裏付けている。1900〜1925年に生まれた独身者では認知症にかかるリスクが40%高かったが、より近年では同年齢の独身者でも同24%にとどまっていた。

客のランボルギーニ転売=容疑で修理業者ら逮捕―警視庁

客のランボルギーニ転売=容疑で修理業者ら逮捕―警視庁

客から預かったイタリアの高級車メーカー「ランボルギーニ」のスポーツカーを無断で転売したとして、警視庁丸の内署は29日までに、業務上横領容疑で、自動車修理・販売会社代表奥平光紀容疑者(44)=神奈川県逗子市久木=ら2人を逮捕した。

 いずれも容疑を認め、奥平容疑者は「借金があり、どうしても金が欲しかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は2015年4月10日、東京都品川区の男性派遣社員(56)から破損したサイドミラーなどの修理のため預かったランボルギーニ社製スポーツカー1台(1800万円相当)を500万円で知人に転売した疑い。

 同署によると、奥平容疑者は練馬区の板金会社に車を預けていたが、修理後に「客に返還する」と言って持ち出した。なかなか返還されないことを不審に思い、男性が同署に相談して発覚した。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • NHK受信料の支払い義務は「合憲」、最高裁が判決