カミカゼニュース

エイベックスと手塚プロが強力タッグ!

エイベックスと手塚プロが強力タッグ!

大手エンターテインメント企業・エイベックスと映像制作会社・手塚プロダクションがタッグを組み、新プロジェクト「ravex(レイベックス)」から、鉄腕アトムを進化させた新キャラクター「ラトム」を誕生させることが19日、明らかになった。まずは同プロジェクトからリリースするアルバムにオリジナルアニメーションとして収録されるが、今後はさまざまな展開が繰り広げられるもようだ。

 設立20周年のエイベックスと手塚治虫さん生誕80周年を迎えた手塚プロが手を組んで、新しい“科学の子”が生まれることになった。その名は「ラトム」。新プロジェクトの名前「ravex」の“r”と、手塚プロが生んだ“ATOM(アトム)”が合体してできた名前だ。
 ravexとは「ダンスミュージックとJ-POPの新しい融合」をテーマに誕生したエイベックスの新プロジェクト。モンド・グロッソの大沢伸一(41)、ファンタスティック・プラスティック・マシーンの田中知之(42)、m-floの☆Taku Takahashi(34)がプロデュースチームを結成し楽曲を制作。22日から配信されるモンキーマジックの「1 more night」などを手掛けている。
 今回は、プロジェクトに手塚プロが加わり、ビジュアルを全面的に手掛け、音楽と映像のコラボを展開する。
 その象徴が「ラトム」だ。09年3月に「ravex」から発売されるアルバムに付くDVDに、手塚プロ制作のオリジナルアニメーションが収録される。誕生のエピソードも描かれるという。
 現時点で「ラトム」のビジュアルなどはベールに包まれているが、異色のタッグを組むことになった故手塚治虫氏の長男で同プロ取締役の手塚眞氏は「ここから新しい手塚ワールドを発信したい」と、新たな“化学反応”に期待。「ラトム」を含め、多くのコラボが期待される。まずは、24日に都内で開催されるこの3人による初のライブで、演出の画像に手塚キャラが登場する。

斎藤洋介が右かかと骨折で舞台を降板

斎藤洋介が右かかと骨折で舞台を降板

 俳優、斎藤洋介(57)が右踵(かかと)骨を骨折し、大阪松竹座公演「女ひとり ミヤコ蝶々物語」(26日まで)を降板したことが19日、分かった。

 公演は3日に開幕。故ミヤコ蝶々さんの半生を描いた内容で、斉藤は蝶々さんの最初の夫、三遊亭柳枝役を務めていた。関係者によると、斎藤は右踵に違和感を覚えていたといい、14日に医師の診察を受けたところ「踵骨骨折」が判明。その後も痛みをこらえ出演を続けていたが、19日の公演から休演。代役は新生松竹新喜劇の代表、渋谷天外(53)が務めた。

 斎藤は「初めての大阪公演で大変良い舞台に出会えてうれしく思っていましたが、休演せざるを得なくなり、皆様にお詫び申し上げます」とコメントした。

「流星の絆」、初回は21.2% 「スキャンダル」も好スタート

 週末の17〜19日にスタートした連続テレビドラマ第1回の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)が20日出そろった。17日放送の「流星の絆(きずな)」(TBS系、金曜午後10時〜)が21.2%と20%超え。19日放送の「スキャンダル」(同、日曜午後9時〜)も16.9%と高視聴率を記録した。

 「流星の絆」は、直木賞作家の東野圭吾さんのミステリーが原作。幼いころに両親を殺害された3兄妹(二宮和也さん、錦戸亮さん、戸田恵梨香さん)の復しゅう劇を描く物語で、「木更津キャッツアイ」などで人気の宮藤官九郎さんが脚本を手がけている。

 「スキャンダル」は鈴木京香さん、長谷川京子さん、吹石一恵さん、桃井かおりさん演じる4人の女性がある事件をきっかけに友情を深めていくストーリーで、脚本は「グッドラック!!」などの井上由美子さん。

 いずれもキャスト、スタッフで話題の作品で、前評判通りの好スタートとなった

大河で注目、マンガにも 往年の名作「花の慶次」のスピンオフで11月から

09年のNHK大河ドラマ「天地人」の主人公で、妻夫木聡さんが演じることでも話題となっている戦国時代の武将・直江兼続が連載マンガになることが分かった。1990年代前半に週刊少年ジャンプで連載された人気歴史マンガ「花の慶次」(隆慶一郎原作、原哲夫画)のスピンオフ作品となる「義風堂々 直江兼続 −前田慶次 月語り」で、11月14日発売の「コミックバンチ」(毎週金曜日発売)から連載される。17日発売の同誌46号で発表された。

 「花の慶次」は戦国時代の猛将で、「かぶき者」として知られる前田慶次の生涯を描いた作品。「義風堂々 直江兼続 −前田慶次 月語り」は前田慶次の盟友で、上杉景勝の家老として徳川家康らとの戦いで名を残した直江兼続の生涯を描く。原作は原さんが手がけ、作画は「我が名は海師」などの武村勇治さんが担当する。

 連載開始に当たり原さんは、「『花の慶次』が終わって15年たった今でも描き足りなかったという思いが一人だけ残る。それが直江兼続という漢(おとこ)なんです」とのコメントを寄せている。また、現在同誌では「花の慶次」で、慶次と兼続が出会うエピソードが再録されている

ゆず・北川悠仁、アヤパンと朝から“生共演”で軽快やりとり

 人気デュオ・ゆずの北川悠仁が20日(月)、連ドラ初主演作『イノセント・ラヴ』(フジテレビ系 毎週(月)後9:00〜)のPRのため、交際相手といわれる同局高島彩アナウンサーが司会を担当する情報番組『めざましテレビ』(月〜金 前5:25)に、共演する堀北真希と共に生出演した。高島アナから「役作りはどうやってされてるんですか?」と質問されると「脚本家の方にキャラに近い風に書いてもらったので、自然に演じるようしています」と返答するなど、和やかな雰囲気となった。

 北川は途中、“年下の先輩女優”でもある堀北から「初めての感じじゃない!」と演技を褒められると「先輩、ありがとうございます!」と和気あいあいな一幕も。北川は「音楽では11年やってますが(ドラマは)勝手が違うし現場に慣れるのに時間がかかりますね」としながら爽やかな笑顔で話し、高島アナも連ドラ初主演で緊張する北川の意気込みを楽しそうに聞いていた。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 関 光彦 市川一家4人殺人事件
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も