保険金目当実母殺人事件等 立川修二郎

事件当時年齢:40歳

犯行日時:1971年1月12日

罪状:殺人、死体遺棄、詐欺

事件名:保険金目当実母殺人事件等

事件概要:立川修二郎被告は保険金騙取の目的で実姉と共謀し1971年1月12日、交通事故を装って実母を殺害し、保険金(約4000万円)を騙取した。また、事件の発覚を恐れて口封じのため、実兄と共謀して1972年7月1日、妻を殺害し、その死体を遺棄した。
 実母殺害と妻殺害の間で、詐欺事件によって起訴されていたため、別々の事件として起訴された。

拘置先:大阪拘置所

死刑執行:1993年3月26日 62歳没