名古屋女子大生誘拐殺人事件 木村修治

事件当時年齢:30歳

犯行日時:1980年12月2日

罪状:身代金目的拐取、拐取者身代金要求、殺人、死体遺棄

事件名:名古屋女子大生誘拐殺人事件

事件概要:元寿司店経営の木村修治被告は、愛人への仕送り等で多額の借金を抱え、その返済のために競輪と競馬に手を出してさらに借金を抱えて誘拐を計画。12月2日、「英語の家庭教師をお願いしたい」と女子大生(当時22)を誘い、自宅近くで誘拐した。映画『天国と地獄』をヒントに誘拐直後に殺害。遺体はビニルシートでくるみ、木曽川へ捨てた。3000万円の身代金を要求したが、受け取りに失敗。翌年1月20日、逮捕

拘置先:名古屋拘置所

死刑執行:1995年12月21日 45歳没