長崎3人殺人事件 村竹正博

事件当時年齢:33歳

犯行日時:1978年3月21日、22日

罪状:強盗殺人、殺人

事件名:長崎3人殺人事件

事件概要:陶器販売業村竹正博被告は、詐欺によって損害を被ったことから倒産の危機に瀕したため、友人(当時36)に貸していたお金328万円の返済と融資を求めたが断られたため、殺害を決意。1978年3月21日、長崎県川棚町の農道に誘い出した友人と同行してきた女性(当時25)の二人をバットで殴り、首を絞めて殺害、現金13万円を奪う。さらに翌日、約9000万円の保険金をだまし取ろうと妻(当時34)を絞殺した。

拘置先:福岡拘置所

死刑執行:1998年6月25日 54歳没