学童誘拐殺人事件 津田暎

事件当時年齢:44歳

犯行日時:1984年2月13日

罪状:身代金目的拐取、殺人、死体遺棄、拐取者身代金取得等

事件名:学童誘拐殺人事件

事件概要:セールスマンだった津田暎被告は勤務先の金を使い込む等して退職したが、浪費癖により貸金業者などから借金を繰り返していた。
 1984年2月13日、福山市議の長男で自分がコーチをしている少年ソフトボールチームの児童(当時9)が下校する途中に出会い、乗用車に乗せ「バレンタインデーのチョコレートを買ってやる」とデパートへ行ったが、借金が約860万円あったことから、誘拐して身代金を奪うことを思いつき、広島県沼隈郡の駐車場まで連れ出した。児童が激しく泣きだしたため、ネクタイで首を絞めて殺しを誘拐して殺害。死体を付近の山林に投げ捨てて遺棄した。両親に電話して、指定場所に現金15万円とキャッシュカードを持ってこさせて奪い、身代金1000万円を要求した。

拘置先:広島拘置所

死刑執行:1998年11月19日 59歳没