熊本・菊地町保険金殺人事件他 嶋崎末男

事件当時年齢:43歳

犯行日時:1988年3月13日/3月25日/5月17日

罪状:殺人、死体遺棄、殺人未遂、住居侵入、強盗致傷、恐喝、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反、強盗、逮捕監禁

事件名:熊本・菊地町保険金殺人事件他

事件概要:熊本県菊池市の暴力団組長嶋崎末男被告は、組の運営資金や遊ぶ金に困り、保険金殺人を計画。
 I組員(当時44)への融資の担保として、生命保険金総額1億円の受取人になっていた自動車修理販売業社長T被告らと共謀。嶋田被告は組員T被告らに殺害を指示。T被告は、組員K被告、組員I被告とともに1988年3月13日、I組員を大分県日田郡のがけから転落事故を装って85メートル下に突き落として殺害した。保険金は県警が事故と断定していないため支払われていない。
 さらに、嶋田被告は犯行を知ったS相談役から殺人がばれるのを恐れ、T被告らに殺害を指示。T被告、K被告、Y被告、I被告は同月25日、S相談役(当時53)を熊本県阿蘇町で絞殺して宮崎県えびの市の山中に埋めた。
 嶋田被告は口封じのためにT被告らに殺害を指示。T被告、K被告、Y被告は同年5月17日には、熊本県菊鹿町でT組員(当時59)の首を絞めて殺し、菊鹿町の山中に埋めた。
 そのほか、強盗致傷2件、強盗1件、銃刀法違反(所持)1件、逮捕監禁、暴力行為1件

拘置先:福岡拘置所

死刑執行:2004年9月14日 59歳没