高知・偽装トリプル殺人事件 福岡道雄

事件当時年齢:36歳

犯行日時:1978年12月8日/1980年4月19日/1981年1月

罪状:恐喝、殺人、窃盗、死体遺棄、有印私文書偽造・同行使、詐欺

事件名:高知・偽装トリプル殺人事件

事件概要:高知県安芸郡の農業福岡道雄被告は1978年12月8日午前1時頃、高知市内に住む妻(起訴後離婚)の姉でバー経営の女性(当時42)を口論から絞殺、遺体を安芸郡の山中に埋めた。自宅から預金通帳などを盗み、現金57万円を引き出した。
 その後、姉の家出を匂わせる手紙を偽造したが、代筆を頼んだ知人のホステス(当時32)を口封じのため、1980年4月19日午後5時頃、安芸市内の山林で絞殺、遺体を安芸郡の山林に埋めた。
 1981年1月30日午後9時頃、妻の父で、時計商の男性(当時72)から借金返済を求められるなどして激高、包丁で刺殺し、現金約23万円や腕時計などを盗んだ。
 四国電力が自分の所有地に無断で電柱を設置したとして1980年3月、同社高知電力所に「電柱を切るぞ」など数回にわたって電話をかけ、解決金名目で現金30万円を脅し取った。

拘置先:大阪拘置所

死刑執行:2006年12月25日 64歳没