徳之島兄家族殺傷事件 名古圭志

事件当時年齢:32歳

犯行日時:2002年8月16日

罪状:殺人他

事件名:徳之島兄家族殺傷事件

事件概要:鹿児島県徳之島の伊仙町に住む無職名古圭志被告は、2002年2月に伊仙町に帰郷した後、団体職員の兄(当時42)の言動から自分を無視していると邪推。夏祭りの舞台背景を作る仕事で知人男性とトラブルになった際、兄が男性をかばったと思いこんで怒りを爆発させ、家族を皆殺しにしようと決意。2002年8月16日午前11時ごろ、兄の家に行き、庭にいた二男(当時13)の胸を刺身包丁で刺して重傷を負わせた。さらに屋内にいた兄の妻(当時40)と長女(当時17)の胸などを刺して殺害した。犯行約40分後、包丁を持って徳之島署に出頭した。

拘置先:福岡拘置所

死刑執行:2008年2月1日 37歳没