中3少年を殺人未遂で逮捕=兄を背中から刺す−埼玉県警

兄を包丁で刺して殺害しようとしたとして、埼玉県警川口署は10日、殺人未遂の疑いで、川口市内の中学3年の少年(15)を逮捕した。「パソコンの電源を切らなかったことを注意されて頭にきて刺した」と容疑を認めている。
 調べによると、少年は同日午後2時20分ごろ、自宅で高校3年の兄(18)の背中を刃渡り約20センチの包丁で1回刺した疑い。兄は負傷し、自分で119番したという。
 少年は事件後に逃走。約1キロ離れた同市内で発見された。