長谷川が10度目防衛=4回TKOで−WBCバンタム級

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ12回戦は18日、神戸ワールド記念ホールで行われ、チャンピオンの長谷川穂積(真正)が挑戦者で同級9位のアルバロ・ペレス(ニカラグア)に4回TKO勝ちし、日本ジム所属選手では元世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級チャンピオンの具志堅用高(協栄)に次ぐ2人目の2けた連続防衛に成功した。
 戦績は長谷川が28勝(12KO)2敗。ペレスは18勝(12KO)2敗1分け3無効試合。日本ジム所属の現役世界王者(暫定含む)は5人のまま。