「長谷川はあご骨折」=山下会長明かす−WBCバンタム級

20100430-00000044-jijp-spo-view-0004月30日に行われた世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチでTKO負けし、11度目の防衛に失敗した長谷川穂積(真正)について同ジムの山下正人会長は1日、「(右)あごを骨折していたことが分かった」と述べ、しばらくは治療に専念させる意向を示した。長谷川は試合後、東京都内の病院で検査を受けた。
 長谷川はこの日都内で「体は大丈夫。(家族旅行など)これまでやらなかったことをやってゆっくりする」と話した。親しい関係者には「メキシコで再戦して勝ったら格好いいなあ」と漏らしており、フェルナンド・モンティエル(メキシコ)との再戦を目指す可能性もある。