裁判員裁判で初の死刑確定 横浜の強盗殺人事件、控訴取り下げ

男性2人を殺害し遺体を切断、遺棄したとして、強盗殺人など9つの罪に問われ、横浜地裁の裁判員裁判で死刑判決を受け、控訴していた無職、池田容之被告(33)が控訴を取り下げたことが17日、分かった。裁判員裁判で初めて死刑判決が確定した。

 取り下げは16日付。弁護側は1審で起訴内容を争わず、死刑回避を訴えていたが、昨年11月、横浜地裁は「執拗(しつよう)で残虐、非人間的行為で酌量の余地はない」として、求刑通り死刑を言い渡していた。

 一方、朝山芳史裁判長は判決言い渡し後に「重大な結論で、控訴を勧めたい」と異例の説諭をし、その後、弁護側が控訴していた。