「角田美代子」自分で首締めて死ねるのか?「意識失っても緩まなければ可能」(監察医)

尼崎の連続死体遺棄事件の主犯・角田美代子容疑者(64)がきのう12日(2012年12月)に留置場で自殺した経緯が明らかになった。兵庫県警本部留置場の3人部屋で、わずか15分ほどの間に寝たまま首を締めていた。はたしてそんなことが可能か。

首に巻いたTシャツすぐにほどけた謎

兵庫県警によると、角田は10月末から「死にたい。どうやったら死ねますか」と再三言うようになったため、特別要注意者として、通常は1時間に4回の巡回を6回にして警戒していた。角田は3人部屋の端に寝ていた。12日は午前5時25分には上半身を出していびきをかいていて、5時38分には布団を首までかけ寝息を立てていた。顔の脇にTシャツがあった。5時55分にも同じ状態だったが、6時10分に異常があった。巡回の巡査長が寝息がないことに気付き、もう1人に報告して2人で「息がない」ことを確認して、当直の担当者に連絡してカギを開けて中に入ったのが6時21分だった。救急車を呼び病院に搬送し、7時15分死亡が確認された。

角田はTシャツを首に巻いていたが、踏み込んだとき簡単にほどけたという。司会の加藤浩次は「Tシャツで自分の首を絞められるかな」といぶかった。元監察医の上野正彦氏は「1度締めて意識を失ったときにシャツが緩まなければ可能」という。西村綾子レポーターも「監察医の話では、気絶したあと緩まなければ、過去にそうして死んだ例はあるそうです」と伝える。

昨年11月、尼崎市内の倉庫でドラム缶詰めの死体が見つかったのが始まりで、これまでに死体が6つ、なお行方不明が3人という異様な事件だ。角田はすべての中心にいたといわれ、当初は死体遺棄容疑だったが、その後は殺人などで8人が逮捕・再逮捕されている。

公訴棄却で事件未解明のまま

加藤「この自殺で事件にどんな影響があるのでしょう」

弁護士の本村健太郎「すでに起訴されている事件は公訴棄却になり、起訴前の事件は不起訴になる。未解明の部分がまだあるが、それがわからないままになる可能性が出てきました」

角田に一家離散に追い込まれた男性は「逃げられた。死んでからも困らされる」といっているそうだ。キャスターのテリー伊藤は「身勝手な女ですよね。小さな世界を作って好き勝手をやって、苦しめて殺して、逮捕されたら死にたい、生きる意味がないという。あんたの生きる意味は罪の償いとどんなにつらかったかを思い知ることですよ。影響は大きい」と語る。
尼崎事件 角田美代子