半沢直樹 「倍返し饅頭」が即完売! 関連商品も大人気

20130820-00000009-mantan-000-2-view俳優の堺雅人さんが型破りの銀行マン役で主演を務め、右肩上がりの高視聴率を連発しているドラマ「半沢直樹」(TBS系)をイメージした「倍返し饅頭」(9個入り、840円)が、同局のショップで店頭販売され即日完売となっていたことが分かった。現在も品切れ中で、同局によると「今週末に各店舗に並ぶよう、鋭意追加製造中」だという。

「『半沢直樹』倍返し饅頭」は、決めぜりふ「倍返し」の文字が大きく焼き印されたインパクト抜群のこしあん入り黒糖饅頭。「熱い思いを倍返し、お世話になったあの人にお礼を倍返しだ!」と紹介され、劇中に登場する半沢の勤務先「東京中央銀行」のマークがデザインされたパッケージに入っており、半沢の名刺をかたどったステッカーが封入されている。9日正午から同局のネットストアで販売を開始し、今月中旬に東京都内3カ所のTBSストアでも店頭販売された。

ドラマは、小説「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。銀行に入ったら一生安泰といわれていたバブル期に東京中央銀行に入行した銀行マン・半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いている。視聴率は、7月7日に2時間スペシャルで放送された初回から平均視聴率19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録する人気で、11日に放送された大阪編の完結版となる第5話は、平均視聴率29.0%(同)、瞬間最高視聴率は31.9%(同)。平均視聴率30%超えが期待されている。

ドラマは毎週日曜午後9時にTBS系で放送。第6話は25日に25分拡大で放送される。