清原容疑者、受け取り状況供述 警視庁、覚せい剤入手経路を捜査

覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)が、覚せい剤を受け取った状況の供述を始めたことが12日、警視庁への取材で分かった。ただ依然として入手先は明かしておらず、警視庁は引き続き携帯電話の通信記録を解析し入手経路を調べる。

 警視庁によると、清原容疑者は調べに対し、下を向いていることが多いが、覚せい剤を受け取った状況について供述を始めた。ただ、入手先を尋ねると黙り込むという。

 警視庁は、清原容疑者が逮捕前日の1日に群馬県方面に行っていたことを確認している。