清原被告、保釈の際に捜査員に一礼してから車に

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された、元プロ野球選手の清原和博被告が17日、保釈されました。清原被告は保釈される際、捜査員に一礼してから車に乗り込んだということです。

 元プロ野球選手の清原和博被告(48)は、覚せい剤取締法違反の罪で起訴され、17日に警視庁本部から保釈されました。清原被告は保釈される際、弁護士が持ってきた黒っぽいスーツに着替えた後、地下駐車場に誘導され、捜査員に一礼をして車に乗り込んだということです。

 「(Q.清原被告は今?)もう病院に」(清原被告の知人)
 「(Q.どういう様子?)・・・。すみません」(清原被告の知人)

 清原被告は「持病の糖尿病などの検査・治療のためにしばらく入院させていただく予定」とコメントしていて、関係者によりますと、その後、薬物依存の治療を受けるために別の病院に入院する予定だということです。清原被告の初公判は、東京地裁で5月17日に開かれる予定です。