コカ・コーラ 東西統合を正式発表 世界3位ボトラーに

国内瓶詰大手のコカ・コーラウエスト(CCW、福岡市)と最大手のコカ・コーライーストジャパン(CCEJ、東京)は30日、来年4月に経営統合すると正式に発表した。両社の事業を傘下に置く持ち株会社の名称は「コカ・コーラボトラーズジャパン」とし、本店は福岡市、本社機能は東京都に置く。CCWの吉松民雄社長が持ち株会社の社長に就任する予定。統合によるシナジー効果は3年間で200億円を見込んでいる。

 経営統合後の売上高は1兆円規模となり、世界3位の巨大コカ・コーラボトラーが誕生する。また、国内のコカ・コーラブランド製品の販売数量の約86%を占め、販売数量でサントリー食品インターナショナル(東京)を上回り、国内首位になる見通し。

 経営統合は株式交換方式で、CCEJ1株に対して、存続会社のCCW株式0・75株を割り当てる。CCEJは来年3月29日に上場廃止となる見通し。

 統合の背景にはドラッグストアなどによる価格競争が激化している清涼飲料業界の現状がある。統合を通じてCCWとCCEJの重複業務を効率化し、商品の製造・供給体制を見直してコスト削減を進める狙いがある。今後、中長期的に海外ボトラーとの統合も視野に入れる。

 東京であった記者会見で吉松社長は「清涼飲料水市場の成長をけん引する高付加価値商品で競争力をつけたい」と話した。