資生堂、ユニ・チャーム、ライオンが売り場づくりで相互協力 「対花王」で包囲網

資生堂とライオン、ユニ・チャームの3社は3日、ドラッグストアなどの売り場づくりで相互協力する、と発表した。販売状況に関するデータ分析や、商品清掃などのメンテナンスでも連携する。商品の陳列方法を工夫して売り場を活性化し、新たな需要を喚起するとともに、作業を効率化するのが狙い。

 「今後は3社それぞれが保有する知見の共有を進めていく」(資生堂)としている。

 売り場づくりの支援を手がける資生堂の完全子会社、ジャパンリテールイノベーション(東京都中央区)に、ユニ・チャームとライオンがそれぞれ20%を出資する。

 3社はともに日用品を扱っているが、資生堂は主に化粧品、ユニ・チャームはおむつや生理用品、ライオンは洗剤や歯磨き粉が主力で、競合分野は比較的少ない。商品の垣根を越えて連携することで、さまざまな販売データを収集し、消費行動の分析力向上につなげる考え。連携には、各社と競合する花王に対抗する狙いもあるとみられる。