スシロー、「都心型店舗」から始まる3つの革命

再上場へ弾みをつけることができるのか──。

 回転ずし最大手「あきんどスシロー」は9月15日、山手線内で初めての都心型店舗、南池袋店を開店した。スシローを運営するスシローグローバルホールディングスの水留浩一社長はこの店舗を「戦略的実験店舗」と位置づける。

同社は国内409店舗のうち約9割を郊外で展開しており、出店余地のある都市部をどのように開拓していくかが課題となっていた。今後3年間で100出店を目指す中、南池袋店の成否が経営戦略を左右する、と言っても過言ではない。

■都心型店の3つの武器

 開店初日に南池袋店を訪れると、「たいへんお待たせしております」と、スタッフの接客アナウンスが終始鳴り響いていた。昼食時だけでなく、通常は閑散とする15時を過ぎても、10分待ちの混雑状態だった。その後も客足は途絶えず、「開店から1週間の状況は想定よりも若干いい。すしだけでなく、夜はアルコール飲料の販売も好調」(水留社長)と、出足は順調だ。

 従来の郊外型店舗では家族連れが主要顧客だったが、南池袋店では会社員や学生、外国人観光客など幅広い客層に照準を定めている。

 ただ、郊外店に比べて、賃料が高いうえに客席数が113席と4割ほど少ない。そのため、すしやサイドメニューの価格を郊外店よりも一律20円高い、120円(税抜き)からに設定。さらに回転率を高めて客数を増やすため、この南池袋店で既存店舗とは違う仕掛けを三つ試みた。

 一つ目はメニュー構成だ。南池袋店限定で、学生が好みそうな「ローストビーフマウンテン」や、会社員の需要を狙った1皿3貫で120円の「にぎり3貫」といった商品を投入。

 他店では期間限定商品の「厚切り本鮪赤身」なども通常メニューとして展開する。南池袋店立ち上げの責任者である田中俊作・業務推進部長は「この価格でも満足してもらえるように工夫している」と説明する。

10年で3回も筆頭株主が変わった

 二つ目は新レーンの投入だ。注文した商品が1〜3分で素早く届く、高速レーン「オートウェイター」を初めて導入。これは回転ずしコンベヤーの大手、北日本カコーと半年がかりで共同開発したものである。高速レーンは手元付近に配置し、通常のレーンは客の目線に近い、高めの位置に設定。商品の見やすさを追求した。

 三つ目は客が自分で精算できる「セルフレジ」の導入である。POSレジスタを手掛ける寺岡精工がカスタマイズした。会計処理のスピードを向上させる狙いだ。加えて、自動会計も導入。皿にICチップがついており、スタッフは専用端末を食器に近づければ、枚数を自動的に数えることができる。

 自動会計の導入は波及効果ももたらす。従来の店舗ではスタッフが目視で皿などを数えるため、会計処理時のミス防止を目的に値段ごとに食器を違う形にしていた。が、南池袋店では専用端末で読み取るため、皿やグラスなどの形を統一できる。店舗経費の圧縮につながるという。

■再上場か、売却か

 スシローの業績は拡大路線を突き進んでいるが、懸念材料も少なくない。決算公告によると、2015年9月期は売上高が1350億円(前期比7.2%増)と過去最高を記録。だが、営業利益は43億円(同1.3%減)と横ばいにとどまった。

 2015年1月に回転レーンのない「ツマミグイ」、同年11月に職人が握る「七海の幸」という新業態を東京都内で開始したものの、どちらもこのほど閉店した。

 数年前から強化している海外展開でも、業界2位で「くら寿司」を展開するくらコーポレーションに比べ、後れを取っている。

 経営体制も盤石とはいえない。スシローは2007年に、創業家から株式を取得し業界再編を狙って筆頭株主となった、ゼンショーと対立。2008年に日系投資ファンドのユニゾン・キャピタルと資本業務提携を行い、翌年にはユニゾンが主導する形で上場廃止となった。

 その後、ユニゾンは出口戦略として再上場を検討したが、2012年に英投資ファンドのペルミラに売却。結果的にこの10年間で3回も筆頭株主が入れ替わった計算になる。

再上場観測が浮上

 すでにペルミラがスシローに出資してから4年余りが経過しており、出口戦略として売却か再上場を目指しているとみられる。水留社長も「(ペルミラが)継続的に出口戦略の準備をしているのは確か」と、明言は避けるものの、何らかの動きを示唆する。

 ある業界関係者は「主幹事は野村証券で、2017年3〜4月にも上場するのではないか」と推測する。再上場時の時価総額は1000億円を上回る、との見方もある。

 筆頭株主のファンドとしては、少しでも業績を伸ばして企業価値を上げたいのは、自明のこと。「(2016年9月期は)売上高や営業利益、利益率ともに、前期比で伸びている」(水留社長)。

 南池袋店をテコに都心部を切り開いていけるのか。問われているのは成長戦略だ。

■スシロー社長が語る成長戦略

あきんどスシローを運営するスシローグローバルHD。再上場への動きも注目される中、トップは何を考えているのか。水留社長が東洋経済の取材に答えた。

 ――株式市場に再上場すると見る関係者が多い。事実はどうか。

 こればかりはわれわれ経営陣がコントロールできることではない。ファンドは投資した部分をどこかで売却して利益を得るというのが当然なので、どこかでそのタイミングがくる。

 どのタイミングで、どういった手段で売却するのかは、ファンドが自分たちの投資利益が最大になるように考えること。継続的に出口戦略の準備をしている、というのは確かだが、何か決まったことがあるわけではない。

 ――この10年間で3回も筆頭株主が入れ替わった。経営の安定化を図れるのか。

 現筆頭株主のペルミラの前はユニゾン・キャピタルで、その前には上場している時期もあった。だが、株主が変わっても事業内容は変わっていない。経営理念は筆頭株主が誰になっても貫くこと。お客様にはまったく影響のないように、これからもやっていきたい。

トップが語る成長戦略は?

 ――筆頭株主が変わると、経営陣も新しくなるのか。

 私自身については、新しい株主に「不要だ」と言われればそれまでなのだが、そうでない限りは社長を続ける。

 豊崎賢一前社長はいま、非常勤の取締役でスシローグローバルHDに残っている。毎月の取締役会に参加し、気づいたことはフィードバックしてもらっている。

 他にも、入社して20年〜30年の役員が複数いる。現在、スシローグローバルHDはガバナンス機能を担っているのでペルミラから役員が多数入っている。

 一方であきんどスシローという事業会社はファンド関係の役員がゼロになっている。長年スシローで働いてきた役員と、私のように外から入ってきた役員が加わって、事業を運営している。

■出店余地は人が集まる都心にある

 ――今後の業績の見通しや成長戦略はどうなっているのか。

 今2016年9月期は順調に推移している。今期は売上、利益ともに想定以上になると見ている。

 スシローはいま国内409店舗を展開しているが、その多くが郊外店。スシローは3年間で100店舗ぐらいを出店したいと計画しているが、そのうちの8割ぐらいは郊外での出店と見ている。

 ただ、これからの出店余地を考えたときに、郊外に加えて、人が集まる都心部にあると考えている。今回の南池袋は「戦略的実験店」という位置づけだ。首都圏の店舗はゼロではないが、都心展開は腰を据えて取り組んでいく方針だ。その先については、南池袋店をブラッシュアップした形だけでなく、もう一回り小さくした店舗の出店も考えたい。

 また、海外事業の強化も検討している。現在、韓国に6店舗あり、加えて、現時点でいくつか契約している店舗もある。韓国以外の国も検討している。米国・西海岸もひとつの候補だし、アジア進出には強い気持ちで取り組みたい。