日立が「日立工機」売却を検討 選択と集中を加速、日立国際電気の半導体製造装置事業も

日立製作所が、工具と半導体製造装置の事業売却を検討していることが5日、分かった。社会インフラ関連などに経営資源を集中する一方、事業の選択と集中を進め、収益力を高める狙いがあるとみられる。今後は売却先選定を進め、来年中の実施を目指す。

 売却を検討しているのは、工具事業を手がける日立工機と、日立国際電気の半導体製造装置事業。いずれも東証1部上場企業で、日立製作所が筆頭株主となっている。保有株の売却などを検討する。

 平成28年3月期の連結業績は、日立工機が売上高1415億円、最終利益10億円。日立国際電気は売上高1807億円、最終利益129億円。

 日立製作所は、リース事業を手がける日立キャピタル株の一部を三菱UFJフィナンシャル・グループと三菱UFJリースに売却するなど、事業の見直しを進めている。