9月の自動車販売、「N−BOX」が奪首 「プリウス」10カ月連続1位ならず

国内自動車販売台数で8月まで9カ月連続でトップだったトヨタ自動車の「プリウス」が9月の実績で2位に転落した。代わって首位に躍り出たのはホンダの軽自動車「N−BOX」。363台差で、首位が交代した。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日、発表した。N−BOXの9月の販売台数は2万406台。対するプリウスは2万43台。この2車種が2万台を超えるデッドヒートを演じた。登録車では盤石のトップの座を保ったプリウスだったが、軽自動車で拡販を進めるホンダが牙城を崩した。

 トップ10の顔ぶれは、登録車と軽自動車が5車種ずつとなった。7位のホンダ「フィット」までが販売台数1万台を超えた。

■9月の新車販売ランキング(◎は軽)

(1)N−BOX◎[ホンダ]  (2)プリウス [トヨタ]

(3)アクア[トヨタ]     (4)シエンタ[トヨタ]

(5)タント◎[ダイハツ]   (6)デイズ◎[日産]

(7)フィット[ホンダ]    (8)ヴォクシー[トヨタ]

(9)アルト◎[スズキ]    (10)スペーシア◎[スズキ]