富士通、ニフティ「個人向け」事業を売却方針

富士通が子会社のインターネット接続サービス大手ニフティの個人向け事業を売却する方針であることが13日、分かった。

 多様なデータをインターネットを通じて外部のサーバーに保存する「クラウド」サービスなど、成長が見込まれる法人向け事業に経営資源を集中させる。すでに売却に向けた入札が実施されたという。

 富士通は夏までにニフティを完全子会社にしたが、個人向け事業はスマートフォンの普及などで苦戦していた。

 富士通は経営体質の強化のため、あらゆるモノがインターネットでつながる「IoT」などに注力している。「FMV」で知られる不振のパソコン事業についても、パソコン世界最大手のレノボ・グループと統合する方向で最終調整している。