広島黒田が引退会見「新井だけには話していた」

広島黒田博樹投手(41)が18日、広島市内で会見を開き、今季限りで現役を引退することを表明した。

kuroda201610180001
黒田はまず「本日はお忙しい中、そしてこのような時間帯に、こういう場を設けていただきありがとうございます。昨日、球団の方に引退の意向を伝え、そして了承していただき、本日の練習前にまずは監督、コーチ、選手、裏方さんの前で引退することを伝えました。そして、その後にこう言う場を設けていただき、今までたくさんのファンの人に応援していただいたので、そういう人たちに、最後の登板の前になんとか報告できればいいかなと思い、こういう場を設けてもらいました」と話した。

 一問一答は以下の通り。

 ―引退を決意した理由

 黒田 理由はたくさんあるんですが、まだ、みなさんご存じのように日本シリーズの登板も残っていますし、なかなか、すべてをお伝えするというのはなかなか難しいですが、まず1つは今年リーグ優勝して日本シリーズに進出できたということが、1つの大きな要因だったのかなと思います。

 ―いつ頃から考え始めた

 黒田 それは2、3年前からずっと、毎年毎年そういう気持ちでシーズンを迎えていたので。ただ、本当に自分の中で考え始めたのは9月過ぎですね。優勝が決まってから本格的に自分で考え出しました。

 ―誰かに相談は

 黒田 相談というか、引退に関しては自分自身で決めましたし、後は横におられる鈴木さん(球団本部長)にも何度かお話させてもらって。選手の中では新井だけには話していたんで、それ以外には話していなかった。

 ―新井にはいつごろ話した

 黒田 はっきりとは覚えていないですが、優勝が決まった後だったと思います。

 ―新井からは何か言われたか

 黒田 もう1年やらないんですかと言われましたけど、自分の意志が結構固かったので。本人もある程度、納得してくれたと思います。

 ―このタイミングでの発表

 黒田 いろいろ難しいところがあったんですけど、僕自身は日本シリーズがすべて終わってからみんなに伝えようと思っていたんですが、次が最後の登板になるかもしれないので。まずはチームメートに伝えなくてはいけないという気持ちと、今までたくさんの人に応援していただいたので、自分の口から伝えないといけないんじゃないかなということで、このタイミングになりました。

 ―決断に悔いは

 黒田 本当に、今年みんなの力で優勝を経験させてもらって、最高の経験をさせてもらったので、まったく悔いはないですね。

 ―日本シリーズへ

 黒田 あと何試合登板できるかわからないですけど、今までも常に最後のつもりでマウンドに上がってきたので、それは変わらないと思いますけど、めいっぱい、最後はケガを恐れずに投げていきたいと思います。

 ―ファンへ

 黒田 今まで、本当にたくさんの声援をいただいたので、日本一という形で恩返しできるように選手一丸となって日本シリーズを戦っていけたらと思います。