ピコ太郎、拡散の波に乗ってYouTube世界一!気になる広告収入を試算してみた

自称千葉県出身のシンガーソングライターピコ太郎の動画『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』が話題となっている。ヒョウ柄の服を着たサングラスの男性が踊りながら歌う不思議な歌が、世界中で大ヒットしているのだ。

YouTubeにおけるオリジナル動画の再生数は、執筆時点で既に5500万回以上であり、関連動画まで含めるとなんと累計1億3400万回を超える。動画が登録されたのが8月末であることを考えると、わずか3カ月弱でこの驚くべき再生回数を達成したことになる。

 同曲はYouTubeの週間再生回数ランキング「ミュージック全世界トップ100」(集計期間9/30〜10/6付)で世界一となり、現在2週連続トップ1に。同ランキングで日本人が1位を取るのはなんと初の快挙となる。同ランキングは全世界のアーティスト動画が対象であり、2位の全米シングルチャート5週連続1位のザ・チェインスモーカーズの新曲『クローサー』(約7050万回)に2倍近い大差をつけてのトップとなっている。

 さらに10月7日には、同曲は世界134カ国・地域に配信され、19日付け全米チャートで77位にランクイン。日本人のトップ100入りは松田聖子以来、26年ぶり7人目という歴史的快挙だ。

 なぜこのようなことが起きるのか。これには、今の時代ならではのSNSを使った爆発力が大きく影響している。

SNSを使った拡散の爆発力

 実はピコ太郎は、お笑いタレントの古坂大魔王さんが扮したキャラクターだ。ピコ太郎のTwitterアカウントを見ると、フォロワーは3万人程度と特別多くはなく、ピコ太郎自体が著名で拡散力を持つというわけではない。

 元々は、古坂さんが親しくしているAAAやLiSA、Silent Sirenなどのミュージシャンたちに公開したYouTubeを知らせたところ拡散され、TwitterやMixChannelで広がっていったのがきっかけだ。執筆現在MixChannelでは、双子モデルの「りかりこ」などによる3600件以上のPPAP動画が「やってみた」カテゴリに投稿されている。双子ダンスで人気の「まこみな」とピコ太郎が踊る「ピコ太郎withまこみな」バージョンの動画も投稿され、一般ユーザーを巻き込む人気となっている。

 同時に英語圏では、ソーシャルメディア「9GAG」で同動画が拡散。『TIME』や『The Straits Times』、『Mashable』などの海外メディアでも多数取り上げられるようになった。やがて、約8800万人以上のフォロワーがいるトップミュージシャンのジャスティン・ビーバーがTwitterで「My favorite video on the internet(僕のお気に入り動画)」と紹介したことがきっかけで、BBCやCNNなどの海外テレビメディアにも取り上げられるようになり、爆発的に広がっていったというわけだ。

 大前提として、日本語ではなく英語の歌詞によるリズムネタのため、グローバルに受け入れられたという面はあるだろう。それだけではなく、YouTube、Twitter、MixChannel、9GAGなどのSNSによる拡散力が大きな役割を果たしている。著名人や人気のインフルエンサーが同動画を投稿することで一般ユーザー間のブームにつながり、その現象をメディアが取り上げることで相乗効果が働き、これほどまでの大ブレイクにつながったのだろう。

世界一のYouTube再生回数、広告料はHow Much!?

 YouTubeでは、再生回数に応じて、投稿者に1再生当たり0.01円から0.5円程度の広告料が支払われる。同動画は注目度が高く再生回数が高いので広告料も高く設定される可能性が高く、一番高い単価の0.5円×5500万回で計算すると、2750万円くらいの広告料が得られていると考えられる。その他、レコチョクやiTunesで楽曲が売れた分やテレビ出演料なども考えると、かなりの収入につながっていることは間違いない。

 PPAP動画は、発信者が著名ではなくても、インターネット時代にはアイデア次第で世界中で大ブレイクする可能性があることを体現してくれた。良いアイディアがある人は、SNSを使って自分でも発信してみてもいいかもしれない。