シャープ、リストラ効果で中間、通期とも営業黒字に転換 最終損益は大赤字が続く

経営再建中のシャープが1日発表した9月中間連結決算は、最終損益が454億円の赤字となった。それでも本業の儲けを示す営業利益は前年の赤字から7900万円の黒字へと転換した。2年ぶりの中間営業黒字となった。

 この決算を受けて、シャープは通期(2017年3月期)予想を初めて発表。営業利益は前期の赤字1619億円から、257億円の黒字転換を見込む。実現すれば3年ぶりの通期営業黒字となる。

 前期は2559億円の赤字だった最終赤字は418億円へと縮小する。通期売上高は2兆円の見込み。

 北米でのテレビ事業など不採算事業からの撤退に加えて、昨年の3千人規模のリストラなどが寄与した。今後は親会社である台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業との事業協力も業績改善につながると期待している。

 この日、都内で会見した戴正呉社長は、経営の抜本的な建て直しに向けて中期経営計画を策定すると説明。「統合効果をしっかり盛り込み、来年の4月には出したい」と話した。