米共和党、上下院とも過半数…ねじれ解消へ

米連邦議会の上下両院選が8日、米大統領選に合わせて行われ、米CNNテレビによると、共和党が下院、上院ともに過半数を獲得することが確実となった。

 民主党のオバマ大統領に対し、共和党が上下院の多数派を占めていた「ねじれ状態」が、新政権では解消されることとなった。

 上院選では、定数100のうち34議席(共和党24、民主党10)が争われた。改選前議席は共和54、民主46(無所属2含む)だったが、非改選の議席を含めて共和が51議席となり、民主が47議席となっている。

 下院選は全435議席が争われ、CNNによると、共和が234人を獲得、民主183人となっている。