涙ぐむホワイトハウス職員 敗北宣言受け、オバマ氏会見

クリントン氏の敗北宣言を受けてオバマ大統領は9日、ホワイトハウスで記者会見に臨んだ。150人以上のホワイトハウス職員が、オバマ氏の声を聞こうと集結する異例の場となり、会見中に涙ぐむ職員の姿もあった。

 オバマ氏を待つホワイトハウス中庭のローズガーデンは、静まりかえっていた。集まった職員らは一様に神妙な面持ちで、互いに抱擁したり、うつむいたりしていた。

 オバマ氏はバイデン副大統領を伴って現れ、クリントン氏のこれまでの功績をたたえて「誇りに思う」と話した上で、「歴史的な立候補は、全米の我々の娘たちに政治で上り詰めることができるというメッセージを送った」と述べた。