宇土・熊本3人強盗殺傷事件 田尻賢一

shikei201611110001mig熊本県宇土市医師妻強盗殺人事件

 2004年3月13日、熊本県宇土市走潟町で午後3時40分頃、ゴルフ練習場から帰宅した医師が、自宅玄関で当時49歳の妻が血を流して倒れているのを見つける。妻は頭に殴られた跡が複数あり、顔を刃物で刺され、失血死していた。室内には血の付いた包丁が落ちており、物色した跡があった。

熊本市会社役員夫婦強盗殺傷事件

2011年2月23日午後6時40分頃、熊本市渡鹿2丁目の民家から「男が大声を上げて、玄関をたたいている」「隣の人が血を流して倒れている」と2回にわたり110番通報があった。熊本東署員が駆け付け、民家の玄関近くで男性が、隣家の中で女性がそれぞれ刺されて倒れているのを発見し、救急車で病院へ搬送。病院で65歳女性の死亡を確認、72歳男性は重傷。

2011年2月25日午後4時頃、熊本市長嶺東5丁目の無職の39歳男が家族に付き添われて熊本東署に出頭。26日未明、熊本市渡鹿の72歳会社役員方で、妻の65歳女性が刺殺され、72歳男性も重傷を負った事件で、熊本東署捜査本部は、殺人、殺人未遂容疑で無職の39歳男を逮捕。容疑を強盗殺人、強盗殺人未遂に切り替え、39歳容疑者を送検。3月19日、熊本地検は、強盗殺人、強盗殺人未遂罪で、無職の39歳容疑者を起訴した。

 その後、39歳男は、県警の調べで宇土市の事件を実行したことを認める供述をはじめる。県警は、男が宇土市での事件当時着ていたとされる衣服を男の供述通りに熊本市富合町の山中で発見した。

 3月26日、熊本県警は、熊本県宇土市で2004年、医院長の49歳妻が殺害された事件で、無職の39歳男を強盗殺人、住居侵入容疑で再逮捕。4月16日、熊本地検は、強盗殺人、住居侵入罪で無職の39歳容疑者を追起訴した。