川崎アパート3人殺害事件 事件概要

川崎市幸区中幸町1-54のアパート「幸栄荘(写真)」で大家の男性と弟夫婦の3人を刺殺した殺人事件。幸署によると、殺人容疑で現行犯逮捕された無職・津田寿美年(57・写真)は、平成21年5月30日午前6時50分頃、アパート「幸栄荘」隣に住む大家の柴田昭仁さん(73)と同アパートに住む弟の嘉晃さん(71)、嘉晃さんの妻・敏子さん(68)の3人を柳刃包丁で刺した疑い。
tsudashikei20150002
同容疑者は逮捕時、泥酔状態で自室の畳に凶器とみられる刃渡り約20センチの包丁を突き刺して座っていた。

嘉晃さんと敏子さんはそれぞれ窓際で横向きになって倒れ、昭仁さんはアパート前であおむけで倒れていた。

昭仁さんの次女(39)が3人が刺されているの発見し、110番。3人は搬送先の病院で死亡が確認された。

津田寿美年は、昭仁さんの自宅に隣接するアパート1階の家賃3万円の角部屋に5年前から入居。

同じ1階の2部屋に嘉晃さん夫妻が住んでいた。同署によると、津田容疑者は「柴田さん一家に長年の恨みがあったので刺した」と容疑を認めている。

同署や近隣住民によると、津田容疑者は隣室に住む嘉晃さん夫妻について数か月前から「未明から洗濯機を回してうるさい。不眠症になっている。洗濯機に穴を開けてやる」や 「ドアを閉める音がうるさい」などと不満を漏らしていた。

階段の上り下りなどの生活音をめぐって、夫妻と口論になることも多かった。

さらに「アパートの家賃を滞納して(昭仁さんに)注意された」や「小言を言われてうるさい」とも話していた。

「嘉晃さんから『(自分が)大家の弟ってことを忘れているだろ』と言われて怒っていた」との証言もある。

「右腕に入れ墨があるから、近所でも怖がられていた」(商店街の住民)という津田容疑者は酒に酔ってトラブルを起こすこともあったようで、ある男性は「知り合いが頭突きされたことがある。近寄りがたい感じだった」と話す。
川崎アパート3人殺害事件 事件概要
川崎アパート3人殺害事件 津田寿美年
大家ら3人殺害、男に死刑=裁判員裁判―横浜地裁
川崎3人殺害で死刑求刑=検察側「残虐で結果重大」―横浜地裁
「長年恨みがあった」3人刺殺容疑者…大家と店子の間に何が