あの筍煮、鮪もおつまみに 崎陽軒新業態「シウマイBAR」東京駅出店、そこにある目的

蒸したての「シウマイ」全種類を、お酒と一緒に

 横浜名物の「シウマイ」、駅弁「シウマイ弁当」で知られる崎陽軒(横浜市西区)が、「シウマイBAR(バル)」という同社新業態の飲食店舗を、東京駅八重洲口地下の「東京駅一番街」へ出店。2016年11月22日(火)のオープンを前に内覧会が行われ、その詳細が明らかになりました。

「シウマイBAR」の特徴、そのひとつは「蒸したての『シウマイ』全種類を、お酒と一緒に楽しめること」です。崎陽軒は横浜市内で飲食店舗を運営していますが、定番である「昔ながらのシウマイ」から季節限定のものまで、全種類の食べ比べができるのはこの東京駅「シウマイBAR」だけといいます。「シウマイ全種盛り合わせ」は、「昔ながらのシウマイ」「特製シウマイ」「黒豚シウマイ」「えびシウマイ」「かにシウマイ」「季節のシウマイ」の6種類が入って800円です(価格はすべて税込)。

 崎陽軒の「シウマイ」は駅弁として始まったことから、冷めても美味しいよう調理されているのがポイントです。そのため、「シウマイ」は冷めた状態が“普通”でもありますが、ここではその蒸したてを食べることが可能。崎陽軒 東京事業部の加藤由紀子部長は「蒸したてもおいしいので、温かい『シウマイ』ならではの良さを知ってほしいです」と話します。ビールにもよく合うそうです。

「シウマイ弁当」で人気ナンバー2のおかずが「おつまみ」に

「定番駅弁の味を“おつまみ”で楽しめること」も特徴です。1954(昭和29)年に登場した駅弁「シウマイ弁当」(830円)のおかずを、“おつまみ”として用意。その駅弁に入っている「筍煮」「鮪の照り焼」がメニューにラインナップされます。「筍煮」は「それだけを買いたい」という声があるほど、「シウマイ弁当」で「シウマイ」に次ぐ人気のおかずといい、「鮪の照り焼」とともにお酒とよく合うことから、提供することにしたそうです。

 おつまみのほか食事も用意され、ここにも「駅弁の味」が。「横濱チャーハン膳」(880円)では、男性人気が高いという駅弁「炒飯弁当」(860円)の味を楽しめるといいます。

 東京都内へ崎陽軒が飲食店舗を出店するのは、この東京駅「シウマイBAR」が初。その理由として、同社の加藤由紀子部長は「東京駅では全国の方に召し上がっていただける」ことを挙げます。そして今後、「シウマイ」を「横浜の名物」から「関東の名物」にしていきたいと考えているそうです。

 崎陽軒「シウマイBAR」は、東京駅八重洲口地下の「東京駅一番街」で11月22日(火)にオープンする「にっぽん、グルメ街道」のいち店舗として登場。持ち帰り用の「シウマイ」や弁当なども販売され、営業時間は10時から23時です。また「にっぽん、グルメ街道」では同時に「函館立喰い寿司 函太郎」「富山 白えび亭東京駅店」も開店します。