中国北部でまた炭鉱爆発、32人死亡 週内に2件目

中国北部・内モンゴル自治区(Inner Mongolia Autonomous Region)赤峰(Chifeng)の炭鉱で3日、ガス爆発があり、国営新華社(Xinhua)通信によると32人が死亡した。

 爆発が起きた当時、炭鉱内では181人が作業していたが、149人は避難することができたという。

 中国では同じ週の11月29日にも北東部・黒竜江(Heilongjiang)省七台河(Qitaihe)にある民営の炭鉱で爆発事故があったばかり。この爆発で作業員22人が炭鉱内に閉じ込められ、2日夜までに21人の死亡が確認された。