「今年の一皿」はパクチー料理=脇役から主役―ぐるなび調査

食に関する調査などを行うぐるなび総研(東京)は5日、2016年に話題となった「今年の一皿」に、パクチーを使った料理を選んだ。

 パクチーは独特の強い香りのある野菜で、薬味として「脇役」のイメージがあるが、最近はサラダや鍋などに山盛りで入れる「主役」に扱う料理もあり、人気が広がっている。今年の一皿は14年から発表されている。

 パクチーはタイ料理などでよく使われ、国内でも生産する農家が増えてきた。スナック菓子やレトルト食品などにパクチーを使った商品も登場し、消費者の目に触れる機会が増えている。

 飲食店の情報サイト「ぐるなび」の利用者が検索した言葉などを基に、今年は15の食べ物、飲料が候補になった。パクチー以外では、国産ブドウを使った「日本ワイン」や、リオ五輪が開かれたブラジルの肉料理「シュラスコ」などの評価が高かった。

 14年の一皿は、野生のシカやイノシシなどの食肉を調理した「ジビエ料理」、15年はサンドイッチのようにご飯で具材を挟む「おにぎらず」だった。