KDDIがビッグローブ買収を発表

KDDIは12月8日、インターネット接続サービスを提供する「ビッグローブ」の子会社化を発表しました。2017年1月末を目途に完全子会社化する予定で、買収額は約800億円。

ビッグローブのネット接続サービス会員は2016年9月時点で200万人超。KDDIは、子会社化により、それぞれの顧客基盤・事業ノウハウなどを活用して、通信のほか決済、物販事業などの分野でのシナジーによる事業拡大を図るとしています。

 ビッグローブは、現在提供しているサービスやキャンペーンは従来と変わらず引き続き利用できるとしています。

 ビッグローブはNECの子会社でしたが、2014年に投資ファンド・日本産業パートナーズが買収していました。