都議選に候補者擁立=新党は明言せず―小池氏

東京都の小池百合子知事は10日、来夏の都議選に候補者を擁立する意向を明らかにした。

 都内で開かれた自らの政治塾「希望の塾」で講義した後、記者団に「(塾生で)選挙に出たいという方の希望を聞きながら、意欲のある方を後押ししたい。都議選については、あまり時間があるようでない。そういうことを逆算しながら考えたい」と語った。

 候補者擁立の手法については「いろんな方法が考えられる」と指摘。「カードはたくさん持っていたい。ベストな方法、結論を出していきたい」と述べるにとどめ、新党設立に関しては明言しなかった。