対馬2遺体 激しく損傷、燃料まいて放火か…捜査本部設置

長崎県対馬市豊玉町曽(とよたままちそ)の民家が全焼して2遺体が見つかった事件で、いずれの遺体も焼損が激しいため何らかの燃料を使って放火されたとみられることが捜査関係者への取材で分かった。煙を吸った形跡がないため、殺害後に放火された可能性が高いことも判明した。県警は10日、殺人・放火事件と断定して県警対馬南署に捜査本部を設置した。

 捜査関係者によると、遺体で見つかった住人の漁業、古川敬氏さん(65)と次女で診療所職員の聖子さん(32)は、性別が分からないほど焼損していた。司法解剖の結果、いずれの頭部にも骨折など死因となった複数の外傷があり、体内に煙を吸い込んだ形跡はなかった。このため何者かが強い殺意を持って2人の頭部を鈍器で殴った後、燃料をまいて放火したとみられる。

 古川さんが親戚から借りて普段使っていた軽トラックは現場から南に数キロ以上離れた同市美津島町内で見つかっており、県警は何者かが2人を殺害後に逃走に使って乗り捨てた可能性があるとみて、車内の遺留物や目撃者がいないかなどを調べている。軽トラックは普段から鍵を付けっぱなしだったという。

 県警によると、7日午前7時半ごろ、古川さん方から出火し、木造2階建て住宅約360平方メートルを全焼した。古川さんは住宅と塀の間の通路部分、聖子さんは住宅の1階から遺体で見つかった。殺害と放火は、ほぼ同時とみて捜査している。