伊銀最大手1.6兆円増資へ=1万4千人削減―健全化計画

イタリアの最大手銀行ウニクレディトは13日、130億ユーロ(約1兆6000億円)の増資と1万4000人の削減を柱とする経営健全化計画を発表した。

 不良債権処理と合わせ財務体質の健全化を図る。

 計画では、2017年1月12日に開く臨時株主総会で承認を得た後、3月末までに株主割り当てによる増資を実施する。19年までに全体の約1割に相当する人員を削減するほか、177億ユーロの不良債権を処理する。