すかいらーく、大部分の店舗で24時間営業とりやめ

ファミリーレストラン最大手のすかいらーくは、全国の店舗の大部分で24時間営業をやめることを決めました。

 すかいらーくは、運営する「ガスト」や「ジョナサン」など全国のおよそ3000店舗のうち428店舗で24時間営業を行っています。関係者によりますと、このうち、およそ7割にあたる300店舗程度で、24時間営業をやめて午前2時までの営業に短縮するということです。また、早朝まで営業している店舗のうち400店舗余りで午前2時までの営業にします。

 主な狙いは従業員の職場環境の改善ですが、人手不足でアルバイトの人件費が高騰していることや深夜の利用客が減っていることも理由です。

 外食業界では、ロイヤルホストが24時間営業を来年1月までにやめることを決めたほか、マクドナルドも24時間営業の店舗を縮小していて、業界全体での24時間営業の見直しがさらに広がりそうです。